紅葉前線南下中!? 2006.秋 涸沢にて《U》

山行日 2006.9.30-10.1
山域 北アルプス.長野県
コース 9/30:河童橋(50分)上高地街道:明神(60分)徳沢(50分)横尾(60分)本谷橋(120分)涸沢
10/1: 涸沢(70分)パノラマ新道:屏風のコル(60分)屏風の耳:ピストン屏風のコル:
                           (130分)徳沢(50分)明神(40分)河童橋
標高差 約1000m
歩行時間 9/30:約7.0h(休憩も含む)   10/1:約8.5h(休憩も含む)   
 
モルゲンロートに輝く穂高の峰々
モルゲンロートに輝く穂高の峰々

  
朝焼ける空は悪天の兆し? 朝焼けに染まる 賑わう涸沢ヒュッテ

夜半には夜空に輝いていた星々も、再び4時過ぎに起きると薄雲が掛かり見えなくなってしまった。
5時を過ぎると東の空が不気味に赤く染まり始め悪天の兆し?やがて穂高の峰々もモルゲンロートに
輝き始め、未だ寝ているメンバーを起こし暫し見取れる^^)予報を信じ朝食の準備と共に荷物の整理

パノラマ新道分岐 ガレた道を パノラマ新道

7時過ぎには下山に向けて涸沢ヒュッテに向う。此処でトイレを済ませパノラマ新道へと向いますが
又々メンバーの一人が現れない!?混雑する中、手分けして探すが姿は見えない。昨日と同じく先に

出発したのだろう?下山コースは打合せ済みなので此方も出発します。涸沢ヒュッテ下から分岐する


渋滞中^^) 慎重に歩きます 槍の穂先が

パノラマコースへと向います。今日下山する登山者の多くが此のコースを歩くようで結構混雑して
ユックリペースで登ります、幾度もガレ場を渡り徐々に高度を上げると、左手には槍ヶ岳の穂先が
顔を覗かせています。やがて屏風岩への稜線に立つと東の空が開け、良く見ると富士山や甲斐駒

左奥から:富士山、甲斐駒、北岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳、右端は木曽駒
左奥から:富士山、甲斐駒、北岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳、右端は木曽駒
屏風岩への稜線 色付く稜線 屏風のコル

北岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳等の南アルプスから中央アルプスの木曽駒も空に浮かんで
います^^)屏風のコルへは赤く色付く稜線を伝い分岐手前の小さな広場に荷物を置いて屏風の
耳に向います。取り付きから急傾斜ですね^^)一登りで小さな池のある湿地に辿り着き、此処から

見頃の屏風の耳 穂高の峰と涸沢 槍と本谷

見上げる斜面は鮮やかに色付いています。先ずは右手の岩屑のピーク通称"賽の河原"に登り
景色を堪能後、屏風の耳に登ります。ハイマツのトンネルを抜け急なザレ場を登り小さなコルに
下り、再び登り返すと三角点のある屏風の耳。更にホンの少し先のピークに登り360度の展望を

梓川を見下ろす ガレた登山道 振り返ると

楽しみます。此処からは槍から穂高への稜線と共に涸沢と本谷のカール地形が一望です。勿論
大天井岳から常念岳、蝶ヶ岳、富士山も望めます。メンバーの一人が気になり直ぐさま下ります。
分岐に戻り居残ってくれたfun氏に聞くと現れず、やはり先行している模様。徳沢には荷物をデポ

奥又白谷を下る 此処まで来ると 治山林道を歩く

してあるので其処で出逢えると確信、急いで下山に係ります。此処からは遥か下に梓川の流れと共に
赤い屋根の徳沢園が見えます、が、ザレた道は滑り易い上に結構急坂。何度もガレた沢を渡りやがて
奥又白谷に出合うとゴロタ石の沢を下ります。一時沢から離れ樹林の中を下り、暫くすると砂防ダムが

新村橋の袂で 新村橋 賑わう徳沢

現れ、此処から梓川右岸の治山林道に続きます。治山林道を暫く歩き少し広くなった所が新村橋
への取り付き。此処まで下りて来れば徳沢迄は後僅か、新村橋を渡り上高地街道と合流し、右へ
徳沢園が見える頃、予報通り雨がパラ付いて来ました^^)徳沢園に着くと思った通り先行していた

雨降る明神を 雨に煙る河童橋 ヘルシーランド奥飛騨

ken氏を発見!!何はともあれ無事でヨカッタ^^)徳沢は下山される方や此れから登る方々で大賑わい
少し本降りになった雨を避け軒下で昼食です。ユックり1時間近く休み、夫々雨具や傘を差しながら
明神を通り小梨平を抜け上高地へと戻り、タイミング良く来たバスに乗り込み平湯へ帰り着きました。
下山後のお楽しみは新平湯温泉:ヘルシーランド奥飛騨"たるまの湯"でした。

PartTへ戻る

クリックするとわいどびゅう
屏風の耳から:360度わいどびゅう

inserted by FC2 system