雲上の楽園:雲の平と秘湯の高天原《U》

山行日 2008.7.25〜28
山域 北アルプス:富山県:大山町
コース 7月25日:折立(100分)三角点(60分)五光岩ベンチ(70分)太郎平(20分)薬師峠テント場
7月26日:薬師峠テント場(20分)太郎平(70分)左俣出合(50分)薬師沢小屋(110分)木道末端
      木道末端(20分)アラスカ庭園(60分)雲の平山荘(90分)高天原峠(70分)高天原山荘

7月27日:高天原山荘〜水晶池往復(90分)〜(60分)高天原峠〜大東新道(200分)〜薬師沢小屋
      薬師沢小屋(50分)左俣出合(100分)太郎平(20分)薬師峠テント場
7月28日:薬師峠テント場(20分)太郎平小屋(40分)五光岩ベンチ(50分)三角点(80分)折立
              花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
累積標高差 1日目:+970m-50m 2日目:+690m-960m 3日目:+1000m-790m 4日目:+50m-970m
総歩行時間 1日目:約5.0h(含む休憩) 2日目:約9.0h(含む休憩) 3日目:約7.0h(含む休憩) 4日目:約4.0h
   
太郎兵衛平へ
夜明け前の太郎小屋
右:黒部五郎岳、左が薬師沢へ

昨夜は疲れからか?日が落ちると共に爆睡だ!!^^)流石に真夜中に眼が覚め、トイレに行こうと
テントから出ると、空には満天の☆☆☆1年振りに天の川を見た。天気の回復を期待して再び
就寝。再び目覚めたのは3時半頃。今日は念願だった雲の平と高天原の温泉が待っている^^)

小さな雪渓を渡り
ザレた急勾配の道
木道が始まり

少し明るくなった4時40分過ぎに、軽くした荷を持ってテント場を飛び出します。太郎兵衛平へ
登り返し、小屋横を抜けて南に向かうと、僅かで分岐。右は黒部五郎岳へと続き、左は薬師沢
から雲の平だ。勿論此処は左へと向かいましょう。木道は左下へ緩やかなカーブを描きながら

第一渡渉点
第二渡渉点
オオシラビソと草原

下っています。道脇にはハクサンイチゲが白く光りやがて小さな雪渓。雪渓を2度渡ると一転
左俣に向けて急降下。ザレた上に小石が転がり非常に滑り易い。それも20分も下れば沢音が
聞こえ、再び木道が現れると僅かで第一渡渉点。立派な擬似木の橋が架けられています。

彼方此方にベンチが
第三渡渉点
彼方此方にベンチが

更に第二渡渉点を過ぎれば地道に戻り、緩やかに登り始めます。道脇にはやや大きめな葉を
6-10枚も輪生させ、中央に大きな白い花を咲かせるキヌガサソウ。線香花火の様に細く、白い
花を咲かせるミヤマカラマツ等が咲いています。再び木道が現れ僅かで第三渡渉点。此処が

崩壊地横を
カベッケヶ原
屋根が見えると

左俣出合。遙か上方の北ノ俣岳と赤木岳の間から流れ出る雪解け水が冷たそう。徐々に高度を
下げながら続く木道。オオシラビソが点在する草原の先には雲の平。その高原台地が随分高く
なってしまいました^^)やがて河童伝説のカベッケヶ原を過ぎると木道も切れ、最後の急降下^^)で

薬師沢小屋
薬師沢に架かる吊橋
此れを下り

薬師沢小屋の赤い屋根が見えて来ました。薬師沢の河原に建つ薬師沢小屋は登山者だけで
無く、渓流釣りの人達にも人気の宿だそうだ。小休止後、小屋で水を頂き(無料です^^)いよいよ
雲の平へ向けての激登りが待っています^^)小屋前の薬師沢に架かる赤い吊橋はユラリ:ユラリと

分岐標識
鉄梯子を登り
ゴロタ石の急勾配

揺れ気持ちも引き締まります。渡り切ると鉄梯子で河原に降り立ち、大岩をヘツると僅かで大東
新道と雲の平への分岐。勿論雲の平へ向います。が、行き成り急傾斜の鉄梯子^^)登り切れば
針葉樹林の中に続く、見上げる程の急勾配^^)その上苔生した滑り易い大石がゴロゴロ!?此処は

木道末端
アラスカ庭園
此れぞ雲の平

我慢:ガマン^^)ひたすら登り続けます。時には手足を全て使って登り切漸く木道が現れ、ホッと一息。
更に20分程進むと突然前方が開けました。此処がアラスカ庭園。想像していた草原で無く針葉樹林
帯ですね。未だ々続く木道を進めば池塘点在する草原、此れぞ雲の平^^)伸びやかな台地が広がる

雲ノ平:アラスカ庭園
雲の平:アラスカ庭園
振り返れば薬師岳が
奥日本庭園
山荘横の溶岩?

正に雲上の楽園^^)ユックリのんびり歩きましょう。奥日本庭園を過ぎ小さく下ると、アルプス庭園。
辺りにはキバナシャクナゲ、ミネズオウ、アオノツガザクラ、ミヤマダイコンソウ等が咲いています。
アルプス庭園を後にして山荘へと向かいます。辺りのゴロタ石は雲の平が太古の火山で広大な

雲の平山荘
山荘前の広場には
山荘前がギリシャ庭園

溶岩台地だと言う事を証明していますね。一登りで雲の平山荘。山荘前の広場には既に数人の
登山者が寛いでいます。その中で見た顔があると思えば、昨日バスで一緒だった方々でした^^)
挨拶を交わして話すれば、今朝は薬師沢小屋からで此処から高天原へと、当方と同じコースだ!!

黒部五郎岳
水晶(黒)岳
薬師岳
黒部五郎岳 水晶(黒)岳 薬師岳

南にはカールを抱いた黒部五郎岳、西には裾野を大きく広げた薬師岳、東にはゴツゴツした岩
峰で、双耳峰の水晶(黒)岳と、名立たる名峰が周りを取り囲んでいますが、今日は少し雲が多く
遠望は叶わず、名峰の山頂部も隠れ勝ちです。此処で少し早い昼食がてら大休止しましょう^^)

クリックするとわいどびゅう(パノラマ)
雲の平360度の展望 クリックするとわいどびゅう(パノラマ)

初日の折立から太郎兵衛平へ戻る
高天原へは此方から

太郎兵衛平から雲の平の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クモキリソウ ホソバノキソチドリ オオヤマサギソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
キンコウカ コバイケイソウ ハクサンイチゲ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
キヌガサソウ キヌガサソウ キヌガサソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
モミジカラマツ アオノツガザクラ キバナシャクナゲ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system