ふるさと兵庫の50山+8・来日岳(567m)

山行日 2008.9.9
山域 山陰海岸国立公園の最高峰:兵庫県豊岡市
コース 城崎温泉駅(30分)来日岳登山口(110分)来日岳
来日岳(30分)紅葉平(50分)大師山(30分)城崎温泉駅
標高差 約565m
総歩行時間 約5.0h(休憩含む)

大師山山頂から見る来日岳
大師山山頂から見る来日岳
JR城崎温泉駅
線路沿いを
此処を曲がり

久し振りに日本全国晴れマーク^^)待ってましたとばかり、残っている青春18切符で昨年同時期時間切れで
撤退だった来日(くるひ)岳に出掛けます。JR神戸7:48発の姫路行に乗り込みます。城崎温泉駅に定刻通り
11:28に到着。今回は来日集落からの周回コース。JRの線路沿いを2kmほど豊岡方面に戻り、来日の信号

橋梁を潜り
獣除けのゲート
石仏建つ登山道

手前の細い道へ右折します。宮代川橋梁を潜り2-300m進むと獣除けのゲート。ゲートを開けると山頂迄
95分との標識。雑木林に続く意外と急傾斜な九十九折れを登ります。足元は非常に滑り易い安山岩?で
雨後に歩くにはチョット危険!?登山道は植林と雑木に囲まれ展望も無く、等間隔に並ぶ苔生した石仏だけ

天望
P304ピーク
遠くに来日岳が

途中、天望と標識が建っていますが殆ど何も見えません^^)やがて傾斜が緩むとP304の標識。此処から
登山道は下り始めますね。時折樹の間から鉄塔建つ来日岳が望めます。この先2:3度緩やかにup.down
すると朽ち掛けた標識に来日岳中間点の文字。此処から幾分傾斜が緩んだ登り。辺りにブナの木も現れ

中間点の標識
ブナの木も
あと10分

足元には暗紫褐色の花を咲かせたシュロソウ、漸く咲き始めたキンミズヒキが目立ちます。やがて"あと
10分"の標識が現れ、直ぐ先で左からの道と合流すると右前方にブロック造りの小屋。その左手には
展望台。此処から円山川河口の先に日本海や丹後半島が望めます。直ぐ上にはNHKのアンテナ群

もう直ぐ山頂
展望台
来日岳山頂

その裏手に一等三角点建つ来日岳山頂。山頂には沢山の石仏、展望は直ぐ下の車道?からの方が
良く見えます。この日山頂付近は工事中。何台もの工事車両が止まっていますね。来日の集落からは
山頂迄車で登れる様です^^)山頂で景色を楽しんだら下山しましょう。暫くは車道歩きです。芝生平を

来日岳展望台から
来日岳展望台から:円山川河口の向こうに日本海
来日岳山頂から
来日岳山頂から:円山川の向こうは豊岡市街地
芝生平を抜けて
此処を真っ直ぐ
少し荒れた登山道

抜けると車道を外れショートカット。再び車道に出るてdocomoのアンテナ横から再びショートカット^^)

余り人が歩かないのか下草が生い茂って少々歩き難い。やがてダートの林道に出ると此処は紅葉平

昨年は此処迄でした^^)此処からは長〜い林道歩き。少し色付き始めたモミジ、ヤマジノホトトギスが

紅葉平
林道分岐
大師山ロープウェイ駅舎

今は盛りと咲き誇り、終り掛け?のツリフネソウや今は珍しくなった?オミナエシにオトコエシと退屈な

林道歩きに色を添えています。やがて林道も終ると、大師山のロープウェイ駅舎が見えて来ました。
此処から近畿自然歩道を極楽寺へと下り、下山後城崎温泉:外湯七湯の一つ"まんだら湯"でした。

極楽寺へ
和合の樹
まんだら湯

青春18切符:タイムテーブル

神戸07:18発〜姫路行:快速〜08:15着姫路 姫路08:43発〜播但線寺前行〜09:27着寺前
寺前09:29発〜和田山行〜10:14着和田山10:41発〜山陰線城崎温泉行〜11:28着城崎温泉

城崎温泉17:11発〜豊岡経由〜18:09着 和田山 18:27発〜19:20着寺前
寺前19:25発〜20:10着姫路20:37発〜神戸線;米原行:新快速〜21:12着神戸

来日岳で出逢った花達

ヤマジノホトトギス
ツリフネソウ
ヤマジノホトトギス ツリフネソウ
シュロソウ
オミナエシ
シュロソウ オミナエシ

homeへ

inserted by FC2 system