絶景!!北アルプスのパノラマルート 燕岳・北燕岳VolV

山行日 2015.8.9(日)-10(月)日・快晴:月・晴のち曇
山域 北アルプス:長野県安曇野市
コース 8月9日:中房燕岳登山口(120分)第三ベンチ(90分)合戦小屋(110分)燕山荘
      燕山荘(30分)燕山(15分)北燕山(40分)燕山荘

8月10日:燕山荘(60分)大下りの頭(60分)燕山荘(30分)燕岳(30分)燕山荘(40分)合戦小屋
       合戦小屋(50分)第三ベンチ(80分)中房燕岳登山口(15分)登山口第二P
標高差 1日目:上り≒1370m 2日目:下り≒1370m
歩行時間 1日目:≒7.5h(含む休憩・食事・撮影)2日目:≒7.0h(含む休憩・食事・撮影)
   
槍ヶ岳の上空に
テントの花咲く
御来光を待つ登山者

何方かの鼾で何度も眼が覚める^^)真夜中外に出ると瞬く見事な星空。今日も天気が良さそうだ。
朝食は04:30からだが日の出が04:20。夕食と違って早いもの順。4時にメンバーを起こすが既に
食堂前は長蛇の列。次回の5:15に変更して御来光を待ちましょう。山荘前に居並ぶ登山者数は

御来光
朝日に輝く
山荘の朝食

半端無い^^)でも予定の時刻を過ぎても一向に陽が昇らん。どうやら東の空の下部は雲に覆われ
てる様だ。時間一杯まで待ったがマダなので食堂へ。今度は食事を始めた途端に御来光だよ^^)
朝食は焼き鮭・ソーセージ&エッグ・白和え・漬物等にデザートはゼリー。元気一杯の後輩達は


燕山荘ロビー
テン場にも朝陽が
今日も良い天気

これから大天井(おてんしょう)岳ピストだと張り切ってる。当方は第二弾の夏山で目一杯歩いた
のでノンビリ稜線漫歩。不要な荷は自炊室に置かせて貰いザブザック一丁でGO!!玄関先から
大天井・槍・常念方面への道へ。コマクサの群生地を抜けて表銀座コースを緩やかに下ります。

いざ、大天井岳へ
表銀座ルート
表銀座ルート

朝陽に照らされた大天井岳・槍ヶ岳が少しずつ近付いて来る。小さなピークを二度ほど越せば
数名の登山者が休憩中。此方は更に進んだ小さなピークで一休み。振り返れば右に燕山荘。
左に燕岳・北燕岳が吊り尾根上に繋がってる。眼下には蛙(げえろ)岩らしき大岩。手前の岩の

小さく上り下り
大岩の間を抜けて
蛙(げえろ)岩

間を抜ければ蛙岩。何処から如何見れば蛙なんだろう?ルートは蛙岩の左を巻いて続いてる。
稜線の西側に続いていた登山道は一旦東側に移ると一帯はお花畑。ミヤマコゴメグサの群落に
ハクサンフウロ・ムカゴトラノオ・ウサギギク・タカネシュロソウ・シナノオトギリ・ミヤマホツツジ等に

トラバース道
大下りの頭
メンバーを見送り

早くもウメバチソウが咲いている。登山道は再び西側に移ると僅かで大下りの頭。正面に大きく
大天井岳、その右に前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳。大キレットを挟んで南岳・中岳
大喰岳・孫槍・子槍を従えた槍ヶ岳の鋭鋒が、グッと迫って来る。此処で大天井岳へのピストン

大下りをズームで
お花畑
団体が

予定のメンバーと別れます。軽快な足取りで大下りを歩くメンバーを見送りながら、大展望を堪能。
30分近くマッタリした後に先程のお花畑で花散策を楽しみながらも8時半を過ぎたので、そろそろ
燕山荘へと戻ります。9時半には燕山荘に戻り荷物の整理。山荘前でトカゲを決め込んで小1時間

もう直ぐ燕山荘
燕山荘に戻る
自炊室

マッタリ^^)大天井岳のメンバーも登頂を済ませ戻る途中だとの連絡で起き出します。戻って来る迄
タップリ時間も有るので再び燕岳への散策開始。今回はテン場経由で向かいましょう。昨日に比べ
確実に減ったテントだが既に設営を始めたテントも有るね。昨日と同じくコマクサの群生地を抜けて


テン場を抜けて
砂礫地を
イルカ岩の天辺に

イルカ岩。おっと、ホシガラスがイルカ岩の天辺に止まってる。再びの燕岳山頂は今日も賑わってる
昨日と違うのは鹿島槍ヶ岳・白馬岳が良く見えるのと、徐々に曇勝ちの天気だ。11時半頃には燕
山荘に戻りもう直ぐ帰って来るだろうメンバーを待ちます。やがて予定時刻より少し早く戻って来た


ホシガラス
階段道を登れば
今日も賑わう燕岳

メンバーと合流してお疲れ様乾杯^^)昼食は山荘内の喫茶室で済ませ、午後1時を回った所で下山
開始。辺りはスッカリガスに覆われてる。合戦沢の頭・富士見ベンチ・合戦小屋と順調に下ります。
合戦小屋前は相変わらずの賑わい。ポツポツと登って来る登山者を交しながら第三ベンチから第二

山荘で昼食
辺りはガスに包まれ
合戦小屋

ベンチ・第一ベンチ。第一ベンチからは思いの外長く感じて中房温泉・燕岳登山口。登山口前が
賑やかなのは学生達のキャンプ。15分の舗装路歩きで駐車地の第二P到着。車は随分減ってるが
それでも半分以上は埋まってる。その足で穂高温泉:温泉健康館でゆったり汗を流し一路帰宅へ


第一ベンチ
中房温泉燕岳登山口
第二Pへ
表銀座ルートから(クリックするとわいどびゅう)
表銀座ルートから(クリックするとわいどびゅう)
燕岳:表銀座ルートで出逢った花達と奇岩
↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ウメバチソウ ムカゴトラノオ・ウサギギク・ハクサンフウロ タカネシュロソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ミヤマコゴメグサ シナノオトギリ ミヤマホツツジ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
イルカ岩のバックに槍ヶ岳 メガネ岩 ゴリラ岩
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。


inserted by FC2 system