ふるさと兵庫百山:三久安山(1123.2m)

山行日 2009.11.8(日:晴)
山域 中国山地:兵庫県宍粟市
コース 野外活動センター(20分)三久安山登山口(60分)P981(50分)三久安山
三久安山(30分)ハシゴ道分岐(60分)三久安山登山口(20分)野外活動センター
標高差 約640m
総歩行時間 約4.5h(撮影:休憩含む)

赤谷山から望む右、三久安山
赤谷山から望む右、三久安山
此処を右折する
三久安山登山口
三久安林道

三久安山(さんきゅうあんざん)は"宍粟50名山"にも選ばれています。登山口は兵庫百山では東の
一宮町溝谷からですが、8月の台風で林道が荒れているらしい?で、西の音水湖畔は姫路市野外
活動センター前から登ります。数々のレポでは三久安林道終点迄、車が進入出来ると書かれてい

荒れた三久安林道
林道終点
三久安山登山口の標識

ますが此方も入口近くに土砂崩れの痕跡。従って林道入口に駐車し歩き始めましょう。林道入口の
モミジは真っ赤に色付いていますね。落葉や土砂が散乱する舗装林道を緩やかに登ります。概ね
25分も歩けば林道終点。右は阿舎利山、三久安山へは左へ向かいます。登山口で姫路から来た

萱と茂る
伐採地へ向けて
見下ろす尾根はモザイク模様

宍粟50山完登を目指してる若者と一緒になる。沢沿いから直ぐに左へ折れると茅生茂る登山道。
時には背丈を越える、深〜い茅と暫く格闘です^^)やがて左手に伐採地。伐採地脇を登ると対面の
尾根はモザイク模様に染まっている^^)伐採地を登り切れば植林地。暫くは喘ぎながらの急登だ。

伐採地脇を
急斜面の登山道
P981を目指して

植林を抜ければクヌギやミズナラの自然林。時々ブナも見受けられる。紅葉のピークは過ぎてるが
カエデ類は赤や黄に染まり気持ちの良い尾根歩き。共同アンテナを過ぎればP981。南を見れば
逆光に阿舎利山がシルエット。この先、ブナの巨木立つ尾根の小ピークを2-3度、up:downする。

共同アンテナ
ブナの森
P1110合流点

ブナやミズナラの残り黄葉を楽しむとP1110分岐。右手から一宮町からの登山道(通称ハシゴ道)と
合流しました。山頂へは左へ小さく下りますが、辺りは見事なブナの森。下り切った鞍部からは少し
登り返せば三久安山山頂。真新しい標識が建っていますね。先客は10人程の団体と姫路の青年。

三久安山のブナ・ミズナラ・カエデ達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ブナ ミズナラ ハウチワカエデ ブナの森
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

ブナ、ミズナラの尾根
三久安山山頂
山頂で憩う登山者

山頂からの展望は木々に遮られ、北に樹間越しに氷ノ山、藤無山。南に一山、東山が辛うじて。
暖かな山頂でゆっくりと昼食を済ませ、眺望を求め尾根を東へ少し歩くと三の丸から氷ノ山が良く
見える。姫路の青年は下山後に同じ宍粟50山"日ノ原山"に向かうそうでP1110分岐でお別れ。

再び分岐に戻り
明るい尾根道
ハシゴ道分岐

此方はピストンでは面白くないので、ハシゴ道を辿り三久安林道へと回りましょう。此方の登山道も
見事なブナの森が広がっています。下草にはアセビやシキミが加わり少々煩いが、やがてハシゴ道
分岐。この先からは薄い踏み跡程の道が続きますが、尾根の町界標やピンクのリボンを拾いながら

大岩を巻いて
振り返って見た伐採地
新しい三角点

徐々に高度を下げます。大岩は左から巻き、急な斜面を下ると獣除けネット。暫くはネットに沿って
下ると東側が明るく開ける。此処も伐採地ですね。須留ヶ峰、笠杉山、段ヶ峰等の展望が広がる。
ネットの東は潅木が煩いので西の植林の中を下ります。伐採地が切れる頃、新しい三角点標識。

やっと標識が
激下りの尾根道
林道へ戻る

此処まで下ると分岐が近い?で、眼を皿にしてリボンを追い掛けます^^)やや西向きに転進し少し
下るとやっと標識が現れホッと一安心。が、此処から林道迄が激下り^^)自然林から植林へと変わ
ると更に傾斜が増す上に、リボンの間隔が開き追い掛けるのに必死だ^^)やがて沢音が聞こえて
来ると下方に林道が見え上手く着地した。下山後は原不動滝へ寄り、波賀温泉"楓湯"でした。

クリックするとわいどびゅう
三久安山伐採地から180度(クリックするとわいどびゅう)
三久安山の眺望
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
三の丸から氷ノ山 藤無山 左:一山・右:阿舎利山
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

homeへ
inserted by FC2 system