ノルウェイの森ロケ地巡り・砥峰高原

山行日 2010.9.11(土:曇)
山域 兵庫県:神崎郡神河町
コース 南側駐車場〜周回コース〜(150分)とのみね自然交流館〜南側駐車場
標高差 約100m
総歩行時間 約2.5h(含む休憩)
   
砥峰高原全景
砥峰高原全景
高原入口
ゲートを潜って
ハイキング道を

お気に入りの薄の名所。砥峰高原が今年12月ロードショ−予定の村上春樹原作。
ノルウェイの森"Norwegian Wood"のロケ地に選ばれたと知りススキの様子見と共に
出掛けます。車は何時もの自然交流館前では無く、基幹林道沿いの南側駐車場。

穂出し始めたススキ
ロケ地案内
展望台

ススキは漸く穂先が芽だしたばかり、今夏の猛暑さで遅れ気味?ツリガネニンジンが
今は盛りと咲きウメバチソウはやっと蕾、リンドウやセンブリは葉姿さえ見当たらない。
展望台からは杉の植林地との境目を歩き、何時かは縦走したいと思っている、峰山

峰山方面分岐
基幹林道に
幟はためく自然交流館

高原への分岐を辿ると基幹林道峰山線と岡ノ上線分岐に出合った。今日は夕方から
所用なので引き返しますが、次回はこの分岐から峰山高原へ歩きましょう。再び分岐
へ戻り、麓の"とのみね自然交流館"に立ち寄り、撮影風景の展示を眺め戻りました。

砥峰高原の詳細はコチラ

砥峰高原に咲く花達とススキ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
キキョウ サワヒヨドリ ツリガネニンジン
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヤマジノホトトギス 穂出したばかりのススキ アカバナ
inserted by FC2 system