ふるさと兵庫百山:鎌倉山(452.7m)

山行日 2010.11.1(月:曇/晴)
山域 兵庫県加西市河内町
コース 普光寺登山口(45分)大天井"鉢尾峰"(60分)柳峠(30分)鎌倉山
鎌倉山(5分)西の覗き(15分)鎌倉寺(20分)鎌倉山登山口
標高差 約300m
総歩行時間 約3.5h(撮影:休憩含む)

山麓の河内集落から望む鎌倉山
山麓の河内集落から望む鎌倉山
普光寺山門
ハイカー用駐車場
登山道への標識

朝方は小雨の予報も午後から回復の模様。短時間で登れそうな加西市から唯一つ選ばれた
鎌倉山へ。登山口は加西市河内町・蓬莱山普光寺。普光寺山門奥のハイカー用駐車場へ。
参道を少し歩くとハイキング案内所。中にはハイキングマップが置かれています。本堂手前に

狩猟期の注意書
登山口
行者道出合

登山道の標識。アケボノソウ咲く林道を抜けると登山口の標識。
鎌倉山周辺は毎年11月15日
〜2月末迄狩猟期間
と注意看板。登山口から荒れた杉植林の中を登ると送電鉄塔。鉄塔下を
潜り、尚も登ると行者道と合流する尾根に乗る。杉林の尾根道が赤松混ざる雑木林に代わると

大天井(鉢尾峰)
小天井
大日如来像

大天井(鉢尾峰)への取り付き。少しの急坂を登り切ると大天井(鉢尾峰)。標高は460.5mだ。
展望は無く、そのまま下り次の小天井へ。小天井を過ぎれば役行者像、更に大日如来像建つ
普光寺への分岐。更に雑木林の尾根を小さく幾度もup:downしながら反時計回りに進みます。

覗きへ
東の覗き下
麓が

やがて東ののぞきへの標識。折角だから立ち寄って見ましょう。トラロープ張られた斜面を下ると
東の覗きの下に出ました。岩場には錆びた鎖、見上げる岩場は樹木で覆われて彫られている筈
の石仏は見えない。そのまま反対側に進み東の覗き上に立つ。此処から見下ろせば播磨平野

前方に鎌倉山
柳峠
鉄塔下を

が霞んで見える。この先、柳峠へと下って行きます。正面には此れから向かう鎌倉山が望める。
下り切った柳峠から再び登り返し、送電鉄塔下を2度通り過ぎれば孔雀明王像。もう少しで鎌倉
山です。辿り着いた山頂には法起大菩薩像に無料の双眼鏡と避雷針?三等三角点が建つ。

孔雀明王像
鎌倉山山頂
西の覗きへ

山頂からは、ほぼ360度の展望ですが生憎の空模様^^)撮影を済ませ西の覗きへ。少し急な
坂を下ると鎌倉寺への下山道。西の覗きは一寸先だ。覗きの先端に磨崖仏が見えると標識。
近寄って見ると垂直の岩場に磨崖仏。鎌倉寺への途中を左に曲がれば見上げる事が出来る

西の覗き
磨涯仏
西の覗き下へ

登山道に戻り、鎌倉寺前を下ればやがて杉の植林地の中。更に下れば沢に架かる木の橋。
橋の袂にはお手製の杖が沢山置いてある。更に進むと作業林道に出合い此処を左折です。
100mも歩けば柳峠への道路に突き当たり、右折して河内集落を抜け、普光寺に戻りました。

鎌倉寺
木の橋を渡り
左は柳峠:右は河内集落
クリックするとわいどびゅう
鎌倉山から180度(クリックするとわいどびゅう)
鎌倉山の石仏と花
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
役行者像 大日如来像 孔雀明王像
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
法起大菩薩像 磨崖仏 アケボノソウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

homeへ
inserted by FC2 system