立山室堂から薬師岳(2926m):折立へ 縦走PART3

山行日 2007.8.5-7
山域 北アルプス:富山県立山町・大山町
コース 8月5日:立山室堂(90分)浄土山(60分)獅子岳(80分)ザラ峠(40分)五色ヶ原山荘
8月6日:五色ヶ原山荘(120分)越中沢岳(120分)スゴ乗越(40分)スゴ乗越小屋(70分)間山
      間山(120分)北薬師岳(50分)薬師岳(50分)薬師岳山荘

8月7日:薬師岳小屋〜薬師岳ピストン(60分)〜薬師岳山荘(40分)薬師峠(20分)太郎平小屋
      太郎平小屋〜太郎山ピストン(30分)〜太郎平小屋(90分)三角点(50分)折立
標高差 1日目:+400m.−500m 2日目:+800m.−500m 3日目:+300m−1560m
総歩行時間 1日目:約5.5h(含む休憩) 2日目:約11.0h(含む休憩) 3日目:約6.5h(含む休憩)
   
ガスの中
視界不良の山頂
温かい朝食を

2日目は此方から

さあ、いよいよ今日は最終日。折立発の最終バスは15時50分発、時間はタップリ有ります。
昨夕は突然の雷雨で期待のモルゲンロートは大ハズレ^^) ならば今朝はアーペントロートに
期待を込めて4時頃起き出します。朝食は5時からで先着順です。その間に山頂へ一登り
外に出ると既に表銀座辺りが白み始めていますね。急いで登り始めますが、急速に黒部川

クリックするとわいどびゅう
薬師岳山荘横から (クリックするとわいどびゅう)
霞む小屋を後にして
太郎兵衛平を望む
シラビソ林を抜けると

源流辺りからガスが湧き上がり一気に視界が無くなります。それでも取り合えず山頂にと
思い、ザレた登山道を登り30分少々で到着しますが、一面のガスで何も見えません^^)
山頂では多くの登山者の影。寒さの中暫く待ちましたが一向にガスが晴れません。周りの
登山者からは落胆の声。仕方ないですね。では下山して温かい朝食を頂くとしましょう。

薬師平
薬師峠への沢道
カラフルなテント建つ薬師峠

小屋に戻ると、既に朝食を済ませた登山者が続々と出発支度。此れから夫々雲ノ平や
黒部五郎岳方面に行かれる模様!?羨ましいですね^^)気を付けて楽しんで下さいね^^)
此方は温かいご飯と味噌汁を頂き、ユックリ荷物を詰めて小屋を出たのが7時少し前。
ガスで煙る小屋を後に薬師峠に向けて下ります。既に下から沢山の登山者が薬師岳を

伸びやかに続く木道
太郎平小屋
雷鳥の親子が

目指して登って来ます。少し見晴らしの良い尾根に出ると伸びやかに広がる太郎兵衛平
その中央に建つ太郎平小屋が見えます。如何やら少し高度を下げると天気が良さそう!?
やがて樹林を抜けると木道が現れます。此処が薬師平、大きなケルンは愛知大遭難碑
湿原にはヨツバシオガマ、エゾシオガマ等が咲いています。薬師平を抜けると沢沿いの

太郎平
薬師岳を望む
立派な太郎平小屋

道になり薬師峠へ下ります。ゴロタ石の急な道を下ると赤や青、黄色のカラフルテントが
数張り見えて来ました。此処が薬師峠キャンプ場。太郎平小屋には後、僅かに木道を
登り返せば到着です。小屋直ぐ手前の木道で雷鳥の親子発見!!暫く様子を見ていると
悠々と木道を横断して行きました^^)小屋前に荷物を置き、ご褒美にビールで乾杯!!

太郎山への道
太郎山山頂
荷揚げのヘリ

時計を見ると漸く8時を過ぎた所。が、小屋で耳寄りな情報を頂いた。折立12時30分発の
バスは予約制ですが、空席が有れば乗れると・・・!?しかもこの時間に降りる登山者は殆ど
見られない。ダメ元で降りて見ます^^)それでも時間が有るので、チョット太郎山に向います。
小屋横を抜けると木道が続き、直ぐ先で薬師沢方面と黒部五郎岳方面への分岐。此処は

クリックするとわいどびゅう
太郎山から360度 (クリックするとわいどびゅう)
折立に続く木道
薬師の頭が
五光岩ベンチ

右に僅かに登れば太郎山への分岐標識。直ぐにケルン建つ山頂。此処も360度の大展望
展望を楽しみそろそろ下山の時間が遣って来ました。小屋に戻る途中、何やら大きな爆音
見るとヘリが荷揚げの為に彼方此方飛び回っています。勿論太郎平小屋にも遣って来て
荷を運んでいます。に、しても間近で見ると迫力がありますね^^)小屋に戻り、さあ下山開始

石畳の登山道
地道に変わり
眼下に有峰湖

遥かに続く様に見える木道を歩きます。横には植生保護の為のシートや土嚢。やがて
五光岩ベンチ。此れから登る方が沢山休んでられます。振り返れば薬師岳も頭だけに
石畳の道を抜けると傾斜が緩み地道になりました。積雪量を測る紅白のポール辺りから
有峰湖が見下ろせます。更に下ると三角点峰薬師岳が随分遠くになってしまいました。

三角点峰
折立
白樺ハイツ

さあ、後一息で折立です。でも、此処からが正念場!?激下りの登山道です。滑り易く
時には大きな段差、足元に注意を払って下ります。右手に立派な五重塔!?此れは
愛知大の遭難碑、直ぐ先には水場やトイレがある折立。丁度バスが待っています。
此方から声を掛けるより早く、向こうから乗りませんか?と・・・^^)急いで顔と手を洗い

有峰口駅
富山地鉄に乗って
富山地鉄:富山駅

バスに乗り込みました。何と乗客は当方を入れてたったの3人^^)太郎平小屋の方の
アドバイスは的確でした。途中の亀谷(かめがい)温泉前でバスを降り白樺ハイツ
温泉に浸かります。何と此処は富山地鉄の時刻に合わせ、有峰口駅迄無料で送って
頂けます。丁度2時間程の空き時間、温泉にユックリ浸かって富山に向いました。

薬師平〜太郎兵衛平:折立で出逢った花達
シナノキンバイ
ハクサンイチゲ
シナノキンバイ ハクサンイチゲ
チングルマ
ナナカマド
チングルマ ナナカマド
ミネズオウ
ウサギギク
ミネズオウ ウサギギク
オオバミゾホウズキ
ミヤマカラマツ
オオバミゾホウズキ ミヤマカラマツ
マルバダケブキとコバイケイソウ
ニッコウキスゲ
マルバダケブキとコバイケイソウ ニッコウキスゲ
ミヤマアキノキリンソウ
イワオトギリ
ミヤマアキノキリンソウ イワオトギリ
タテヤマリンドウ
シロバナタテヤマリンドウ
タテヤマリンドウ シロバナタテヤマリンドウ
ミヤマリンドウ
イワイチョウ
ミヤマリンドウ イワイチョウ
キソチドリ
キンコウカ
キソチドリ キンコウカ
ミヤマママコナ
ツルアリドウシ
ミヤマママコナ ツルアリドウシ



inserted by FC2 system