早春花探し・・・ 金剛山(花のカトラ谷)

山行日 2014.4.19(月)晴のち曇
山域 金剛山地:大阪府千早赤阪村・奈良県御所市
コース 金剛登山口BT〜カトラ谷・ワサビ谷〜国見城跡〜ちはや園地
ちはや園地〜遊歩道〜国見城跡〜タカハタ道〜金剛登山口BT

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約600m
総歩行時間 約5.5h(含む休憩・食事・撮影)
  
金剛山ハイキング切符
バス待ちの登山者
金剛登山口バス停

早春の花々に期待して金剛山での花詣でに金剛山ハイキングきっぷで出掛けましょう。
河内長野駅前でバスに乗り込みますが快晴の休日なのに意外と乗客は少ないですね。
30分程で金剛登山口BT到着。何時もの様にカトラ谷を目指し林道を辿る。カトラ谷へと

登山口の桜は散り初め
左折して黒栂谷へ
カトラ谷口

続く林道脇にはタチツボスミレ・ミツバツチグリが満開。おっとヒトリシズカ見っけ。何時もの
場所にはエイザンスミレ。カトラ谷口にはヤマルリソウ・スズシロソウ。随分と荒れた沢筋に
沿って上流へと辿ります。早速のシロバナネコノメソウは既に赤い杓を落とした花も有るが

小滝の横から
随分荒れた沢道
梯子場を上り

上流へと辿れば見頃。未だお眠むのミヤマカタバミ。コガネネコノメソウ・チャルメルソウに
咲き始めたばかりのニリンソウ。ユキザサは蕾だね。おっとトオゴクサバノオ見っけ。水場の
気温は8℃と低い。更に上流へと辿ったニリンソウの群生地は開花の準備中。GW頃には

カトラの水場
ニリンソウ群生地を目指して
ニリンソウ群生地は開花準備中

きっと白い絨毯模様が見られるだろう。代わりに一足お先にとキンキエンゴサクが満開。
サイコクサバノオ・エンレイソウは初々しい。少しの寄り道でヤマシャクヤクは蕾を膨らませ
ているがクリンソウは芽吹き前だ。ゆっくりの花散策で国見城跡へ。賑わう国見城跡からの

賑わうの国見城跡
ブナ林越しに葛城山
一の鳥居を潜ってダイトレへ

展望は春霞で全然ダメ。期待した裏参道のカタクリはチラホラ。やはり今冬の寒さの影響?
ブナ林越しに見える葛城山も後一月も経てば真っ赤に燃えるだろう。一の鳥居からダイトレ
経由でちはや園地。エイザンスミレ・シハイスミレが林床を彩る。展望台から見える筈の大峯

ちはや園地へ
ちはや園地のカタクリは満開
疎らな金剛輪寺前広場

山系は霞が酷い。コバノミツバツツジは咲き始め、今年のシャクナゲは蕾が多いね。ちはや
園地のカタクリは今が盛り。シラネアオイも咲き始めてる。帰路にはロープウェイ駅前から続く
遊歩道を使って国見城跡へ戻る。遊歩道にもトウゴクサバノオ・ハルトラノオ・カタクリが咲く。

六地蔵に見送られ
腰折滝
林道へ降り立つ

賑わってた国見城跡は人影も疎ら。下山に高畑道を選択し六地蔵に見送られ沢迄降りると
蕾のイチリンソウにフデリンドウ・チゴユリ見っけ。腰折滝迄下ればもう僅かで黒栂林道。満車
だったPの車に人影も今は疎ら。16:35発の河内長野行きのバスに乗り込み、帰神でした。

金剛山:カトラ谷・ちはや園地の花達

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヒトリシズカ エイザンスミレ ヤマルリソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロバナネコノメソウとニリンソウ トウゴクサバノオ サイコクサバノオ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
コガネネコノメ ヤマシャクヤク(蕾) カタクリ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ハルトラノオ キンキエンゴサク フデリンドウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
カタクリ(ちはや園地) キクザキイチゲ(ちはや園地) シラネアオイ(ちはや園地)

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system