北アルプスに秋は忍び寄る・・・ 西穂高岳(2908.8m)VerU

山行日 2014.10.4(土)晴時々高曇り
山域 北アルプス:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷
コース 26日:新穂高ロープウェイ白樺平駅(7分)西穂高口駅(60分)西穂山荘(30分)丸山ピストン
27日:西穂山荘(80分)丸山(10分)独標(40分)ピラミッドピーク(60分)西穂高岳(100分)西穂山荘
    西穂山荘(50分)西穂高口駅(7分)新穂高ロープウェイ白樺平駅


               花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約770m
総歩行時間 約6.3h(含む撮影・休憩・食事)
   
笠ヶ岳から西穂高岳・前穂高岳:西穂丸山から
笠ヶ岳から西穂高岳・前穂高岳:西穂丸山から
夜明け前の槍ヶ岳
新穂高の湯へ
新穂高の湯

昨夜は何方かのバズーカ砲の様な大鼾^^)に、部屋の熱気ムンムンで堪らず屋外へと一時避難。
寝不足のまま御来光の時間を迎え、カメラ片手に昨日の展望地へと駆け上がる。日の出の時間は
05:10だが明神岳の稜線に遮られ30分程遅れる。その間に続々と西穂高岳に向かって登山者が

新穂高ロープウェイ乗場
焼岳が
二階建ての新穂高ロープウェイ

歩いてる。薄暮の雲海に浮かぶ白山連峰。昨日は確認出来なかった富士山。やがて笠ヶ岳に朝陽が
当たり始めるが、期待したモルゲンロートは不発。05:30前に明神岳稜線から御来光。朝食は6時から
急いで小屋に戻るが何処かの団体ツアー一行が行く手を阻む。何とか時間内に小屋に戻り朝食開始。

槍の穂先が見える
西穂の左にジャンダルム
西穂高岳

食後に不要な荷物は小屋前の棚にデポ。サブザックとコンデジでの身軽な格好で6時半頃出発。
15分登れば西穂丸山。振り返れば乗鞍岳・焼岳がクッキリ。富士山も甲斐駒の左肩にシルエット。
丸山からは歩き難い岩屑の坂道を九十九折にゆっくりと登る。やがて独標が見えると何と登山者が

西穂高口
千石園地
登山届出所

数珠繋ぎ^^)こりゃ辿り着くのに時間が掛かりそうだネ^^)それでも独標基部から10分程で独標到着。
狭いピークにはこぼれ落ちそうな程の登山者。撮影もソコソコに次のピラミッドピークへと向かおう。
独標(11峰)から西穂高岳(本峰)迄は11ものピークが連なってる。独標からの下り左右は両側に鋭く

登山口
シラビソ原生林を
木橋を渡ると

切れ落ちたナイフリッジ。慎重にマーキングを拾って鞍部へ。次の10峰へと登り返し、次の9峰へと
向かいます。今回ルート最大の難所が直ぐ先の一枚岩の下りだ。上から見れば足を置くステップが
良く見えないが、ペンキマーカー直下の窪みが唯一のステップ。慎重に足を運び無事通過。此処を

ゴロタ石の急坂
もう直ぐ
賑わう西穂山荘

クリアすればピラミッドピークへは比較的易しい岩稜帯の登り。西穂山荘を出発して1時間半程で
ピラミッド・ピーク(8峰:2760m)登頂はマズマズ順調。目の前に聳える西穂高岳へは更に鎖場に
ナイフリッジが続きます。7峰は鎖場だが早くも下山する登山者で渋滞中。小さなピークを幾つか

丸山へ
岩稜帯を登る
ガスに包まれ

巻いたり乗り越えたりすれば眼前に西穂高岳山頂。山頂直下迄はハイマツ帯の緩やかな登り。
一転、山頂直下の岩場は所々が一枚岩で滑り易く、手掛かりに足掛かりを求めての四輪駆動^^)
ピラミッド・ピークから辿る事1時間で三等三角点(何故か点名は前穂高^^)建つ西穂高岳山頂。

ケルン建つ
時折視界が開けると上高地が
西穂・丸山

勿論、360度の大展望を楽しもう。行く手には間ノ岳・天狗ノ頭・ジャンダルム・奥穂高岳へと続く
エキスパートルート。右には前穂高岳へと繋がる吊尾根。更に右手には蓼科山から八ッ岳連峰
富士山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳・塩見岳等の南アルプスに木曽駒ヶ岳・空木岳等の

沢山の登山者と
再び西穂山荘へ
笠ヶ岳も見え隠れ

中央アルプス。勿論、南に焼岳・乗鞍岳・御嶽山。南西に白山連峰。西に笠ヶ岳・抜戸岳・弓折岳
黒部五郎岳・双六岳・三俣蓮華岳・雲の平・鷲羽岳と、正しく名立たる名峰が一望出来る。昼食は
山荘でと重い腰を上げよう^^)下山は往路を更に慎重に戻り、未だに賑わうピラミッド・ピーク独標に

再び登山口に戻る
西穂高口
新穂高ロープウェイ乗場に戻る

再び立つ。独標直下の岩場も気を抜かずに下り丸山を見送って西穂山荘へと戻る。では西穂
山荘前で無事の登頂を祝って乾杯^^)混雑で臨時便13:55発のロープウェイに乗り込み下山。
帰路には近くの新穂高温泉"新穂高の湯"でまったり^^)高速上のSAで夕食後帰神しました。

再び登山口に戻る
西穂高口
新穂高ロープウェイ乗場に戻る
西穂高山頂から (↑クリックするとYouTube)
西穂高岳からの眺望と花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
裏銀座の山並みと槍ヶ岳 富士山・甲斐駒・白根三山 焼岳・乗鞍岳・御嶽山
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
オヤマリンドウ イワギキョウ トウヤクリンドウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system