ブナの黄葉に間に合うのか・・・? 宍粟:東山

山行日 2016.11.5(土)晴
山域 中国山地:兵庫県宍粟市
コース メイプルプラザ前P(15分)東山登山口(45分)尾根ルート合流(10分)東山
東山(10分)尾根ルート分岐(20分)遊歩道1号線分岐(40分)メイプルプラザ前P
標高差 約280m
総歩行時間 約2.5h(含む撮影&休憩)
   
一気に青空が広がり
火打岩登山口から
山腹に霧氷が見える

11/2早くも氷ノ山で初冠雪を記録した。平年よりも26日も早い。グズグズしているとブナの黄葉が
終わってしまう。既に紅葉ラインも1000m以下に降りてるので行先はブナが見られる宍粟:東山。
メイプルプラザ前Pに駐車。辺りのイロハカエデ・ドウダンツツジは既に真っ赤。遊歩道5号線から

大たわ
登山口は広場の奥
階段から

8号線経由で東山登山口。小さな橋を渡れば薄暗い植林地。もうミツマタが花芽を膨らま
せ始め倒木等にはスギヒラタケがびっしり。薄暗い植林地を緩やかな九十九折りが続く。
林床のマツカゼソウも既に終盤を迎えてる。登山口から40分弱で植林地を抜けると辺りは

長〜い階段
滑り易い鎖場
平坦地に建つ標識

クヌギ・ミズナラ・ヤマモミジ・山桜に赤松混じる自然林。山桜は随分と葉を落としているが山
モミジは赤く染まり始め、ミズナラは黄葉進行中。やがて尾根ルートと合流すればブナの森は
近い。ブナの黄葉は近くで見れば葉が痛んでるが遠目にはマズマズで何とか間に合った^^)

急坂を登れば
石室
避難小屋分岐

ブナの森を抜ければアセビ。藪を抜ければ木製展望台建つ東山山頂。先客は御夫婦一組。
挨拶を交わして展望台に上がれば360度の大展望。生憎の靄で辛うじて氷ノ山等が望める。
強く吹き抜ける西風が寒いので風裏で軽く昼食。付近のサラサドウダンも赤く染まり、刮ハの

御(三)嶽山頂
山頂の方位盤
西ヶ嶽

柄が残り、アセビは花芽を上げている。相変わらずの西風に早々と下山開始。分岐を直進して
尾根ルートで下山するが時折の強風でウィンドジャケットを着ていても寒いので、P929手前から
遊歩道1号線へと左折します。九十九折りに緩やかに下れば尾根ルートと合流し、程なく東山

御(三)嶽山頂
山頂の方位盤
西ヶ嶽

尾根ルートの登山口に降り立つ。此処からは舗装されたメイプルロード2号線を辿ればオート
キャンプ場との丁字路。此処を左折すればコテージ村からメイプルプラザ前Pへと続いてる。

御(三)嶽山頂
山頂の方位盤
西ヶ嶽

宍粟東山の黄紅葉


↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヤマモミジ ブナ ハウチワカエデ

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system