ノルウェイの森ロケ地巡り・峰山高原

山行日 2010.9.18(土)晴/曇
山域 兵庫県:神崎郡神河町
コース 基幹林道三叉路〜砥峰:峰山縦走路〜防火帯(40分)〜山笑う登山口(35分)〜暁晴山(25分)
暁晴山〜リラクシアの森〜防火帯(45分)〜砥峰:峰山縦走コース〜基幹林道三叉路(40分)
標高差 約180m
総歩行時間 約5.0h(含む休憩)
   
暁晴山と峰山高原
暁晴山と峰山高原
基幹林道三叉路
砥峰峰山縦走路入口
林道出合

先週末の砥峰高原散策に続き、今日は砥峰高原から峰山高原へと続く、縦走路を
辿ってみましょう。車は広域基幹林道:峰山線と岡ノ上線の三叉路付近の路肩へ。
砥峰高原方面に切り開かれた舗装路を上がると縦走路入口。入口付近の標識には

標識には
尾根に上がる
土塁に沿って

峰山高原迄4.8kmと記載されています。杉林に続く縦走路を5分も歩けば舗装林道に
出合います。縦走路は林道を400m歩くのですが車道歩きを嫌がって反対側の杉林へ
強引に突っ込み尾根に乗ります。尾根の右手に続く土塁(昔の軍馬育成地跡)沿いに

再び林道に
縦走路入口
防火帯に

辿りますが、余り歩かれていない様で倒木や藪で歩き難いですね。土塁が途切れると
再び林道出合。車道を歩けば縦走路に戻る地点ですね。縦走路を5分程進めば明るく
開けた伐採地。此処は幅20m程に切り開かれた防火帯だ。正面にアンテナ立林する

見晴らし良い防火帯
小川を渡り湿原を抜け
山笑う登山口

暁晴山。その麓にH・リラクシアが建つ峰山高原が広がる。縦走路は防火帯を横切り
H・リラクシアへと続く森に入ります。幾度か小さな流れを渡り湿原を抜けると珍妙?な
"山笑う登山口"と書かれた標識。多分、暁晴山に続くと思い?向かいましょう。やがて

植林の中を
笹原を抜けると
暁晴山山頂

暁晴山→の標識。薄暗い植林の中を緩やかに登ると、やがて潅木から笹原へと変わり
目の前に暁晴山が見える。後は保守用道路を一登りで一等三角点建つ暁晴山山頂。
山頂からは360度の大展望。薄曇ながら氷ノ山は勿論、遠く大山も薄っすらと望める^^)

氷ノ山が
遠く大山も
ホテルリラクシアを見下ろす

山頂で昼食後舗装路を下り、H・リラクシアへ立ち寄ると此方もノルウェイの森ロケ地の
看板。看板に導かれてリラクシアの森に分け入りましょう。コナラ、ミズナラ、シラカバに
カラマツ等が混じる森は良く整備された遊歩道。吊橋やベンチも設置され良い雰囲気

ホテル・リラクシア
散策路の吊橋
ノルウェイの森ロケ地

奥まった場所に"ノルウェイの森"ロケ地看板。この森は当初、ロケ地じゃ無かったそうだが
トラン・アン・ユン監督が気に入り、急遽、撮影地に加えられたとか。そろそろ帰宅の時が
迫って来たのでGPSで現在地を確認しながら森を抜け、縦走路を辿って車へ戻りました。

他の撮影地に神戸市内や香住海岸等も選ばれました。 映画:ノルウェイの森公式サイト

峰山高原:展望と花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
大山 氷ノ山 蘇武岳と妙見山
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
サワギキョウ アケボノソウとアサギマダラ キオン
inserted by FC2 system