秋の高原巡り・峰山高原:夜鷹山:砥峰高原

山行日 2012.10.8(月:晴/曇)
山域 兵庫県:神崎郡神河町
コース 峰山高原・暁晴山&リラクシアの森周回〜夜鷹山〜砥峰高原周回
標高差 累積約300m
総歩行時間 約4.5h(含む休憩)
   
砥峰高原全景
砥峰高原全景
暁晴山登山口
ゲートを潜って
舗装されたハイキング道を

三連休最終日はススキが見頃だと地元紙に掲載され混雑するだろうが砥峰高原へ^^)先ずは
峰山高原・暁晴山からリラクシアの森へ。連休最終日だからなのか?Hリラクシアは混雑気味
登山者用のPに駐車して暁晴山へ向かいます。ススキにノコンギクが咲く舗装された遊歩道を

暁晴山山頂
山笑う登山口へ
リラクシアの森

歩き30分程で暁晴山山頂。360度の大展望も北部方面は雨雲に遮られてる。山頂には
センブリが咲く。下山は山笑う登山口へ向かうが、新しい林道で登山道は分断されてる。
そのままリラクシアの森を周回し、アケボノソウ・サワギキョウ・ホトトギス・オタカラコ等確認。

夜鷹山登山口
鹿除けネットに沿って
山腹を回り込み

2時間程の散策を終え夜鷹山へと移動。基幹林道峰山線の登山口から植林地を登ると
一面に鹿除けネット。ネットを潜る事4-5回で植林地から抜ける。右手には先程歩いた
暁晴山にリラクシアの森が広がる峰山高原が一望出来る。最後の鹿除けネットを潜ると

峰山高原が
最後のネット
山頂の展望台

木製の展望台建つ夜鷹山山頂。展望台に上がるが年々回りの樹木が成長するのか
見晴らしは良くない。下山には同じ道を辿り、車に乗り基幹林道峰山線で砥峰高原へ
行き交う車が多くなり砥峰高原P付近は大混雑^^)車が溢れて路上駐車も多数あるが

駐車場は大混雑
とのみね自然交流館
新しい撮影場所案内看板

タイミング良く空いた場所に止める。今まで何度も訪れた砥峰高原ですが此れだけの車と
人並みは初めて^^)新しく大河ドラマ:平清盛ロケ地との看板も設置されてる。此処2-3年で
一気の観光地化は一寸複雑な心境ですが、その分手入れが行き届きススキの植生も回復
傾向なのは良い事なのでしょう。2時間程の周回散策を済ませ賑わう砥峰高原を後にする

凄い人並みが
撮影場所案内看板
俯瞰すれば


砥峰高原&峰山高原に咲く花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
センブリ サワギキョウ アケボノソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
リンドウ ウメバチソウ アキノタムラソウ
inserted by FC2 system