季節は夏から秋へ:鷲羽岳.水晶(黒)岳.黒部源流
Part《T》

山行日 2006.8.31-9.2
山域 北アルプス.岐阜県:長野県:富山県
コース 8/31:新穂高(70分)わさび平:小池新道:(120分)秩父沢(110分)鏡平(130分)双六小屋
9/1: 双六小屋(140分)三俣山荘(60分)鷲羽岳(120分)水晶(黒)岳
                               水晶(黒)岳(60分)黒部源流(80分)三俣山荘
9/2: 三俣山荘(60分)鷲羽岳(100分)三俣蓮華岳(60分)双六岳
                            双六岳(160分)鏡平(130分)わさび平(60分)新穂高
標高差 約1900m
歩行時間 8/31:約7.5h(休憩も含む)   9/1:約9.0h(休憩も含む)   9/2:約11.2h(休憩も含む)
 
双六小屋越に聳える鷲羽岳.左奥:水晶(黒)岳
双六小屋越に聳える鷲羽岳.左奥:水晶(黒)岳

  
新穂高駐車場 バスターミナル 左俣林道へ

思いがけず3日間の休みが取れアルプス方面の天気予報もまずまず^^)憧れの地"雲ノ平"へ行くには
一寸日数が足りない!?前夜神戸を発ち早朝に登山口の新穂高に到着。初日は三俣山荘迄行ければ
良いと思い5時頃起床予定で仮眠を取る。が、目覚めると既に6時近くに・・・^^)最初から出遅れだ!!

車止めゲート 林道標識 笠新道分岐

新穂高のバスターミナルから蒲田川を渡り左俣林道へ向かいます。此処から暫くは緩やかに続く
林道を歩きます。蒲田川に架かる中崎橋を渡ると左俣谷右岸に変わります。此の辺りで右足の
付け根に違和感を覚えペースが落ちてしまいました。車中での仮眠姿勢が悪かったのだろうか?

わさび平小屋 残雪が 此処から左へ小池新道を

此れで益々予定の三俣山荘は遠退いてしまった^^)仕方なくペースを落しながら笠新道への分岐を
過ぎると後少しでわさび平小屋。既に多くの登山者が寛いでいますね。此方は此処で軽くストレッチ
少し楽になった様なので先を急ぎます。ブナの森を抜けると林道上に大きな雪の塊が在り今年の

行き成り通行止め スノーブリッジ ゴロタ石の急坂

雪の多さを物語っていますね。やがて林道が左岸に渡る橋の手前から登山道が始まります。でも
行き成り登山道が通行止め、如何やら少し先で雪塊が道を塞いでいるようだ。一旦川原に降り
回り込む様に進み再び登山道に戻ります。途中の大きな雪塊には見事なスノーブリッジ、正面

振り返ると焼岳が 西穂の岩峰 秩父沢

には此れから登るシシウドヶ原でしょうか?真っ青な空に濃い緑が綺麗だ。登山道も此処からは
ゴロタ石の道になり傾斜も増します。噴出す汗を拭き々徐々に高度を上げて行きます。振り返ると
樹間から噴煙を上げる焼岳が望め右頭上には西穂高の峰々が屹立しています。やがて秩父沢に

槍が見える チボ岩 シシウドヶ原

到着です。此処で軽く食事タイム、日差しは眩しいが吹き渡る風は心地良い。休息後は先を急ごう
右前方に槍の穂先が見え少しは元気が戻ったかな^^)此の先チボ岩、イタドリヶ原を過ぎ前方の視界が
広がるとシシウドヶ原。名前の通り一面のシシウド、他にはホソバトリカブト、ミソガワソウ、ジャコウソウ

左:西穂の岩峰.右に焼岳と乗鞍岳
左:西穂の岩峰.右に焼岳と乗鞍岳
熊の踊り場? 湿原に続く木道 鏡池

センジュガンピ、ヨツバヒヨドリ等の花畑。登山道は此処から右にトラバース気味に樹林の中を登ります
熊の踊り場と書かれた湿地には木道が敷かれ、更に登ると長い木道が続きますが突然視界が開け
眼前にドーンと槍穂が聳え足下には鏡池が^^)此処は山岳雑誌定番の構図ですが良い物はイ〜ネッ!!

鏡平山荘 池畔を通り 稜線に向かって

午後になり少し雲が湧いて来たようだ。ホンの少し先には鏡平山荘。此処で漸く昼食です。既に沢山の
登山者が食事中。50名近くの団体も居るようです^^)食事を済ませ池畔の木道を渡り弓折への稜線に続く
急な道を登りますが、前方の団体に道を塞がれてしまいます。仕方なく後を付いて行きます^^)それでも

弓折分岐 鷲羽岳と水晶(黒)岳が 手前に双六小屋

弓折岳直下の分岐で抜かせて貰い先に進みます。暫くは稜線を緩やかにupdownしながら進みやがて
稜線から外れ左方向に下って行きます。右手に回り込む様に進むと双六岳と樅沢岳の鞍部に石垣に
囲まれた双六小屋、その奥には鷲羽岳や水晶(黒)岳が望め、漸く一息付けますネ。小屋に着いたのは
出発してから7時間と少々^^)三俣山荘には後2時間少々程掛かるので今宵の宿は此処に決めました。

PartUへ
クリックするとわいどびゅう
槍穂投影:鏡池:180度わいどびゅう

小池新道で出逢った花達(クリックすると花アルバム)
クリックすると花アルバム クリックすると花アルバム クリックすると花アルバム
ソバナ(キキョウ科) クサボタン(キンポウゲ科) バアソブ(キキョウ科)
inserted by FC2 system