花咲く山へご一緒に!! スズラン 入笠山(1955m)

山行日 2005.6.24
山域 南アルプス:長野県:長谷村.山梨県:富士見町
コース 大阿原湿原周回コース(60分)
入笠湿原周回コース(40分)
御所平登山口(20分)入笠山(20分)御所平登山口
標高差 約160m
総歩行時間 約5.5h(休憩も含む)
   
クリックするとわいどびゅう
大阿原湿原
大阿原湿原 サギスゲ揺れる湿原 本州で最大のスズランの群生地。長野県:長谷村と
山梨県:富士見町にまたがり南、北、中央アルプスや
八ヶ岳、遠くに富士山、足元には諏訪湖を望む

標高1955mの入笠山ですが、標高1800m迄
ゴンドラや車で上れ、手軽に眺望を楽しめ数多くの
山野草が咲く素晴らしい山です。アプローチは
中央高速道諏訪南ICで降り、富士見パノラマリゾートを
目指します。沢入登山口を過ぎ、尚も登ると大阿原湿原に
到着します。大阿原湿原は標高1810m付近にあり

南側の戸台へ流れる黒川の源流で、南信州では
数少ない湿原の一つ、更に高層湿原の南限と云われ
ています。3億年前に形成された秩父古生層の上に
テイ沢との分岐 苔むしたシラビソ林
入笠湿原 木道の先には 長い年月を掛けて湿原化したそうです。入口から右手に
向い木道を歩くと、明るく開けた湿原が広がっています。
湿原には風に揺れる無数のサギスゲ、鮮やかな

朱色のレンゲツツジ、水の流れのある所にはクリンソウが
咲き、新緑との対比が美しい。大阿原湿原はグルリ一周
しても1時間程でした。此の後、本州で最大のスズランの
群生地、入笠湿原に移動しました。此方は緩やかな斜面に
囲まれた窪地状の湿原、緑色の絨毯の中に白樺の
白い幹と、鮮やかな朱色のレンゲツツジ、黄色いキンポウゲ

青紫のアヤメと色の対比が素晴らしい。処でスズランは
何処?と見ると、足元の大きな緑の葉に守られ
隠れるように咲いています。驚きは斜面一面がスズランの
湿原を彩る白樺やレンゲツツジ 一見緑の絨毯、実はスズランの大群生
クリックするとわいどびゅう
入笠湿原
入笠山登山口 滑り易い岩を越えると 群生です。総数3万株も有るそうです。山彦荘の前庭には
珍しいアツモリソウやキバナノアツモリソウ、ハクサンコザクラ
ルピナス等が咲いています。入笠湿原もグルリ1周の後

マナスル山荘前へ向い入笠山を目指します。登り始めは
滑り易い岩の道ですが、僅かに登れば樹林の中に続く
緩やかな道に変わります。足元にはベニバナイチヤクソウ
ツマトリソウ、スズランが咲き、斜面にはレンゲツツジの
朱色が映えています。此の先少し滑り易い斜面を登り
大阿原湿原からの道と合流すると後、僅かで山頂です。

山頂からは見通し良ければ南、北、中央アルプスや
八ヶ岳、富士山等、グルリ360度の景色が楽しめる
展望台なのですが、生憎今日は霞が酷く直ぐ近くの
登山道もレンゲツツジに彩られ 入笠山山頂
入笠牧場のゲート 北沢峠入口の戸台 八ヶ岳や仙丈ヶ岳が微かに望めるだけでした。山頂には
東京から来たと云う、高校生の団体が登って来たので
一度に賑やかになり、此方は早々と引き上げました^0^)

登山口迄戻り、木陰で昼食を摂り、此の後長谷村に
向かう為、入笠牧場のゲートを抜け小黒川源流に
沿って続く黒川林道を、南アルプス北沢峠への
入山口である戸台に向け、一路南下しました。
 入笠山山頂から八ヶ岳を望む:左.蓼科山から右.最高峰の赤岳迄望めます。
入笠山山頂から八ヶ岳を望む:左.蓼科山から右.最高峰の赤岳迄望めます。

 本州最大の群生地・入笠山:スズラン(ユリ科)
スズラン スズラン スズラン群生
入笠山の花達へは此方から

inserted by FC2 system