ふるさと兵庫百山:鋸山(605.9m)

山行日 2009.4.12(日:晴)
山域 丹波山地:兵庫県篠山市
コース 佐仲ダム登山口(60分)分水界尾根(50分)鋸山
鋸山(40分)鏡峠(30分)佐仲ダム登山口
標高差 約320m
総歩行時間 約3.5h(撮影:休憩含む)

麓の西紀町から望む鋸山
麓の西紀町から望む鋸山
ダム湖への標識
石の道標建つ登山口
杉林を

今年の5月にも刊行される"ふるさと兵庫百山"以前の"ふるさと兵庫の50山+8"に42山を新たに
加えた。その中から、この季節"ヒカゲツツジ"が咲くであろう?鋸山に出掛けて見ましょう。鋸山は
多紀連山から向山連山へと続く、中央分水界上に位置する山。登山口は北の中山集落と、今回

遊歩道?
沢を渡り
小広い遊歩道?

選んだ西側の佐仲ダム、他に東の栗柄峠や三尾山からでも辿れます。ダム湖畔の桜は今がピーク^^)
車をダム湖畔に止めて古の道標から登り始めます。薄暗い杉林を真っ直ぐ登ると小広い遊歩道らしき
道に合流。右に僅かに下れば小さな流れ。流れを渡って上流へ、僅かに辿り直ぐに右に折れ、小さく

タミシバ咲く道
鋸山が
緩やかに登ると

ジグザグに切ればやがて支尾根に乗る。此処で大きく左へと転換すれば小広い尾根道が上部へ
と続いている。足元にはタチツボスミレ、道脇には白いタムシバ、紅紫色のコバノミツバツツジが咲
いている。明るい雑木林の中緩やかに登ると右手の樹間越しに、三角形の鋸山が垣間見えます。

分水界の径と合流
分水界を歩く
大きな岩に突き当たり

支尾根の小さなピークを登り切れば一旦小さく下ります。再び登り返せば主尾根に合流。合流点
には"分水界の径"の標識が建っています。此処を左へ向かえば鏡峠から佐仲峠経由三尾山。
鋸山へは右に向かいます。少しの間休憩した後、最初のピークを登ります。この先ピークを三度ほど

急斜面を登ると
ヒカゲツツジが
山腹には

Up:Downしますが、分水界の径と呼ばれる様に、尾根の左に流れ落ちる雨水は竹田川から由良川
そして日本海へ注ぎ、右に流れ落ちれば宮田川から篠山川、加古川と続き瀬戸内海へと注ぎます。
途中大きな岩が現れますが、右へとトラバース。岩ゴロゴロの急坂を登れば再び尾根に戻ります。

狭い岩尾根を抜け
鋸山山頂
鏡峠に向う

見れば急斜面に張り付く様にレモンイエローのヒカゲツツジが点々と咲いています。振り返れば丸い
山容の黒頭峰、夏栗山。対照的に右には三尾山の荒々しい姿。此処から暫く岩尾根が続き、足元に
要注意!!次のピークに登れば三角形の鋸山が見える。山腹には白いタムシバ、ピンクの桜、レモン

鏡峠
鏡峠の標識
U字状の道

イエローのヒカゲツツジとカラフルだ^^)登った分だけ下り再び登り返すと三等三角点建つ鋸山。狭い
山頂にはヒカゲツツジの群生。展望は北に180度。正面に妙高山系、西に三尾山、黒頭峰、夏栗山
東に見えるは多紀アルプスですね。展望と花を楽しんだら下山しましょう。来た道を分岐迄戻り、直進

谷に出合うと左へ
間伐材が散らかった
登山口に戻る

して鏡峠へ向います。良く踏まれた尾根道を何度か小さくUp:Downすると鏡峠。右は以前歩いた
中山方面、今日は左へ曲がります。U字状に掘れた峠道は直ぐ下で荒れた沢道に、強引に下ると
谷へ突き当たりますが左の杉林へと向います。尚も下ると間伐材が散らかった歩き難い不明瞭な
道。植林を強引に抜けると右下にダム湖、僅かに下れば登山口から僅か100m上の分岐でした^^)

クリックするとわいどびゅう
鋸山から180度(クリックするとわいどびゅう)
鋸山の眺望と花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
夏栗山と黒頭峰 三尾山 多紀アルプス
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。


homeへ
inserted by FC2 system