展望のプロムナード!? 三草山(424m)

山行日 2006.6.24
山域 西播:加東市
コース 登山口〜三草コース〜(50分)三草山
三草山〜鹿野コース〜(110分)登山口
標高差 約260m
総歩行時間 約3.0h(含む休憩)
   
昭和池から三草山を望む
昭和池から三草山を望む
登山口への標識 登山口の駐車場 03.3月に登った時には僅か1時間少々の山歩きだった
西播の三草山。その所為か殆ど印象に残っていない^^)
最近、ネット仲間のkenさんが出掛けられ、そのレポを

見せて頂き、以外にもその展望の良さに少々の驚き^^)
梅雨時の僅かな晴れ間を狙って出掛けます。自宅からは
案外近く距離にして50km少々です^0^) 国道372号線
加東市山口の交差点には三草山登山口への大きな標識
此れだけ大きければ見逃さないでしょう^^)意外と細い道を
奥まで進むと其処が登山口、トイレも在りますね。先客は

2台です。車を止め歩きだしたのが9時半頃です。少し
登ると右手に大きな岩壁、更に進むと近畿自然歩道の
近畿自然道標識 右手に岩壁
尾根に向かって 擬似木の階段 標識が建ち、山頂へは右手に続いています。登山道
脇にはウツボグサやオカトラノオが咲き始めています。
僅かに登れば、擬似木で作られた階段状の道になり

やがて岩尾根に乗り右手に目指す三草山が見え隠れ
振り返れば足下に昭和池のグリーンの水面が・・・
道は緩やかな傾斜で岩尾根が続き最初のピーク手前
にはベンチも置かれている小さな広場。更に少し登ると
登山口から1.2km、三草山頂迄1.2kmと書かれた標識が
建ち、此処から一旦斜面を下りますが、此処で今日

始めて数組のハイカーと出会います。一旦鞍部に下り
次のピーク目指して登り返します、此処からポール付の
鎖場が3ヶ所現れますが何れも頼るほど危険な岩場では
足下には昭和池 ベンチの在る尾根
鎖付きスロープ? 振り返ると歩いて来た道が 有りません。岩尾根を抜けると山頂まで0.4kmの標識。
山頂方面からはお孫さん連れのハイカーが降りて来て
可愛い挨拶をくれました^0^)直に山頂に到着です。

山頂には二等三角点や山名盤、三草山神社、城跡の
石碑やベンチが在ります。山頂からの展望は梅雨最中
にも関らず、北西から北東に掛けて笠形山、千ヶ峰
三草山山頂
三草山山頂
清水山、西光寺山、更に南に六甲の山並みや丹生山系
雄岡山、雌岡山も確認出来る大展望^0^)暫し休憩です。
畑コースからは3人連れのハイカーが遣ってきて登頂証明

のスタンプを押しています。月例登山会の方でしょうか?
さて、此方も鹿野へ向けて下山開始。道を南に下ります。
暫くで畑コースと鹿野コースの分岐。畑へは緩やかな道
畑:鹿野分岐 振り返れば三草山が
昭和池を望ながら 三草山神社鳥居 ですが、鹿野へは結構急な坂道。滑り易いので要注意!!
この先幾度か小さくup.downしますが何れも見晴らし
良く気持ちの良いコース。尾根沿いには既に咲き終えた

ササユリが実を膨らませています。ベンチの在る5合目を
過ぎ、少しザレた登山道を降ると三草山神社の鳥居が
建ち更に下ると鹿野へと昭和池との分岐に、此処は
昭和池へと進みます。この道は利用する方が少ないのか
随分荒れている感じ!?道の一部は小川の様に水が流れ
水溜まりも・・・。鬱蒼とした雑木林に続く道で、ふと話し声
見ると、今朝山頂近くで擦れ違ったお孫さん連れの方達

思わず声を掛けてしまいました^^)全く逆方向で周回されて
いたようです。この先昭和池の周囲を回りジェットスキーで
楽しむ人達と挨拶。堰堤を降ると駐車場に戻って来ました。
昭和池分岐 2度も出会ったハイカー

三草山の花達
テリハノイバラ ウツボグサ オカトラノオ
テリハノイバラ ウツボグサ オカトラノオ
昭和池から三草山
昭和池から三草山(中央左)を望む

inserted by FC2 system