2012:初登りは干支の山 竜王山

山行日 2012.1.4(水)曇時々晴一時小雪
山域 兵庫県:宝塚市大原野
コース 西谷ふれあい夢プラザ〜竜王神社(40分)〜大原野竜王山(20分)
大原野竜王山〜ソエ谷峠(30分)〜西谷ふれあい夢プラザ(60分)
西谷の森公園〜布見竜王山(30分)〜黒岩展望台(10分)〜西谷の森公園(30分)
標高差 両山で約600m
総歩行時間 約4.5h(含む休憩:食事)
   
明神山・南麓の神種集落から
大原野竜王山・西谷の森公園展望台から
西谷ふれあい夢プラザ
分岐は左へ
ごろく山里

辰年の初登りにはやっぱり干支の山でしょ。で、宝塚は西谷地区には大原野・布見・長谷と
三つもの竜王山が在ると知り出掛けます。先ずは西谷ふれあい夢プラザに車を止めて北側
を東へ。農道を歩けば三叉路で左へ。直ぐに"ごろく山里"の看板。此処は桜等が植樹され

判り難い登山口
B・Cコース分岐
赤い鳥居が

散策路を登ります、が、その先に続くはずの登山道が良く判らない?何時の間にか果樹園を
通り抜け麓に下りてしまった。仕方なく野良仕事の方に尋ねると車で再び"ごろく山里"へ^^)
道は登り切った右手の笹薮に続いていたんだ^^)お礼を述べ、気を取り直して笹薮を潜れば

竜王神社
此処から奥へ
踏み後薄く

確りとした道が続いていた。只、落葉積もる急坂で登り難い。それでも僅かに15分少々で
八大竜王が祀られる竜王神社。八大竜王は雨乞いの神様で昔は田植え前に良く参られた
そうだ。竜王山へは祠の左手後から。この先に分け入る人が少ないのか?踏み跡は薄い。

大原野竜王山山頂:365.6m
テープとGPSで
羊歯茂る

迷い易いが要所の赤テープを追っ掛ける。一旦小さく鞍部に下り、再び登り返せば四等
三角点建つ竜王山山頂。展望も無いので先に続くソエ谷峠に向かいます。今度は更に
荒れた雑木の中を進むが踏み跡が交錯し、赤テープやGPSで確認しながら山腹を回り

ソエ谷峠
此処から近畿自然歩道
自然歩道分岐

込む。やがて人声が聞こえるとソエ谷峠に飛び出した。10人程の団体と挨拶を交わして
話をすると当方と同じく布見竜王山へと回るそうだ。話し込んでる内にソエ谷峠から西谷
への道を通り過ぎてしまった^^)此の侭自然歩道を1.5km歩いて車道に出合うが此処でも

平田橋バス停付近
西谷の森公園第一P
東の谷から

ミスを犯し、右折しないで真直ぐ進んでしまい前田橋バス停へ。お陰で駐車場迄3km近く
歩く羽目に^^)遅めの昼食を近くのレストランで摂り、次の布見竜王山の登山口は西谷の森
公園へと走らせる。何時の間にか真っ青な青空が覗くが強風が吹き始めた。東管理棟の

尾根へ
ベンチの在る広場
峠の東屋分岐

手前右の尾根コースから取り付き階段道を登る。クヌギやコナラの雑木林を登るとベンチ
左奥に黒岩展望台、その右奥が布見竜王山だろう?やがて右から大原野への道と合流
緩やかにup:downで峠の東屋分岐。更に手摺り付の階段道を登れば布見竜王山分岐。

手摺り付の階段道
布見竜王山分岐
布見竜王山山頂:367.8m

分岐から先は西谷の森公園コース外からか?余り整備されてない羊歯の藪を抜け雑木の
急坂を登れば透明の波板で覆われた祠と八大竜王、善女竜王と彫られた石灯籠が建つ
布見竜王山。やはり此処も雨乞いの山の様だね。展望も皆無なので即折り返し分岐へ。

分岐に戻ると
展望台へ
黒岩展望台

戻った分岐には4名の登山者。当方と同じく黒岩展望台へと向った。展望台に登れば
360度の展望だが徐々に青空は消え、強風と共に小雪が舞い始めたので下山しよう。
峠の東屋に続く馬の背を下り東屋手前を左折し遊歩道を下ると保与谷池。僅かで東の
谷管理棟。後は道路を渡り第一駐車所へ戻った。残る長谷竜王山は時間切れでした。

馬の背
遊歩道
東の谷管理棟
黒岩展望台からのパノラマ 南方面↑
黒岩展望台からのパノラマ  南方面↑  北方面↓
黒岩展望台からのパノラマ 北方面↑

inserted by FC2 system