日陰躑躅(ヒカゲツツジ) 向山連山(238.9m)

山行日 2012.4.21(月)晴時々曇
山域 丹波山地:兵庫県丹波市氷上町
コース 水分れ公園P(5分)観音堂登山口(60分)三の山(60分)向山三角点
向山三角点(60分)清水山(50分)凰翔寺登山口(10分)水分れ公園P
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約130m
総歩行時間 約4.5h(含む休憩・食事・撮影)
 
JR石生駅付近から見る向山連山
JR石生駅付近から見る向山連山
 
水分れ公園P
観音堂登山口
獣除けネット

桜の季節が終わりを告げる頃、ツツジの季節に変わり見たくなるのがレモンイエローの
ヒカゲツツジ^^)天気予報では今一つの空模様だが予報が外れ青空が広がってるので
急遽'07.4月以来久し振りの向山連山に出掛けましょう。水分れ公園Pに車を止めるが

コバノミツバツツジ咲く登山道
二の山
満開のコバノミツバツツジ

曇予報に翻弄されたのか意外と車が少ない。仕度を済ませ観音堂登山口へ。辺りの
桜は既に散り初めだ。僅かに登れば獣除けネット。ネットを開けて少し登れば今度は
獣除けのゲート。ゲートの先から急坂を登るが辺りにヤブツバキとコバノミツバツツジが

谷中分水界起点
三の山
初々しいヒカゲツツジ

コラボレーション。三の山迄は結構な急坂が続きます。直ぐに二の山。この辺りのコバノ
ミツバツツジは今が最盛期の様だ。10分弱で尾根に乗る。谷中の分水界起点だ。左は
日本海へ、右は瀬戸内海へと注ぐ中央分水尾根を歩く。三の山を過ぎるとお目当ての

四の山
バックは黒井城跡
深坂北峰

ヒカゲツツジが現れる。未だ咲き始めの初々しい花姿に一気にデジ亀モードだ^^)亜炭層
展望台を過ぎ、四の山手前では沢山の登山者が寛ぐ。四の山は北側が開けヒカゲツツジ
のバックに春日の街並みと黒井城山が望める。深坂北峰〜三角点に掛けてヒカゲツツジ

賑わう向山三角点
五の山
蛙子展望台

のトンネル。三角点では更に多くの登山者^^)早々に立ち去り五の山に向かう。此処でも
数人の登山者。格ピークには必ず誰か居るね^^)では、更に進んで蛙子展望台、蛙子峰
流石に此処迄来ると誰も居ないので遅めの昼食。良く晴れていた空も徐々に曇勝ちに。

蛙子峰
分岐
清水山

遅めの昼食を済ませ分水尾根へ続く譲葉山への分岐を右へ。更に水分れ公園への
分岐を見送り清水山方面へ。何度も小さくUp:downすれば電波反射板建つ清水山
此処から滑り易い急坂が続く。イルカ岩・亀岩等と名付けられた奇岩を横目にドンドン

イルカ岩
亀岩
和歌山からの団体

下ると、前方に二十数名の団体。和歌山からマイクロバスで来られたハイカーだろう?
向山連山のヒカゲツツジも随分とメジャーに成った物だ^^)タイミング良く先に進ませて
頂き尚も激下りで凰翔寺へと降り立つ。初々しいヒカゲツツジを楽しめた山行でした。

剣璽山
落葉積もる
凰翔寺へ
向山連山のヒカゲツツジ

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system