播磨アルプスの岩尾根を歩く:桶居山(248m)

山行日 2008.9.28
山域 播磨アルプス:兵庫県高砂市:姫路市
コース 市ノ池公園(25分)高御位山縦走路(10分)桶居山分岐(90分)桶居山
桶居山(15分)斉藤山(50分)深志野登山口(20分)国道御着
標高差 約250m
総歩行時間 約4.5h(含む休憩)
   
麓の御着付近から見る桶居山
麓の御着付近から見る桶居山
市の池公園
バーベキューサイトを抜けて
縦走路を見上げる

南海上の台風15号が秋雨前線を押し上げ、予想より早く天気が崩れそう^^)成らば手軽に近場の
山へと出掛けます。行き先は以前から気に成っていた播磨アルプス西端の桶居山。"おけいやま"
とも"おけすえやま"とも呼ばれています。登山口は鹿島神社横の市ヶ池公園。同行のFUN氏と

高御位山への登山口
岩尾根
縦走路分岐

JR加古川駅で待ち合わせ、彼の車で登山口へと移動。市ノ池公園に車を止めて歩き始めます。
芝生広場からバーベキューサイトを抜けて高御位山登山口へ向かいます。潅木茂る登山道は思い
の外、急傾斜^^)足元は白っぽい凝灰岩特有の一枚岩。登るに連れて足下に可憐なキキョウが咲く

振り返れば市の池が
東には高御位山が
一枚岩の尾根

20分少々も登れば高御位山縦走路に飛び出しました。振り返れば車を止めた市ノ池公園やその
奥に鹿島神社。遠くに播磨灘に浮かぶ家島群島。眼を凝らせば小豆島も確認出来る^^)桶居山には
左、鷹ノ巣山へと向かうのですが、何故か勘違いして右、高御位山へと向かってしまった^^)お陰で

桶居山分岐
鞍部へ下り
黒松茂る尾根道

30分ものロスタイム!?慌てて戻り鷹ノ巣山へ向かいます。鷹ノ巣山への長〜い岩尾根を登り、山頂
僅か手前に桶居山への案内標識。案内標識に従い北へと向きを変え下り始めます。下り切ると辺り
の様子は一変。背丈の低い黒松主体の潅木帯。お陰で此れから向かう桶居山へのルートが一望。

遠くに桶居山が
麓にはクレー射撃場
人面岩?

但し、此処からは桶居山の全容は望めません。この先潅木茂る岩尾根を小さく何度もup:down。
時折、左手から銃声が聞こえるのが興醒め^^)麓のクレー射撃場の銃声だ。そのクレー射撃場を
回り込む様に歩けば人顔に似た大きな岩^^)この先、少し登った所で二人の御婦人と出会った。

鞍部に下り
此処は左へ
岩尾根の道

桶居山への道を訪ねられご一緒する。一度大きく下ると薄暗い雑木林の鞍部。此処を左へ折れ
直ぐに右に折れると巡視路のプラ階段。階段を登り振り返れば高御位山が随分遠くに見えます
この先、一枚岩の尾根を登り切ると右手に桶居山の全容が見えて来ました。低山ながら見事な

振り返れば遠くに高御位山が
ピラミダルな桶居山
桔梗咲く

三角錐。高御位山が播磨富士なら桶居山はさしずめ播磨槍^^)そのピラミダルな姿に登高意欲を
そそられます^^)右手に見える鉄塔へと下り、桶居山手前の小ピークへと再び登り返した所で少し

遅めの昼食。この辺り2000年夏に山火事があったとか?そう言えば辺りの木々に焦げ跡が伺える

見事な三角錐
斜度40度???
桶居山山頂

昼食後、最後の鞍部へ下りますが、辺りに桔梗が花盛り、これ程数多く咲く野生の桔梗は初めて
さあ、いよいよ山頂へ最後の登りですが、斜度40度は有ろうかと思える程の急傾斜^^)グリップ利く
岩場なので意外と簡単に山頂へ。先客は3人、高御位山縦走路に比べれば遥かに少なく静かだ

達磨落しに似た岩
斉藤山へ
夕陽丘への分岐

山頂は360度の展望ですが、低気圧が近付いてるからか?遠くは見通せない。その足で更に西へ
達磨落しに似た岩を抜け、痩せ尾根を下ると鉄塔。鉄塔下を潜り少しでY字路。右に下ると夕陽丘
此処はやや左へ取り斉藤山?へ登り返せば今コースのハイライトは終了!!此処からは雑木林に続く

年季の入った標識
突然住宅地へ
案内標識

尾根を緩やかに下ります。最後の展望地を過ぎれば急傾斜の道が麓の住宅地へと続いています。
随分下れば年季の入った標識。やや左へ下れば竹林。竹林を抜ければ唐突に街中に降り立つ^^)
降り立った通りには深志野バス停。心配していた雨が降り出しそうでタクシーに乗る為、国道へと

南に向かいます。近くの店でタクシーを呼んで頂き、鹿島神社へと戻りました。御同行の御婦人方は
ガイド料だと言って、タクシー代を受け取って頂けませんでした。この場でお礼申し上げます。

クリックするとわいどびゅう
桶居山から180度:クリックするとわいどびゅう
桶居山の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
キキョウ ツリガネニンジン オミナエシ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system