霧氷の花は咲くものの!?:篠ヶ峰(827m)

山行日 2008.1.18
山域 播州高原:兵庫県多可町
コース 丹治:篠ヶ峰林道(40分)林道分岐(20分)篠ヶ峰
篠ヶ峰(20分)林道分岐(40分)丹治:篠ヶ峰林道
標高差 約360m
総歩行時間 約2.5h(休憩含む)

麓の丹治から見る篠ヶ峰
麓の丹治から見る篠ヶ峰
林道の膨らみに車を止めて
林道には古い轍が
大井戸山は真っ白

今月に入った中旬以降、珍しく1週間以上も続く寒波襲来^^)暖かな神戸でも時には最高気温が
1℃台と随分冷え込んでいます。そこでお気に入りの山へ、偵察がてら出掛けて見ました。^^)
行先は多可町の千が峰方面。ダメなら周辺の山へ・・・、と車を走らせます。八千代町を過ぎると
山向こうの妙見山辺りが白く輝いています。でも、千が峰方面は雪が降っているのか?ガスって

古い轍以外は
仰ぎ見れば
西を見れば

中腹以上が見えませんね。それじゃあ東の篠ヶ峰にでも登ろうと、加美区丹治から篠ヶ峰林道に
篠ヶ峰は山頂に数多くのアンテナが建っている事から見晴らしの良い山ですが、山頂迄林道が
続き、普段なら面白みの無い山道ですが、雪が積もればスノーシュー遊びが出来るかも・・・??
篠ヶ峰林道には10cm程の雪が積もっていますね^^)林道は舗装路からダートに代わり、やがて

林道分岐
見事なツララ
霧氷の向こうは

3号林道分岐辺りでスリップ^^)路肩に車を止め歩いて登ります。積雪はと言うと以前降った上に
10cm程積もっている程度、此れではスノーシューは使えません^^)九十九折れの林道をユックリ
登り始めると、北側の大井戸山の斜面は霧氷でしょうか?真っ白です。林道斜面の彼方此方に
ツララが沢山見られますね。樹間からは山頂が隠れた千が峰が見えますが此方も真っ白です^^)

真っ白な林道
防災無線局
国交省の

やがて林道分岐に出ました。真っ直ぐ進むと氷上方面ですが、此方の林道は崩壊していて
通行止めの様子。此処を左へ向かうと大井戸山から竜ヶ岳方面。右の斜面は霧氷がビッシリ
篠ヶ峰へは右に曲がります。更に幾度かカーブを曲がると左から古い足跡が残っていますね
数日前に氷上側から登られたのでしょう。やがて加美町防災無線アンテナ、続いて国交省の

沢山のアンテナ
山頂へは
山頂の標識

パラボラアンテナが現れ左へ曲がるとNTTやNHKのアンテナ群。山頂はNHKのアンテナを
回り込んだ奥に木製の三角点標識。山名板は見当たりません。以前辺りはガスに包まれ
全く展望は無し^^)それでも見事な霧氷の花が咲き少しは納得^^)暫く待ちましたが晴れる
気配が全く無く来た道を下山です。下山後のお楽しみは麓の丹治温泉"春蘭荘"でした。
そして温泉から上がると何と!?辺りは見事な青空が広がっていました。もう少し早ければネ^^)

篠ヶ峰の霧氷
奥に見えるは千が峰方面
篠ヶ峰の霧氷 奥に見えるは千が峰方面
篠ヶ峰の霧氷
サルトリイバラの実
篠ヶ峰の霧氷 サルトリイバラの実
下山後の麓は熊野部から見る千が峰(右奥)
下山後の麓は熊野部から見る千が峰(右奥)

homeへ

inserted by FC2 system