季節は夏から秋へ:鷲羽岳.水晶(黒)岳.黒部源流
PartU《後編》

山行日 2006.8.31-9.2
山域 北アルプス.岐阜県:長野県:富山県
コース 8/31:新穂高(70分)わさび平:小池新道:(120分)秩父沢(110分)鏡平(130分)双六小屋
9/1:双六小屋(140分)三俣山荘(60分)鷲羽岳(120分)水晶(黒)岳
    
                           水晶(黒)岳(60分)黒部源流(80分)三俣山荘
9/2: 三俣山荘(60分)鷲羽岳(100分)三俣蓮華岳(60分)双六岳
                            双六岳(160分)鏡平(130分)わさび平(60分)新穂高
標高差 約1900m
歩行時間 8/31:約7.5h(休憩も含む)   9/1:約9.0h(休憩も含む)   9/2:約11.2h(休憩も含む)
 
  
ワリモ北分岐 岩苔乗越 黒部源流域を見下ろす

昼食は水晶小屋で暖かいラーメンを頂く、こんな天候に温かい物は有り難い^0^)体も温まった処で
ワリモ北分岐に戻ります。分岐からザレた登山道をジグザグに下ると雲ノ平との分岐、岩苔乗越です
此処を正面、祖父岳を越えると憧れの地"雲ノ平"右に行けば秘湯の高天原、何れも訪れたい場所^^)

源流の小さな流れ 源流域は見事な花畑 水を集めて

でも今日は此処を左、黒部川の源流に向かいます。ガスが掛かり源流域の全容は望めませんが
想像していたイメージとは違い緑に囲まれた場所でした。ザレた道からわざと外れ源流のホントに
小さな流れを確認しました。この小さな流れが雲ノ平の麓を巻きながら奥ノ廊下、上ノ廊下へと下り


やがて流れも大きく 湿地を抜け 雲ノ平への道

やがて黒部ダムへ、更に下ノ廊下から日本海に流れ込む大河へと成長するとは想像出来ません^^)
登山道に戻り意外と急な道を下ります。辺りは一面の花畑、ホソバトリカブト、ミヤマガラシ、マルバ
ダケブキ、コオニユリ、ハクサンフウロ等の花が一面に咲いています。標高差にして400m程も下った

源流分岐 源流の石碑 木道を通り

でしょうか?右手に雲ノ平への分岐が現れ少し登り返したその先に黒部源流碑が立っています。
暫くの休息の後、小さな湿原を抜け三俣山荘に向けて200m程の標高差を登り返さないと行けません
ゴロタ石の急坂を登りキャンプ場に戻ると三俣山荘は目と鼻の先。山荘に戻ったのが午後2時過ぎ

ゴロタ石の急坂 キャンプ場の分岐 西の空に

このまま荷物を持って双六小屋へ戻り、明日は笠ヶ岳経由で下山しようかとも思いましたが思わぬ
朗報が・・・!!明日の天気は快晴だと^^)だったら朝一番に鷲羽に登り、快晴の下360度の大展望を
観て見た〜い^^)で、今夜の宿を此処に決め宿泊手続きを済ませ山荘前のベンチでノンビリ寛ぎます
やがて同じルートを周回されていたお二人も帰られ暫し山談義、明日は夫々違うルートで目指す
目的地へ向かわれるとのお話。お互い良い山旅を期して別れます。  PartU(前編)へ   PartVへ

三俣蓮華岳に輝く月と木星
三俣蓮華岳に輝く月と木星

黒部川源流で出逢った花達(クリックすると花アルバム)
クリックすると花アルバム クリックすると花アルバム クリックすると花アルバム
ミヤマガラシ(アブラナ科) ミゾホウズキ(ゴマノハグサ科) ムシトリスミレ(タヌキモ科)
inserted by FC2 system