花咲く山へご一緒に!!:ヤマシャクヤク 金剛山(1125m)

山行日 2005.5.21
山域 金剛山系:大阪府:奈良県
コース 登山口(30分)カトラ谷コース;カトラ谷入口(80分)国見城址
国見城址:転法輪寺:葛木神社(10分)ダイヤモンドトレイル
(30分)ちはや園地(10分)自然歩道:国見城址(30分)

国見城址(10分)タカハタコース(60分)登山口
標高差 約870m
総歩行時間 約7.0h(休憩も含む)
 
麓から見る左:大和葛城山.右:金剛山
麓から見る左:大和葛城山.右:金剛山
  
高城茶屋前を左へ 車止めを直進 花の季節の移ろいは予想以上に早く、既に春の花から
夏の花へと変わり始めています。今回は金剛山にも咲く
ヤマシャクヤクやクリンソウを求めて、カトラ谷を歩いて

見ました。何時もの様に"まつまさ"前に車を止めます。
高城茶屋前を左に曲がり、黒栂谷方面に向います。
暫くは林道をノンビリ歩き、車止めが見えますが此処は
真っ直ぐ進み橋を渡ります。登山道は右にカーブしながら
続き、右手の砂防ダムを見送り、更に進むと橋が現れ
此処を左に曲がり、尚も続く林道を歩きます。暫くすると

舗装された林道が右に曲り、ホンの少しで終点です。
此処迄の途中には、黒栂谷方面やわさび谷方面への
分岐が有るので間違わない様に進みましょう。
真っ直ぐ進むと黒栂谷 沢に降りて渡ります
左を高巻く 右を高巻く 林道終点から沢に降り、直ぐに沢を渡ります。少し行くと
左にわさび谷へ行く道が有りますが、見送りましょう。
更に進むと小さな滝が現れ、その滝の左を登りますが

足場は滑り易い岩場なので注意しましょう。この先で
谷は土砂や倒木で塞がれていますが、左に踏み跡が
有るので確かめながら進みます。この先更に悪路が
続くので慎重に行動して下さい。次に現れる滝は
右手を高巻きますが、登山道が一部崩壊し危険です。
更に先には、滑り易い岩が剥きだしていますがロープ

が掛けられているので使えば大丈夫です。此処を
過ぎると右から谷が合流しますが、左に向います。
此処から少し先に岩の間から水が湧き出ている水場に
ザレ場 水場
クリンソウの群落 振り返ると 到着です。辺りには盛りは過ぎているがニリンソウや
今が盛りのヒナギキョウ、ユキザサ、ヤマブキ等が
咲き誇っています。此処から登山道は左へと方向を

代えながら更に傾斜が増します。暫く登ると倒木が
現れ、此処からクリンソウの自生地に寄り道します。
足元に気を付けながらガレた沢を登ると、小さな谷
一杯にピンク色のクリンソウが見頃になっています。
更に谷を詰めると、木の根を掴まないと登れないような
凄い傾斜の斜面には、お目当てのヤマシャクヤクの

白い可憐な花が其処此処に咲いています。既に結実して
いる花も見られますが、十分堪能する事が出来ました。
そのまま登ればタカハタ道に合流し、僅かで国見城址に
六地蔵 国見城址
転法輪寺 葛木神社 到着です。金剛桜は既に散っていますが、八重桜は
咲き残り、隣の転法輪寺境内にはクリンソウ、ニリンソウ
ジュウニヒトエ、スズラン、スノーフレーク、ハナカイドウ

等々沢山の花が咲いています。此処からは葛木神社を
周り、ダイトレを通りちはや園地へ向います。途中の
見晴台からは、少し曇っている物の大峰山系が望め
東の南葛城山や岩湧山も良く見えます。ちはや園地に
立寄ると、期待したシラネアオイは既に散っていますが
アギスミレ、ユキモチソウ、ヤマブキソウ、コバノガマズミ

アヤメ更にクロユリ等の花が咲き、帰り道に選んだ金剛
自然遊歩道ではシャクナゲ、ヤマツツジが見頃でした。
その後、金剛自然遊歩道を通り、転法輪寺にお参り後
ダイトレ ちはや園地
タカハタ道 直ぐ先に黒栂林道 下山には国見城址から東に派生する、タカハタ道を選び
杉林の尾根道をひたすら下り、途中にある腰折れの滝を
過ぎると、下り着いた所が水道施設の建物横でした。

後は車止めのゲート前からは登りに使った、黒栂林道と合流し
車を止めている"まつまさ"前に戻りました。今回お約束の
温泉は、夕刻より所用がある為、立寄りませんでした。
腰折れの滝 ちはや園地から望む大峰山系
ちはや園地から望む大峰山系
腰折れの滝
クリックするとわいどびゅう(パノラマ)
山頂展望台から大峰山系を望む

 カトラ谷を彩るヤマシャクヤクとクリンソウ
クリックすると別画面
クリックすると別画面
クリックすると別画面
クリックすると別画面
写真をクリックすると別画面で見られます、 閉じる時は×をクリックして下さい。

その他今回出逢った花達
オウギカズラ ユキザサ ニリンソウ
オウギカズラ(シソ科) ユキザサ(ユリ科) ニリンソウ(キンポウゲ科)
ミヤコアオイ チゴユリ フタリシズカ
ミヤコアオイ(ウマノスズクサ科) チゴユリ(ユリ科) フタリシズカ(センリョウ科)
ミツバウツギ ヤマブキ ツクバネソウ
ミツバウツギ(ミツバウツギ科) ヤマブキ(バラ科) ツクバネソウ(スイカズラ科)
転法輪寺:ちはや園地で出逢った花達
セイヨウジュウニヒトエ スズラン スノーフレーク
セイヨウジュウニヒトエ(シソ科) スズラン(ユリ科) スノーフレーク(ヒガンバナ科)
オオナルコユリ ハナカイドウ シャクナゲ
オオナルコユリ(ユリ科) ハナカイドウ(バラ科) シャクナゲ(シャクナゲ科)
ユキモチソウ ヤマブキソウ イモカタバミ
ユキモチソウ(サトイモ科) ヤマブキソウ(ケシ科) イモカタバミ(カタバミ科)
ヤマツツジ アヤメ クロユリ
ヤマツツジ(ツツジ科) アヤメ(アヤメ科) クロユリ(ユリ科)
inserted by FC2 system