3

高原に咲く秋花を探して・・・ 峰山高原&砥峰高原

山行日 2018.9.23(土)晴時々曇
山域 大河内高原・兵庫県:神崎郡神河町
コース H:リラクシアP(30分)暁晴山(20分)山笑う登山口分岐(20分)リラクシアの森
峰山・砥峰林道車移動15分・砥峰高原周回(120分)
標高差 約250m
総歩行時間 約4.5h(含む撮影&休憩・食事)
   
   
湿地への道
再度公園
ガイドハウス前

9月も下旬に成れば気に成るのが峰山高原&砥峰高原ですが2年振りの訪問ですが、今年9月に
発生した台風は4個。その内、台風20号・21号が関西方面を直撃。被害が心配だが出掛け様^^)
21017年国内では実に14年振りにオープンしたスキー場”峰山高原リゾート ホワイトピーク”前の

湿地への道
再度公園
ガイドハウス前

H・リラクシア前Pから夏草茂るゲレンデを横断する遊歩道を歩けば30分で暁晴山直下のゲレンデ
トップ。残り5分少々で山頂。360度の大展望も霞勝ちで辛うじて氷ノ山確認。直下には咲き始めた
センブリ数株。速攻下山は山笑う登山口からリラクシアの森(ノルウェイの森撮影地)散策へ。マツカゼ


ソウ・アケボノソウ・ツリフネソウ・サワギキョウ等が咲き、ホソバリンドウは蕾だ。リラクシアの森散策路は
台風被害で益々荒れている。1時間程の花散策を済ませ"おおかわち高原ライン"&広域基幹林道:
峰山線を15分程走れば砥峰高原。静かだった峰山高原とは違って沢山の車にバイクが止まってる。


↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
センブリ アキノキリンソウ メタカラコウ

周回路を歩けば咲き始めのウメバチソウが点在する。ツリガネニンジンの残り花にキキョウ見っけ。
少しのup:downを繰り返して周回散策路を歩く。降りてから湿地帯に咲く花々を探せばアケボノソウ
は未だ蕾。穂出し始めたススキにフジバカマ点在。約2時間程の高原散策を終えて帰宅の途に。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
アケボノソウ サワギキョウ ナナカマドの実
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ウメバチソウ ホクチアザミ ツリガネニンジン
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
オミナエシ キキョウ カワラナデシコ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
キュウシュウコゴメグサ ヒヨドリバナ 里に咲くシロバナヒガンバナ

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system