九輪草(クリンソウ) 三(御)嶽

山行日 2012.5.10(金)曇のち雨
山域 丹波山地:兵庫県篠山市
コース 火打岩登山口(60分)クリンソウ群生地(70分)御嶽道瀬利登山口(50分)火打岩P

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約200m
総歩行時間 約2.5h(含む休憩)
   
クリンソウ群落
クリンソウ群落
火打岩登山口の駐車場
御嶽道入口
民家の横を抜けて

午後から雨の予報。雨の降り出し前に三(御)嶽のクリンソウ散策に出掛けましょう。今回も
火打岩登山口から歩きます。一台も止っていない火打岩バス停前の駐車場に車を止めて
少し北へ歩けば火打岩登山口。民家の間を抜け畦道を辿れば獣害除けゲート。ゲートを

獣害除けゲート
植林の中を
新緑眩しい

開けて杉に檜の植林地に続く擬似木の階段道。植林地を抜けると芽吹き始めた新緑が
眩しい少しだけ急な尾根道に変ります。やがて平坦な道に成ると丸山水源地からの道と
合流します。この先暫くは緩やかな道を辿ります。林床のそこ此処にギンリョウソウが咲き

合流点
鳥居堂跡
群生地分岐

鳥居堂跡を通過すればクリンソウ群生地への分岐。落葉積もる道を下れば最初の群生地。
此処のクリンソウは未だ葉を展開したばかり。昨年に比べると1週間以上遅れている感じ。
上流へと辿れば次の群生地。此方はチラホラ咲きだ。近寄れない奥の群生地は既に沢山

最初の群生地
最奥のクリンソウ群生地
分岐に戻り

花開いている。最上部の群生地に行くと九厘と迄は行かないが、2-3厘の咲き上がり具合
撮影する内に雨がパラパラ降り出して来た。予報より随分と早い降り出しだ。御(三)嶽へは
登る気力も失せたので群生地を一回りして下山しましょう。来た道を戻りつつ他に咲く花は

右・丸山方面に
左・瀬利へ
空の石室

無いかとキョロキョロしながら歩くとコバノガマズミ、オオカメノキ、ウスギヨウラク見っけ。丸山
水源地分岐迄戻ると雨が上がった。歩き足りない分は丸山水源地方面へと行って見よう。
暫く荒れた道だがやがて瀬利への分岐。此処は瀬利へと左折すれば参拝道らしく石室が

植林地を下れば
林道の先に
瀬利御嶽道登山口

数ヶ所。でも何故か中に祀られてる筈の石仏が見当たらない?杉・檜の植林地を下れば
作業林道に降り立つ。鬱蒼とした杉・檜林を抜けると民家が見えて直ぐ獣害除けネット。
駐車地には瀬利集落を抜けて3km余りの車道歩きだが思わぬ場所にイチリンソウが咲く。

瀬利集落を抜けて
3km余りの車道歩き
車が増えてるP
三(御)嶽の九輪草(クリンソウ)と花達

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリンソウ クリンソウ クリンソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ウスギヨウラク ギンリョウソウ ヤマツツジ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
モチツツジ イチリンソウ シャガ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system