ふるさと兵庫百山:赤谷山(1216.4m)

山行日 2009.9.19(日:晴)
山域 中国山地:兵庫県宍粟市
コース 旧戸倉トンネル(20分)戸倉峠登山口(70分)赤谷山
赤谷山(50分)戸倉峠登山口(15分)旧戸倉トンネル
標高差 約420m
総歩行時間 約3.5h(撮影:休憩含む)

小船山林道から望む赤谷山方面
小舟山林道から望む赤谷山方面(本峰は山向こう)
新戸倉トンネル手前を右折
旧道終点
林道ゲート

"ふるさと兵庫百山"の赤谷山(あかたにやま)は"宍粟50名山"にも選ばれている。鳥取県側では
"落折山"共呼ばれる1216mの山。登山道は戸倉スキー場からと今回登る戸倉峠の二ヶ所です。
新戸倉トンネル手前から旧道へ右折、暫く走ると舗装路は終わり車を止める。この先ダートの作業

旧戸倉トンネル
林道を登り
赤谷山登山口の標識

林道が戸倉峠へと続いています。林道入口には車止ゲート。閂を外せば進入出来そうですが無断
進入禁止の看板。まあ無茶をせず此処から登り始めます。ゲート横を抜けると直ぐに旧戸倉トンネル
暫くは緩やかに続く林道を登れば左手に登山口の標識。初っ端からトラロープ有る少し荒れた急な

ロープが
杉林の急登
大きく曲がった木に標識

登山道。暫くは杉檜の植林帯を直登します。少し傾斜が緩むと尾根筋に乗ったようです。ポツポツ
とブナの木が混じり始めますね。この先小さなピークを幾つも繋ぎながらup:downを繰り返します。
全く展望の利かない尾根道ですが、吹き渡る風が心地良く更にブナの木が多く見受けられ、秋の

桂の木
X型の木
ブナの森

紅葉や黄葉の時期には素晴らしい色合いを見せて呉れそう^^)特にP1143からはブナの巨木達。
何度も辺りを見回しながらの山歩きです。やがて根曲がり竹が辺りを支配し出すと赤谷山前衛峰。
小さく下って再び登り返すと赤谷山頂。山頂には二等三角点。辺りは下草等が刈り込まれ小広い

赤谷山のブナ達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

山頂直下
赤谷山山頂
三の丸から氷ノ山

広場。展望は背の高い根曲がり竹に少しは阻まれますがほぼ360度。北に三の丸から氷ノ山更に
蘇武岳、妙見山が、東に藤無山、三久安山、阿舎利山から一山。西には東山(とうせん)、駒ノ尾山
三室山、植松山と県境の山々が一望です。その昔、登山家の加藤文太郎氏も戸倉峠からこの山に

戸倉峠
林道が二手に
足下に若桜方面が

登った時、山頂からの雄大な景観に感激したそうな。此方は大展望を肴にユックリと昼食。下山は
同じ道を戻り、林道を鳥取側に少し歩けば巨大な岩壁の切り通しが戸倉峠。少し先で林道は左右
二手に分かれていてこの切り開きから若桜方面が見える。下山後の湯は波賀温泉"楓湯"でした。

クリックするとわいどびゅう
赤谷山から360度(クリックするとわいどびゅう)
赤谷山の眺望と花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
三の丸から氷ノ山 三室山 蘇武岳から妙見山
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
アケボノソウ メタカラコウ ツリフネソウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

homeへ
inserted by FC2 system