夏海老根(ナツエビネ) 若丹国境尾根

山行日 2013.8.28(水)晴時々曇
山域 若丹国境尾根:京都府:福井県
コース ○△峠(30分)若丹国境尾根:□△峠分岐(40分)○△□山
○△□山(40分)若丹国境尾根:□△峠分岐(30分)○△峠

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約250m
総歩行時間 約3.5h(含む休憩・食事)
 
○△峠
クヌギにコナラの尾根道
ブナが混じり

週末の豪雨以来一気に秋めいた週明け。今夏もナツエビネが見たくて若丹国境尾根へ。
尚、植生保護の目的から詳細は明記しません。車は狭い作業林道を駆け上がり登山口の
○△峠。珍しく一台の先客がいらっしゃる。峠の気温は22℃と汗っ掻きの私には有り難い
   
羊歯の海を
ピークを過ぎたナツエビネ
芦生杉も

石碑横から続く登山道はクヌギやコナラの雑木林、直ぐにブナ混じりの森に変わる。尾根
道を緩やかにUp:Down。歩き始めて直ぐにミヤマウズラ見っけ。更にナツエビネが咲いて
いるが何れも既に盛りを過ぎて変色し始めている。やはり1週間から10日遅かった様だ。
   
ヤマジノホトトギス
縦走路分岐
唯一の展望?

って、昨夏も同じ様な事を呟いてますね、学習能力の低下でしょうか^^)ヤマジノホトトギス咲く
羊歯の海を泳ぎユズリハの藪を抜け、小広いブナ尾根を辿ると若丹国境尾根縦走路□△峠
分岐に到着。左手へと辿れば□△峠方面。此処から若丹国境尾根を外れてやや右方向に

ユズリハの藪を
若丹国境尾根
○△□山山頂

進みます。マーカーも少なくて、踏み跡も薄いのでGPSと地形図&コンパスで位置確認を
しながら進む。ブナの木に芦生杉が混じる森の林床の彼方此方にミヤマウズラ。こんなにも
群生しているのを見るのは初めてだ。相変わらず畝る様に続く尾根には見頃のナツエビネも

唯一の標識?
ブナの古木
峠に戻る

咲き何度も立ち止まります。やがて三等三角点建つ○△□山。山頂は樹林に囲まれ周りは
見え無いが、渡る風が心地良くのんびり昼食を楽しむ。帰路には同じ道を戻りますが、迷い
易い枝尾根に気を付けながらの下山です。この季節に関わらず汗も掻かずの山行でした。

若丹国境尾根に咲くナツエビネと花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ナツエビネ ナツエビネ ナツエビネ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ナツエビネ ミヤマウズラ ヤマジノホトトギス
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system