ふるさと兵庫百山:紅山(184m)・惣山(200m)

山行日 2010.5.25(火:晴)
山域 小野アルプス:兵庫県小野市来住
コース 女池登山口(10分)きすみの見晴らしの森(20分)惣山(30分)きすみの見晴らしの森
きすみの見晴らしの森(15分)紅山(20分)きすみの見晴らしの森(10分)女池登山口
標高差 約150m
総歩行時間 約2.5h(撮影:休憩含む)

山麓の小野市来住から望む惣山(中央)・紅山(右)
山麓の小野市来住から望む惣山(中央)・紅山(右)
女池から
路肩の駐車場
雑木林を抜けて

レポ作成の為の再訪です。百山本では小野アルプスの一つのピークとして紹介されていますが
以前、全山縦走時、下山後の道路歩きが長いだけで面白味に欠けるので、今回、"小野富士"と
称される惣山と紅山だけを歩きましょう。登山口は鴨池公園の女池畔。此処から"きすみの見晴ら

小野富士が
きすみの森へ
自然林の中を

しの森"へ。先日来の大雨で至る所が水浸し^^)雑木林を抜けると水田地帯。正面には此れから
登る惣山が見える。紅山はその右だ。土手を西に僅かに歩けば分岐標識。標識には中央入口と
西入口が記載されていますが西入口へ向かいます。森に入ればクヌギやコナラ、スギにアカマツ

紅山北コース分岐
惣山分岐
階段道を

混ざる里山林。気温に湿度も高いが風が吹き抜ける。林床に一際目立つのはシライトソウだ。
やがて紅山北コース分岐ですがそのまま直進。もう少し先には惣山分岐。先ずは小野富士と
呼ばれる惣山へ。階段道が続きますが林床にはナルコユリが沢山。階段道が終わると直ぐに

惣山山頂
展望台
紅山へ

惣山山頂。展望には200m北東の展望デッキに向かえば次に登る紅山名物の南面岩場が
良く見える。その展望デッキは老朽化で使用禁止だって^^)次の紅山へは真っ直ぐ森へ下り
再び惣山分岐に戻る。分岐から僅かに西へ向かうと岩倉峠南コース口。紅山へは0.4kmだ

羊歯生い茂る
名物の何面岩場
紅いのは地衣類?

登り始めは羊歯茂る道だが直ぐに南面岩場の下部に出ます。見上げれば30-35度は有りそうな
急斜面ですが、流紋岩の斜面はグリップが良く利き滑る事無く登れます。岩盤上の地衣類が紅く
見えるので紅山と呼ばれるのでしょう?山頂に立つと足下に山陽道、権現ダム湖、視界良ければ

紅山山頂
岩倉古墳分岐
岩倉古墳

遠く播磨灘も見えるのですが、空気中の水蒸気が多くて凄く霞んでいます。下山は北コースでと
山頂を後にして樋状の急斜面を下ります。下り切れば岩倉古墳への分岐、折角なので寄り道し
横穴式石室を有する古墳を見学し山行終了。下山後は東登山口の白雲谷温泉"ゆぴか"です。

親不知山頂から望む東から南方面
紅山山頂から望む南方面(クリックするとわいどびゅう)
紅山・惣山の眺望と花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
惣山から見る紅山 紅山から岩場を見下ろす 紅山から見る惣山
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シライトソウ ホウチャクソウ コバノタツナミソウ
その他、モチツツジ、ヤマツツジ、キンポウゲ(ウマノアシガタ)、フタバアオイ、ガンピ、ミヤコグサ等々
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

homeへ
inserted by FC2 system