里山は枯れ色モザイク:古法華自然公園(加西アルプス)

山行日 2011.12.4(日)晴時々曇
山域 兵庫県:加西市
コース 古法華寺〜笠松山(25分)〜善防山(50分)〜古法華寺(60分)
標高差 約150m
総歩行時間 約2.5h(含む休憩:食事)
   
笠松山・南側の岩尾根から
笠松山・南側の岩尾根から
古法華寺P
六地蔵前から
古法華寺

日々の最高気温が5℃以上もの乱高下で始った師走。お天気も回復した週末に近場へと。
加西への車中から見える里山は既に枯れ色のモザイク模様だが、朝陽に映えて綺麗だね。
古法華自然公園への標識を左折し、狭い切通しの道を通って古法華寺Pへ。既に満車近い

展望台への標識
七福神の石像横から
凝灰岩の岩場

がスペースを見付け駐車です。古法華寺へ続く参道には沢山の石仏と、今が見頃のモミジ。
隣の収蔵庫には白鳳時代の日本最古の石仏(石造浮彫如来及両脇侍像:国重要文化財)が
納められている。笠松山へはお寺の裏側、七福神の石像脇から登ります。播磨の周辺には

ツツジの返り花
分岐標識
笠松山が

○△アルプスと名付けられた山域が多いが、此処も加西アルプスとも呼ばれている。総じて
流紋岩質凝灰岩が共通点だろうか?一登りで善防山からの道と合流し笠松山頂へは左だ。
登山道脇にはコバノミツバツツジやモチツツジの返り花が咲き、小ピークを乗り越せば眼前に

鎖場を越えて
山頂の展望台
三等三角点

綺麗な三角錐の笠松山。少し下って鎖場を登り返せば三等三角点と展望台が建つ山頂。
山頂からは北に笠形山・千ヶ峰、東に六甲山系、南から西に淡路島・小豆島と播磨灘等と
360度の大展望だ。展望を楽しんだら分岐へと戻り、吊り橋から善防山へと向かう。右手に

採石場が
向こうに善防山
岩壁にはクライマー

六甲連山を背にしたピラミダルな善防山。潅木茂る登山道を少し下れば前方奥に長石
(おさいし)採石場。更に岩場を下れば右下には古法華寺駐車場。前方の鯨の背の様な
岩尾根へと回り込むと、右手下の採石場跡の岩壁にクライマーが数名取り付いている。

磨崖仏
吊り橋と鎖場
笹と潅木の道

岩尾根上部には比較的新しい大きな磨崖仏。更に少し進めば古法華名物^^)の吊り橋。
鎖場を下れば吊り橋を渡る数名の登山者と擦れ違う。案外と揺れる高度感ある吊り橋を
渡れば善防山への取り付き。此方は今迄と違って笹や潅木の道。やがて尾根に乗ると

左が善防山
善防山山頂
周回コース分岐

左へ。直ぐに下山コース分岐を左に見送り、暫くは急斜度の道を登れば丸岩の小ピーク。
更に僅かに登れば善防山山頂。山頂は樹林の中で全く展望なし。三人の先客は食事中。
挨拶を済ませ直ぐ取って返し周回コース分岐へ。鞍部へ小さく下り再び登り返せば前から

P220m
馬の背
笠松山と自然公園

ビーグル犬二頭。その後から飼い主が現れ挨拶を交わす。小ピークを三度のup:downで
P220m。右手に笠松山から古法華寺と古法華自然公園が一望。下山には馬の背を渡り
少々ザレた道を下って野鳥の森を抜けて大柳ダムへ。後は遊歩道で古法華寺Pへ戻る。

馬の背
大柳ダムへ
遊歩道で
笠松山頂から360度パノラマ(クリックするとわいどびゅう)
笠松山頂から360度パノラマ(クリックするとわいどびゅう)
古法華自然公園の紅葉と返り花
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
六地蔵とモミジ 石仏と紅葉 ドウダンツツジのトンネル
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
コバノミツバツツジの返り花 モチツツジの返り花 ヤマツツジの返り花
inserted by FC2 system