ふるさと兵庫の50山+8・書寫山(371m)

山行日 2002.6.13     2003.12.5     2005.11.27
コース 東坂登山口〜(35分)ロープウエイ山上駅〜書寫山圓教寺
書寫山〜(25分)書寫山〜(40分)東坂登山口


西坂登山口〜文殊堂〜書寫山圓教寺〜西坂登山口
標高差 約320m

ロープウェイ前山陽道高架下の駐車場 住宅地の中の案内標識 書寫山は高さ371mだが姫路市で1・2の高さ
山上には多数の重文が在る西国27番札所圓教寺があり
西の比叡山と呼ばれている今回は実に・ん十年振りの
登山です。車をロープウェイ前山陽道の高架下に
止め南に10分程の住宅地の東坂から山頂を目指す
標識は各所にあり迷うことはない 住宅地から僅かで
播磨地方特有の凝灰岩の尾根道になり直進の
道とつづら折れの道が交差しどちらでも歩ける
振り返ると播磨平野と播磨灘が望める
登山口の案内標識 凝灰岩の尾根道
展望台への分岐 円教寺の仁王門 30分程で展望台への分岐山頂に展望は望めないので
此処で景色を堪能!後
1〜2分でロープウェイの
山頂駅・山上は圓教寺の境内、
拝観料300円也参道を
本堂に向かう最初に鐘楼・慈悲の鐘更に進むと何と其処に
ハングライダーのフライト場が、ウ〜ン時代が進んだ
山門をくぐり摩尼殿に見事な掛造りの本堂
紅葉の時期に是非見たい此処には休憩所・売店が
ある。
山門から10分山頂は摩尼殿の裏手より
白山権現方面へ白山権現の直ぐ裏手に
ひっそりと山頂の標識摩尼殿から10分
じっくり時間を掛けて境内を散策、帰りは来た道を戻る
見事な掛造りの摩尼殿清水寺と同じ造り ひっそりと山頂の標識
左から常行堂・食堂・大講堂全て重要文化財


ラストサムライは何処?書寫山(371m)圓教寺 2003.12.5

東坂登山口〜(35分)ロープウエイ山上駅〜書写山圓教寺〜(25分)書写山〜(40分)東坂登山口
書写山への標識 住宅街を抜けると 明日、6日ハリウッド映画トム・クルーズ主演
《ラストサムライ》が公開予定。タイミング良く
時間が空き、早速出掛けることに。
姫路バイパス姫路西ICを降り、夢前川沿いに
北上。山陽自動車道手前を右折し
書写ロープウェイ駐車場に到着。
標識に従い住宅街に入り、東坂登山口へ
向う住宅の間を抜けると、登山道に変わる。
道は西からの道と合流し、丁石や石像が
並べられた、凝灰岩の尾根道を一登り。
ロープウェイ駅少し手前に展望台がある。
前回はお天気が悪く眺望も今一つだったが
今日は少し霞んでいるものの播磨灘が見える
凝灰岩の道 大日如来
丁石が続く 展望台への分岐 少し登るとロープウェイ駅、その先には
西国27番札所圓教寺。拝観料300円を払い
山門を潜り、見事な掛造りの本堂・摩尼殿に
その上に白山宮があり、裏手が書寫山頂。
山頂からの眺望は無い、その足で大講堂
食堂・常行堂等の重文建築群を見て廻る
映画の中の、どのシーンで見られるのかな?
円教寺山門
白山宮
書写山山頂
摩尼殿
掛造り構造の摩尼殿
摩尼殿内部
摩尼殿内部
左から常行堂・食堂・大講堂 全て重要文化財
書写ロープウェイ山上駅から
書写ロープウェイ山上駅から

行楽日和で大賑わい:書寫山(371m)圓教寺  2005.11.27

日吉神社 西坂参道 書寫山には何度か出掛けているが、そう言えば
何故か紅葉の見頃には出逢っていない^0^)
好天の日曜日、やはり駐車場の遥か手前から

車の渋滞の列が出来ており、駐車出来そうに無い
で、急遽西坂参拝道から登る事にし、姫路工大
手前を右折し、日吉神社横に車を止めます。
西坂参道は書寫山圓教寺に続く唯一の道路で
歩くにはチョット面白味に欠けますが、最短で
辿り着きます。歩き始めると以外に急な坂道に

思う様に足が進みません^^)それも左に文殊堂が
現れると傾斜も緩み、峠を越えると右手から東坂
参道と合流し、妙心院の苔生した石垣や白壁に
意外と急坂 文殊堂
東坂参道と合流 妙心院の紅葉 赤く色付いたモミジが見事にマッチしています。
摩尼殿に続く石段を降りると、左から六角坂参道
湯屋橋を渡ると摩尼殿です。摩尼殿は岩山の

中腹に建てられた舞台造りの建物。御本尊は
六臂如意輪観世音菩薩です。紅葉も丁度見頃
とあって、沢山の観光客で境内は賑やかです。
摩尼殿を後にし大講堂・食堂・常行堂等の
重文建築群を見て展望台へと進むと、此方も
大勢の人で大賑わい^^)残念ながら眺望は

霞が酷くて播磨灘が辛うじて見える程度でした。
今回は紅葉の見頃に上手く来る事ができ満足。
下山は登って来た道を戻りました。
摩尼殿 摩尼殿回廊から
摩尼殿内から 紅葉越しの摩尼殿 古びた土壁を彩る
摩尼殿内から 紅葉越しの摩尼殿 古びた土壁を彩る

inserted by FC2 system