楽々雲上散歩・乗鞍岳(3025.6m)

山行日 2010.8.7(土・曇)
山域 北アルプス:岐阜県・長野県県境
コース 平湯バスターミナル(バス・60分)畳平(10分)魔王岳(30分)畳平
畳平(10分)肩ノ小屋(120分)蚕玉岳(120分)乗鞍岳剣ヶ峰(10分)肩ノ小屋
肩ノ小屋(20分)富士見岳(60分)大黒岳()畳平(バス・50分)平湯バスターミナル
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 +約300m
総歩行時間 約5.0h(含む撮影・休憩・食事)
   
平湯バスターミナル
ドライブウェイから槍穂が
畳平

2003年マイカー規制以来の乗鞍岳です。今夕、雲の平・高天原へ出掛けたメンバーと落ち合う迄
タップリ時間があるので平湯発7:40と遅めの出発。麓の天気は今一ですが突き抜ければ大丈夫?
案の定バスの車窓から雲海に浮かぶ槍穂連峰^^)が、高度を上げればガスの中に突っ込んだ(ノ_・。)

魔王岳口
ガスに煙る
魔王岳山頂

約1時間バスに揺られて畳平到着。今の気温は10℃を指している。じゃあ、目の前の魔王岳から
登りましょう。整備された石段横にはイワギキョウ。良く見るとコマクサが点々と咲いてる。今が丁度
見頃の様だね。強風でガスが絶え間なく流れる散策路を10分も登れば魔王岳山頂。時折ガスが

畳平の標識
広い散策路
富士見岳を左に

切れ、辺りが見えるが流れるガスに視界を遮られる。魔王岳を後にして再び畳平へ戻りましょう。
今度は主峰の剣ヶ峰へ向かいましょう。幅広い遊歩道を緩やかに登ります。道脇にはコマクサを
始め、ヨツバシオガマ、ウサギギク、オンタデ、イワツメクサ、ウメバチソウ、シラネセンキュウ等々

肩ノ小屋へ
サマースキーを楽しむスキーヤー
肩ノ小屋が

沢山の高山植物が咲いています。やがて富士見岳への分岐を2度見送り、コロナ測候所が建つ
摩利支天岳への分岐。このコロナ測候所は老朽化を理由に、今年の3月末で閉鎖されたそうだ。
因みに摩利支天岳へは登山禁止です。分岐を肩ノ小屋へ向けて緩やかに下ります。途中何やら

団体が登り始め
人並みが途切れた登山口
渋滞中の登山道

左手から歓声が聞こえるが何も見えない。すると突然ガスが切れ雪渓でサマースキーを楽しむ
人達の歓声だった^^)やがて到着した肩ノ小屋前は大勢の登山者で大賑わい^^)見ると近ツーを
始めとした旅行社の登山ツアー客の様だ。此処でトイレを済ませ人並みが途切れるのを待って

蚕玉岳山頂
山頂は直ぐそこ
頂上小屋

登ります。火山らしく大小沢山の礫が積もる登山道は、下る方と登る方で何時の間にか大渋滞^^)
手前の朝日岳を巻きながら登ると蚕玉(こだま)岳山頂。ガスと強風で寒いや^^)そのまま通り過ぎて
剣ヶ峰へと向かいます。ザレた斜面の左手はコマクサの大群生地ですがこのガスじゃ見えない。

朝日権現社
乗鞍岳山頂
乗鞍本宮

やがて山頂の社が見えて道は二手に分かれます。左へ向かい頂上小屋から信州側の朝日権現社
背中合わせに飛騨側の乗鞍本宮・奥宮が建っています。道中、あれ程ガスガスで真っ白だったのに
お参りを済ませると、見る々青空が広がって来ましたよ^^)賑わう山頂は強風で寒い、で、山頂直下の

大賑わいの山頂
大日岳方面
権現池

風裏に陣取り随分早い昼食です。正面に大日岳、屏風岳、雪渓残る権現池(何れも立入禁止)
振り返れば白いドームのコロナ測候所。残念ですが周りの山々は全く見えません^^)1時間近く
山頂でマッタリ^^)そろそろ下山しましょう。下山時も相変わらず混雑の登山道ですが、急ぐ事も

さあ下山
相変わらずの混雑
肩ノ小屋へ

無いのでゆっくり待ちます。下山時に朝日岳に登ろうと思ったが立入禁止のロープ。仕方なく
肩ノ小屋へ向かって下ります。肩ノ小屋迄は途切れる事無く続く登山者^^)結局、肩ノ小屋迄
下るのに30分も掛かった^^)時間は未だ々タップリ有るので富士見岳にも登ります。階段状の

富士見岳へ
賑わう山頂が
富士見岳山頂

登山道を登る事、僅かに10分で富士見岳山頂^^)此方も賑わっていますね。お天気良ければ
360度の大展望なのですが、見えるのは足下の畳平に鶴ヶ池、登れる最後のピークの大黒岳
何とも残念なお天気模様だ。小休止の後、一度下って最後のピークの大黒岳に登りましょう。

大黒岳へ
大黒岳山頂
穂高連峰

ドライブウェイを渡り、階段状の登山道を登れば、石造りの立派な休憩所建つ大黒岳山頂。
相変わらずの天気ですが暫く佇んでいると、穂高の稜線が見えて来ました^^)結局30分少々
粘りましたが、此れ以上の回復は無理そうなので13:50発のバスで平湯BTへ下山しました。

勿論、下山後は"アルプス街道平湯"の温泉で汗を流し、タイミング良く、連絡が取れた折立
下山のメンバーと栃尾温泉で合流し、高山での夕食後、渋滞にも遭わず神戸に戻りました。

クリックするとわいどびゅう
乗鞍・富士見岳から180度パノラマ (クリックするとわいどびゅう)

乗鞍岳の展望
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
車窓から笠ヶ岳と穂高連峰 乗鞍岳不消ヶ池 乗鞍エコーライン
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

全画像:10枚

乗鞍岳に咲くお花達


inserted by FC2 system