ふるさと兵庫百山:先山(448.0m)

山行日 2011.4.3(日:曇時々晴)
山域 兵庫県洲本市上内膳
コース 上内膳登山口(60分)分岐(20分)先山(15分)分岐(80分)上内膳登山口
標高差 約400m
総歩行時間 約3.5h(撮影:休憩含む)

南麓の上内膳集落から望む先山
南麓の上内膳集落から望む先山
高架下に車を止めて
集落を北へ
電柱に標識

レポ作成の為の再訪です。ガイド本では下内膳からですが上内膳から逆コースで登ります。
神戸淡路鳴門道の洲本ICを降りて上内膳交差点を左折し、高速道高架下に車を止めます。
登山口は右手の地道を上がった先。電柱には青ペンキで←先山と書かれている。集落内を

中央の竹薮が登山口
砂防堰堤を
古の参拝道

北上し、最奥の民家を左手に見送り竹薮に続く道を歩けば正面に砂防堰堤。此処は左へと
巻いて行く。直ぐに道幅は広がり古の参拝道の様相。落葉積もるU字状に掘れた参拝道は
意外にも急坂だ。葉を落とした雑木林を彩るのは藪椿の赤い花。林床には点々と落ち椿。

落ち椿が
十丁石仏建つ
岩戸神社鳥居

スミレの仲間では早咲きのアオイスミレが目覚め、ミミガタテンナンショウが咲き始めている。
落葉で滑り易い急坂も十丁石仏が現れれば緩やかに成る。暫く平坦な道だが痩せ尾根を
通過すれば再び九十九折の急坂。しかし10分程我慢すれば岩戸神社の鳥居が現れる。

合流点
茶店先に
石段を登れば

此処迄来れば下内膳からの合流点には僅か。小奇麗な参道を登れば正面に東茶屋。
その先には先光寺へ続く石段。石段を登れば淡路島十三仏第一霊場"先光寺"不動堂
更に左手に続く石段を登れば展望台。此処からの眺望は淡路八景と呼ばれ、眼下に

千光寺不動堂
洲本の町並み
石段を更に登ると

洲本の町並み、遠く播磨灘越しに四国は阿讃山地が望める。本堂へは更に石段を登った
先に仁王門、正面には本尊千手観音を安置した本堂。左手に鐘楼・右手に三重塔建つ。
肝心の山頂は本堂右手の石囲いの様?参拝を済ませ下山には先程の分岐を左手に取り

仁王門
千光寺本堂
先山山頂?

下内膳方面に下ろう。此方の参道は綺麗に掃き清められている。九丁石仏を過ぎれば
石段に代わり、七丁石を過ぎれば舗装路に成る。更に舗装路を下れば車止め。此処で
参道は二手に分かれるが、上内膳へは右手に向かい集落を抜けて駐車地に戻った。

分岐は左へ
九丁石仏
この先は右へ
千光寺本堂:左に鐘楼、右に三重塔
千光寺本堂:左に鐘楼、右に三重塔
先山の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
藪椿 ミミガタテンナンショウ 境内の染井吉野
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

homeへ
inserted by FC2 system