ササユリ咲く:八千代町     

山行日 2004.6.14
山域 北播:八千代町
標高差 約250m
総歩行時間 約3.0h

お断り:今では貴重な花となったササユリの保護の為、あえて詳しい地名や山名等を伏字にしました。ご了承下さい。

此処の右に登山口 階段状の登山道 ネット上でササユリの開花を見聞きし、当方も探しに!!
ササユリは昨年見に出掛けた、K峡も頭に浮かんだが
やはり町花にもなっている八千代町に探しに出掛ける。
加古川バイパス高砂西出口を降り、県道43・23号線
を北上し加西市を抜け、八千代町に到着。
町営のある施設に車を止め歩き出す。登山口付近に
早速ネザサに埋もれるようにササユリが数輪咲いている
このような目立たない所に咲いているので盗掘から免れ
当方の目に止まったのだろうか?行き成り見付けたので
この先が楽しみだ!!階段状の登山道を一登りすると
山腹をトラバースするようになり、杉の植林地を抜け
新しく開かれた登山道を登ると、低木の尾根道に。
この先ロープが 右に新しい周遊路
左:渓流広場。右:K山へ 東屋の建つK山 途中にはロープも張ってあるが持たなくても登れる
一登りで展望の良いピークに立てる。此処からは
KG山やS峰が良く見える。手前には東屋のある
K山が見え、新しい登山道も一望できる。一旦鞍部に
下ると笹原には咲き残ったササユリが数輪。日当たりが
良いのか?既に枯れ始めていた。此処から登り返すと
東屋の建つ、K山山頂。木々が茂り展望は余り良くない
其のまま引き返し鞍部で渓流広場への道を辿り下山する
麓では只今工事中。ログハウスが建ち、渓流沿いには
木道が敷かれている。暫く道路を歩くが、途中で右の
橋を渡り、沢音が涼しげな渓流側を歩く。小さな滝傍にも
蕾のササユリが数本。近くにはカキツバタも咲いている。
下山後はお約束の温泉へ^0^)加西市『根日女の湯
渓流広場は工事中 小さな滝が
クリックするとわいどびゅう(パノラマ写真)
K山頂手前から西側を望む(クリックするとわいどびゅう)
ササユリ ササユリ ササユリ
ネザサに埋もれるササユリ 凛とした姿!?ササユリ ササユリの蕾
ササユリ ノアザミ カキツバタ
ササユリ(ユリ科) ノアザミ(キク科) カキツバタ(アヤメ科)
ウツボグサ カワラナデシコ白花 カワラナデシコ赤花
ウツボグサ(シソ科) カワラナデシコ白花(ナデシコ科) カワラナデシコ赤花(ナデシコ科)
オカトラノオ ノカンゾウ ヨウシュヤマゴボウ
オカトラノオ(サクラソウ科) ノカンゾウ(ユリ科) ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)

homeへ

inserted by FC2 system