台風一過の青空を期待して《T》:奥穂高岳(3190m)

山行日 2011.9.5-6(月:雨・火:晴)
山域 北アルプス:長野県松本市・岐阜県高山市
コース 9/5 上高地BT(50分)明神(50分)徳澤(50分)横尾(50分)本谷橋(100分)涸沢(涸沢ヒュッテ泊)
9/6 涸沢(パノラマコース70分)ザイテングラート取り付き(60分)穂高岳山荘(40分)奥穂高岳  
奥穂高岳(80分)紀美子平(重太郎新道:110分)岳沢小屋(130分)上高地BT    
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 +約800m
総歩行時間 約6.5h(含む撮影・休憩・食事)
   
前泊は平湯温泉
朝一番のバスに
雨に煙る大正池

8月上旬に計画し荒天で延期した恒例の職場の仲間との夏山合宿を1ヶ月遅れで実施するが
超スローモー台風12号の動きで4日に入山の予定を変更。4日は平湯温泉で待機し翌5日に
入山とする。今回の合宿が現役最後だし何より笠ヶ岳途中撤退での自信喪失回復をも期そう^^)

閑散とした上高地BT
人の居ない河童橋
清水橋を渡り

行先はメンバーのリクエストで奥穂高岳。私的にはン十年振り^^)仕事の都合で4日の9時過ぎ
豪雨の名神道から東海北陸道へと走り高山市内を抜け平湯へ。今宵は旅荘"つゆくさ"で寛ぐ。
翌朝、平湯BTから朝一番(この季節は6時半)のバスで上高地BTへ。平湯では降ってなかった

サラシナショウマ
横尾街道を
煙る明神岳

雨は上高地では時雨模様。雨具のズボンとザックカバーで河童橋へ向けて歩き出す。前回の
反省から荷物を極限迄軽量化しデジ一も無し^^)人気の無い河童橋から清水橋を渡り小梨平へ
花の季節は終盤で目立つのはサラシナショウマ・ヤチトリカブト・キツリフネ・ノコンギク・ゴマナ等

明神到着
徳本峠分岐
徳澤へ

時折覗く明神岳は湧き立つガスに煙り、雨も降り始めたので傘を差しながら明神を過ぎ徳本峠
分岐を見送り徳澤で持参の朝食を摂る。30分程の食事タイム後再び歩き始めます。10分程で
新村橋を左手に見送り横尾谷が見渡せる河原を過ぎればやがて横尾山荘が見えて来る。この

横尾へ向けて
新村橋を横目に
賑わう横尾山荘

様な雨降りでも意外に沢山の登山者が寛いでいるね^^)皆さん明日の天気回復を期待しての
事だろう。此処で暖かいコーヒーで一息付き横尾大橋を渡ります。本谷橋迄は緩やかな登り
林床には真っ赤な実を付けたゴゼンタチバナ・タケシマランに涼しげなソバナ。生憎の天気で

横尾大橋
横尾大橋を渡り
熊笹の道

屏風岩も姿を隠している。やがて本谷橋に到着し橋を渡った右岸で小休止。此処迄食事休憩を
含めて約4時間とマズマズのペース。後2時間で涸沢到着だ。上手く行けば穂高岳山荘迄届く?
しかし此処からが本格的な登山道。濡れたガレ場は良く滑り、時に道は小川の如く水が流れる。

本谷橋に
本谷橋を渡り
此処からは本格的な登山道

辺りの植生も代わりオオカメノキ・ウラジロナナカマド・ツリバナには赤い実、徐々に涸沢の水音が
遠ざかり傾斜が緩むとSガレだ。Sガレ先の崩落箇所には木橋架かり僅かで一気に視界が広がる
ガレ石の河原だが一層本格的に降り始めた雨に煙り、見える筈の涸沢ヒュッテの姿は無い。秋の

視界良ければヒュッテが
ナナカマドの中を
ヒュッテと小屋分岐

紅葉の頃には見事な彩りを見せるナナカマドの木々の間を抜けると涸沢ヒュッテと涸沢小屋の
分岐。此処は涸沢ヒュッテ方面に向う。雨に煙る石畳を登ると発電機の唸り音でヒュッテが近い
事が判る。徳澤へのパノラマコース分岐を見送れば涸沢ヒュッテに到着だ。時間は13時前だが

丘の向こうに
パノラマ分岐
涸沢ヒュッテ

この先落石事故多発のザイテングラートを登るには余りにも視界が悪い。もしものリスク回避で
今日は此処で宿泊する事で意見一致。早速宿泊手続きを済ませ荷を解いて乾燥室へGO^^)
一通り荷物の片付けや着替えが済めば買ったビールと持ち込んだアルコール類等で乾杯だ!!

持参のアルコールでマッタリ
結構豪華な夕食
夕方の気温は13℃ちょっと

夕食開始の17時迄居合わせた登山者達と山談義とマッタリ過す^^)夕食は噂通り結構豪華な
食事にご飯も進みお腹一杯。就寝前に外に出ると未だに雨は降り続き、外気温は何と14℃を
下回っている^^)幸い今夜は一人一枚の布団。明日の天気回復を願って午後8時前には床に。

台風一過の青空を期待して《U》へ続く

上高地から涸沢の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
サラシナショウマ ヤチトリカブト チングルマ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system