明智光秀築城:金山城址&スプリングエフェメラル

山行日 2015.3.23(月)晴時々曇
山域 多紀アルプス:兵庫県篠山市
コース 金山登山口(25分)大乗寺分岐(10分)園林寺跡(10分)金山城址
金山城址(5分)鬼の架橋(10分)大乗寺分岐(20分)大乗寺(20分)金山登山口

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約300m
総歩行時間 約2.0h(含む撮影・休憩)
 
南麓の集落から見る金山(金山城址)
南麓の集落から見る金山(金山城址)
アクセスルート
淡路鳴門道:神戸西ICから中国道経由舞鶴道:丹南篠山IC下車。R176を走って篠山市追入へ
金山城
天正六年(1578)9月から翌年10月に掛けて織田信長の命を受け、丹波制圧に乗り出した明智光秀に因って
多紀郡・八上城主:波多野秀治と氷上郡・黒井城主:赤井直正との連携を断つ為に築かれた山城。
 
麓から見る金山
登山口の神社
金山城址案内板

大混雑するお彼岸のお墓参りを一日遅らせ済ませてからの山歩き。従って遠くへは行けない。
って事で11年振りに山頂に金山城址残る金山を歩こう。舞鶴道・丹南篠山ICからR176を北へ
走り登山口の追入を目指す。追入神社手前の空地に駐車し神社横の登山口から登りましょう。

観音堂
鳥居とネットフェンス
ネットゲートを開けて

立派な石灯籠から九十九折れの道を登ると赤坂山観音堂と立派な鐘楼が建つ。観音堂横から
古道を進むと獣避けフェンスと石鳥居。フェンスを開けて進めばひと登りで十字路。左も正面も
大乗寺からの道。此処を右手に進めば直ぐ傍にはNHKの共同アンテナが建つ。南方面への

十字路
NHK共同アンテナ
大乗寺分岐

切り開きがあり足下にR176に篠山盆地。暫く緩やかな尾根道を歩く。再び大乗寺分岐。その先
九十九折れの道を辿ると平坦地。左手に立派な石垣は園林寺跡。金山城址へは石段横から。
僅かで馬場跡に出る。直線にしても僅か100m足らずだ。馬場跡からは直ぐに左・鬼の架け橋へ

園林寺跡
馬場跡
分岐

直進・金山(城址)。右に瓶割峠・トンネルへの分岐。取合えず山頂に向かう。分岐から僅かな
登りで金山山頂。山頂に立つと北に黒井城趾、南東に八上城趾への標識。両城間の連絡を
断つには最適の場所。山頂から残存する古い石垣からホンの少し下ると奇岩、鬼の架け橋。

金山城址
残る石垣
鬼の架け橋

岩間を覗くと鐘が坂峠の柏原側が伺える。おっと、近くの岩場にヒカゲツツジの蕾見っけ^^)
強く香るのはヒサカキ。帰路には大乗寺へと向かう。直ぐに視界が開けると大規模伐採地。
何でも平成16年の台風23号に因る災害復旧工事だそうだ。早くも崩れ始めた作業林道を

伐採地
崩れる林道
大乗寺

下れば大乗寺。大乗寺前から続く舗装路を辿り駐車地に戻る。その後には市内の花園で
終盤のアズマイチゲ・キクザキイチゲ。見頃続くユキワリイチゲ・ヒロハにキバナノアマナ。
咲き始めたニリンソウ・ジロボウエンゴサク・ミヤマカタバミ等々の早春花鑑賞で帰宅です。

金山(金山城址)から
金山(金山城址)から
篠山のスプリングエフェメラル
↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ユキワリイチゲ アズマイチゲ キクザキイチゲ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヒロハノアマナ キバナノアマナ ニリンソウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system