ふるさと兵庫百山:妙高山(564.8m)

山行日 2010.5.5(水:晴)
山域 丹波山地:兵庫県丹波市市島町
コース 神池寺会館(5分)本堂分岐(15分)古道の峠(10分)妙高山
妙高山(10分)古道の峠(10分)本堂分岐(10分)神池寺
標高差 約160m
総歩行時間 約50min(撮影:休憩含む)

山麓の市島町から望む妙高山
山麓の市島町から望む妙高山
集落外れに
山門跡
駐車場

親不知下山後、10数km少々離れた妙高山に向かいます。百山本では西の日ヶ奥渓谷からだが
手軽な中腹の神池寺(じんちじ)から登ります。神池寺は奈良朝元正天皇の養老二年法道仙人の
開基と伝わる。聖武天皇の勅願所とされ行基菩薩、慈覚大師等来錫、往時は堂塔五十余、僧坊

登山口は中央奥
登山口
本堂分岐

二百を数え丹波叡山と称された名刹だ。登山口は神池寺会館横と本堂裏の二ヶ所からです。
先ずは神池寺会館へ向い、奥へ進むと登山口の標識。雑木林の斜面を登ると本堂からの道と
合流します。山頂への標識は見当たりませんがU字状に掘れた道を緩やかに登ると、主尾根の

U字状の道
アカガシの巨木
古の峠?

手前にアカガシの巨木。辺りはアカマツ、コナラ、モミ、アカガシ等の原生林。主尾根に乗って
僅かに下れば古道の峠?足下には古の石仏。辺りに白いビニールテープが張られているのは
此処もマツタケ山かな??そのビニールテープに沿って少し登り返すと二股に分かれますが

石仏
石灯籠と社
妙高山頂

左へのビニールテープはマツタケ山の境界線の様だ。で、右へ僅かに登ると石灯籠が建ち
その向こうに古びた地蔵尊、その奥が妙高山山頂。山頂には二等三角点が建っています。
展望は全く無く、その足で神池寺本堂へと下りました。此れで兵庫百山の丹波編は完登^^)

神池寺と妙高山麓の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
神池寺参道 仁王門 神池寺本堂
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ウワミズザクラ キランソウ シャガ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

homeへ
inserted by FC2 system