:第一回目の山の日に・・・ 上高地から槍ヶ岳VolU

山行日 2016.8.10(水)-12(金)晴時々曇
山域 北アルプス:長野県松本市・岐阜県高山市
コース 8月10日:上高地BT(5分)河童橋(40分)明神(60分)徳沢(50分)横尾(60分)一ノ俣(45分)槍沢ロッヂ泊
8月11日:槍沢ロッヂ(30分)ババ平(25分)大曲(60分)天狗原分岐(90分)坊主岩小屋(40分)殺生ヒュッテ
       殺生ヒュッテ(10分)東鎌尾根(40分)槍ヶ岳山荘(30分)槍ヶ岳
(25分)槍ヶ岳山荘(20分)殺生ヒュッテ泊

8月12日:殺生ヒュッテ(70分)天狗原分岐(50分)大曲(50分)槍沢ロッヂ(80分)横尾(50分)徳沢
       徳沢(40分)明神(45分)岳沢湿原(15分)河童橋(5分)上高地BT
標高差 1日目:上り≒325m 2日目:上り≒1360m 3日目:下り≒1360m
歩行時間 1日目:≒5.0h・2日目:≒9.0h・3日目:≒8.0h(何れも含む休憩・食事・撮影)
   
早朝の槍沢ロッヂ
槍見沢から
ババ平キャンプ場

昨夜は午後7時過ぎに寝てしまったので流石に夜中に2度も眼が覚めた^^)3度目の正直に午前
4時半に起き出し支度を済ませ未だブルーアワーの中を槍沢キャンプ場(ババ平)に向けユックリ
歩き出す。赤岩山直下のガレ場を2度過ぎ徐々に高度を上げて30分も辿れば槍沢キャンプ場。

キャンプ場出発
流れに沿って
大曲分岐

此処は旧槍沢ロッヂ跡。それ程広くないキャンプ場にはびっしりとテントの花が。賑わってるね^^)
此処でテン泊のikeちゃんと合流し朝食を済ませて5時50分出発します。ダケカンバ林を抜けると
暫くは槍沢の流れに沿って緩やかに辿ります。25分も歩けば大曲。右に曲がれば水俣乗越へと


緩やかに
ガレ場を
天狗原分岐

続く。登山道は緩やかに左へと曲がります。大曲を過ぎると徐々に傾斜が増しやがてゴロタ石
転がる槍沢左岸。前方に見える新緑の丘は槍沢モレーンだ。おっと、ハクサンフウロ見っけ。
モレーンに向かって更に斜度を増す登山道。6時40分頃には陽も射し始める。相変わらずの

振り返れば
水沢の水場
もう直ぐグリーンバンド

ゴロタ石とザレ場を登れば天狗原分岐。槍沢キャンプ場から1時間半はのんびりし過ぎかな^^)
この頃から薄雲が空を覆い始める。振り返ればU字谷の向こうには蝶ヶ岳。更に登れば水沢の
水場。山頂迄の最後の水場だ。冷たい水で一息入れて左へと回り込めばグリーンバンド。漸く

グリーンバンドから槍
ヒュッテ大槍分岐
振り返れば

目指す槍ヶ岳が目に飛び込んで来て一気にテンションアップ^^)しかし気持ちとは裏腹に足が
止まり気味^^)それでもハクサンフウロ・オヤマリンドウ・オンタデ・ウメバチソウ・ヨツバシオガマ
イワツメクサ・イワギキョウ等の高山植物に癒されながら、ゆるゆると登ればヒュッテ大槍分岐。

坊主岩小屋
徐々に近付く槍
殺生ヒュッテ分岐

ヒュッテ大槍分岐から10分も登れば坊主岩小屋(播隆窟)槍ヶ岳を開山した念仏行者播隆が
この岩屋で53日篭もり念仏を唱えたり、日本アルプスの父と言われるウォルター・ウェストンも
使用したとされる岩屋だ。随分と稜線が近付いたが相変わらず歩みが遅い^^)ふと振り返れば

富士山に甲斐駒が
此処を上がれば
殺生ヒュッテ

常念岳から蝶ヶ岳の稜線の向こうに八ヶ岳連峰。その右には富士山・甲斐駒ヶ岳から仙丈ヶ岳等の
南アルプスの山並が霞勝ちだが良く見える。坊主岩小屋から30分足らずで漸く殺生ヒュッテ分岐。
分岐から石積みの急坂を登り切れば9時半殺生ヒュッテ到着。先行してたikeちゃんとこまちゃんに

殺生ヒュッテテント場
東鎌尾根へ
東鎌尾根

無事合流。小腹を満たす為に30分程休憩し、さあ、サブザックに最小限の荷物を詰めて槍ヶ岳に
アタックだ。ヒュッテ裏から東鎌尾根を目指して石積みの斜面を10分で東鎌尾根に乗る。尾根の
向こうに北鎌尾根。その北鎌尾根の奥に鷲羽岳・立山・水晶岳・針ノ木岳・爺ヶ岳・白馬岳・鹿島


北鎌尾根の向こうに
槍へ向かって
岩場の登山道

鑓ヶ岳等北アルプス北部の山並み。目を東に転じれば燕岳・大天井岳の稜線奥には頚城三山。
常念岳の左には浅間山も見える大展望だ。勿論、此れから向かう先には日本のマッターホルンと
呼ばれる槍ヶ岳が天を突き刺す^^)東鎌尾根は痩せた岩稜帯で梯子に小さなup:downを繰り返し


もう直ぐ
槍ヶ岳山荘
槍の穂先へ

槍ヶ岳の南面のガレ場を回り込めば槍沢からの登山道と合流。此処から5分程も辿れば槍ヶ岳
山荘に到着。初の山の日の祝日にしては登山者が少な目なのはイベント開催の為の上高地の
交通規制が影響してるからだろうか?5分の休憩で槍の穂先へGO!!ザレ場からペンキマークを


岩場を登り
小槍の向こうに
もう少しで

拾いながら岩場を登って千丈沢側に出ると小槍が目に飛び込んで来る。小槍の奥に裏銀座の
山並み。小槍を過ぎれば最初の鉄梯子。一旦下山ルートと合流するが次の鉄梯子で再び離れ
登りルートを慎重に上がる。スラブ状の岩は鉄杭を足掛かりに登ります。鎖場を登り切れば残る


山頂への鉄梯子
槍ヶ岳山頂
眼下に槍ヶ岳山荘

山頂直下の二連の鉄梯子のみ。少しの渋滞で済んだので30分掛からず標高3180m、第五位
槍ヶ岳山頂。二等三角点に祠が鎮座してる。勿論、展望は360度。南・北・中央アルプスを始め
立山・剱岳・後立山連峰・頚城三山・浅間山・八ヶ岳連峰・乗鞍岳・霞むのは御嶽山と富士山。


上高地から槍ヶ岳VolVへ
槍ヶ岳山頂から (↑画像クリックするとYouTube)
槍沢ルートで出逢った花達と展望

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
サラシナショウマ 富士山 ハクサンフウロ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
オヤマリンドウ 燕岳・大天井岳 ウメバチソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ウサギギク・イワギキョウ ヨツバシオガマ ミヤマリンドウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。


inserted by FC2 system