日陰躑躅(ヒカゲツツジ):三尾山(586m)

山行日 2008.4.21
山域 丹波山地:兵庫県:氷上市
コース 中山登山口(50分)前三尾分岐(往復10分)前三尾
前三尾(20分)三尾山(10分)佐仲峠分岐(20分)覗岩
覗岩(40分)鏡峠(30分)中山(20分)中山登山口
標高差 約400m
総歩行時間 約4.0h(含む休憩)
   
麓の春日町から望む三尾山
麓の春日町から望む三尾山
案内標識
獣除けゲート
高架下に

05年筱見四十八滝、06年、07年向山に続き、今年は春日の三尾山へ、ヒカゲツツジを求めて
出掛けましょう。舞鶴道の春日ICを降り、国道175号線から県道69号線へ。登山口の中山口を
目指し南下。県道脇には三尾山登山口への大きな案内看板。標識に従い右折し、集落奥へ。

簡易舗装路
小広い広場
橋を渡ると

登山口手前には獣除けゲートが有りますが閂を開けて中へ入ります。更に奥へと進むと舞鶴道
高架橋下。車は此処に止めて歩き出します。暫くは簡易舗装された作業林道を緩やかに登ると
小広い場所が出て来ました。ピストン山行なら此処に車を置けばチョッと近いですね。この先から

小滝流れる
大日如来?
急勾配の岩尾根

登山道らしく杉林の中に続く細い道を、沢に沿って登ります。砂防堰堤を越え尚も登ると対岸に
小屋が見えて来ました。近付いて見ると比較的新しい小屋です。小屋横の岩場にはハーケンが
打ち込まれていますね。更に登ると沢の出合。出合には小さな滝が二筋流れています。直ぐ

ヒカゲツツジ
前三尾分岐
やれやれ地蔵

上にも小屋が建っていますが、登山道は右手の沢へと向きを変えています。この先も杉林の
中を登り、やがて沢から離れると岩の道へと変わります。山頂迄650m標識先には、お目当て
のヒカゲツツジがチラホラと咲いていますね。更に登ると花数も増えて来ました。やがて前三尾

前三尾山頂
足下には
中三尾分岐

への分岐鞍部。先ずは前三尾へ向かいましょう。僅かに5分も歩けば前三尾。北側の展望が
開けています。鞍部に戻る途中にやれやれ地蔵に立ち寄り、取って返して三尾山へ向かい
ます。100m程進むと、中三尾への分岐ですが此処はパス。小さなピークを2・3度超えれば

三尾山山頂
佐仲峠へ
分岐

三尾山山頂。山頂には三尾城址の石碑。展望は少し木立が邪魔する物の、グルリ360度^^)
少し早いですが昼食タイム。暫しの展望を楽しみ真っ直ぐ佐仲峠分岐へ向かいます。アセビ
咲く、急な尾根を下ると、途中の岩場からは尾根の北側がレモンイエローに染まっているのが

覗岩
鏡峠
不動明王

見えました。満開のヒカゲツツジです^^)この先、鞍部で今日始めての登山者に出会いました。
挨拶がてら話をすると佐仲峠から来られたとか。再び登り返すと左手斜面には見事なまでに
咲き連なったヒカゲツツジ^^)此処迄よりもこちらの方が断然多い様ですね。この先は岩尾根を

作業林道
ゲート
国領温泉

小さく何度かup.downを繰り返します。やがて覗岩に到着しました。この辺りのヒカゲツツジは
見事な迄に満開^^)振り返れば三尾山の岩峰の姿も印象的です。覗岩を過ぎると岩尾根道も
終わりに近付き、雑木林の中を歩くようになりました。所々に分岐が現れますが何れも佐仲峠
へと続いているようです。やがて右手に大きく方向を代えると鏡峠は近い。此処、鏡峠は古く

からの交流道?広く明るい峠道です。此処を左(北)に折れ登山口の中山集落へ戻ります。
杉林の中を緩やかに下ると突然、広い作業林道に代わります。後は灌漑用溜池横の獣除け
ゲートを潜り、集落の中を高架下へと戻りました。下山後のお楽しみは"国領温泉 助七"で!!

クリックすると別画面
クリックすると別画面
クリックすると別画面
クリックすると別画面
クリックすると別画面
クリックすると別画面
写真をクリックすると別画面で見られます、 閉じる時は×をクリックして下さい。

前三尾から北側を望む
前三尾から北側を望む

inserted by FC2 system