女人禁制・山上ヶ岳(1719m)〜女人大峰・稲村ヶ岳(1726m) 2003.9.2  

母公堂〜大峰(清浄)大橋〜奥駈道〜山上ヶ岳〜レンゲ辻〜山上辻〜大日山
大日山〜稲村ヶ岳〜山上辻〜法力峠〜母公堂  総歩行時間約6.5時間 標高差約840m

←周辺地図 画像の上にカーソルを乗せて下さい

母公堂前の駐車場 大橋茶屋 左、山上ヶ岳・正面はレンゲ辻方面

今年の夏は異常気象で8月下旬になってからやっと晴天が続き9月に入っても連日、真夏日や熱帯夜だ^0^)

槍ヶ岳山行以来、一月振りに何処かに出掛けようと思い大峰山系にターゲットを絞る。其の中でも、ん十年振りの
山上ヶ岳に出掛けることにする。大峰山と云えば今では大峰山系中、最高峰の八経ヶ岳(八剣山)を指すようだが
本来、大峰山と云えば此処山上ヶ岳(旧名金峰山)を指す。しかしこの時代にあっても頑なに女人禁制を貫いている
山上ヶ岳では万人向けにアピール出来ない。其の事の善し悪しを此処で議論しないで置こう。前日の午後9時過ぎ

大峰(清浄)大橋 女人結界門 一ノ世(一ノ瀬)茶屋

自宅を出、国道309号線道の駅・黒滝で朝まで仮眠する翌日6時過ぎに目覚め、新川合トンネルを天川方面に
天川川合で左折し洞川へ、温泉街を抜け山上川沿いに
大峰(清浄)大橋方面へ、今回山上ヶ岳から稲村ヶ岳への
周回コースを取る為、下山口に近い母公堂前に駐車する。支度を済ませ林道を、大峰(清浄)大橋方面へと向う
早速林道沿いにはツリフネソウ・アキノウナギツカミアキノキリンソウ等がお出迎え^0^)20分程で登山口の
大橋茶屋に到着。山上ヶ岳へのピストンなら此処に車を止める方が近い。橋の袂から真っ直ぐ行くとレンゲ辻

お助け水 奥駈道出合と洞辻茶屋 陀羅尼助茶屋

清浄大橋を渡ると山上ヶ岳方面。橋を渡ると直ぐ女人結界門。此処から女性は立ち入り禁止。門の横には
一部報道機関で女人禁制が解かれたように報道されたが大峰山寺では今まで通り女人禁制です。と立看板が。
杉の植林帯の中、九十九折れの道をユックリ登り始めるホンの少しで一ノ世茶屋更に其の先一本松茶屋と過ぎ
道は植林帯から雑木林に其の先にはお助け水がある。
更に登ると左から吉野山から続く奥駈道との出合い。
其処に洞辻茶屋が建っている。何人かの先達とすれ違うが此処での挨拶はこんにちは、でなく《よお参り》と云う。

左・表の行場へ、右・巻き道 西の覗き 西の覗きは表の行場

其の先には陀羅尼助茶屋。茶屋の世話人の方にお茶を頂き、茶屋を抜けると左に表の行場への分岐。勿論左へ
階段状の道を登ると鎖場があり、其の上には鐘掛岩が高さは10m足らずだが最上部が結構手強い。
無事、鐘掛岩を登りきると其処からの眺めは抜群^0^)左に行場で最も有名な西の覗き、其の右手に稲村ヶ岳
三角錐の大日山・白倉山・大天井ヶ岳が望め其の奥には岩湧山・金剛山・葛城山等の山々が少し霞んでいるが
確認できる。一旦少し下り登山道に戻る。後僅かで行場で最も有名な西の覗きに到着。早速岩場から下を

鎖場 鐘掛岩
鎖場 鐘掛岩
クリックするとわいどびゅう(パノラマ写真)
鐘掛岩から左・稲村ヶ岳、小さな尖塔状の山は大日山。右のピラミッド型は大天井ヶ岳その奥には金剛山・葛城山
大峰山寺 山上ヶ岳山頂 左へ行くとレンゲ辻から稲村ヶ岳

覗き込むが怖いのとオーバーハングに為っていて下が
見えない。早々と引き上げ山頂へ向う。石段を登れば
其処は大峰山寺の境内。本堂内には金剛蔵王権現像と役行者像が祀られている。山頂は大峰山寺の西側
木々に覆われた場所に一等三角点がある。残念ながら眺望は望めない。今日、お天気も良いが気温が高い
山上でも20℃を越えている、しかも風も無くとても暑い何時もなら1gの水で足るが今日はもう1g追加する。
此処から奥駈道を外れ、稲村ヶ岳に向けレンゲ辻までの標高差にして200m余りを下る。何箇所も鉄の階段や

クリックするとわいどびゅう(パノラマ写真)
西の覗きからの眺望
鉄梯子と鎖 山上辻 大日山分岐

鎖付きの道を注意しながらレンゲ辻に到着。一転して山上辻迄の登りに変わる。右側が切れ落ちた登山道。
幾度かの涸れ沢をトラバースしながら山上辻に到着。稲村小屋を過ぎ右手に大日山への分岐。折角なので
寄り道する。鎖場や梯子を登ると大日如来が祀られている山頂。見晴らしは無い、分岐まで戻り大日キレットを
右に見先に進む。暑さと疲れから足が縺れ転倒する幸い大した事が無くホットする。運が悪ければ重大な
事故に!!気を付けなければ。山裾を右に回り込むように進み平らな場所に出ると、後僅かで稲村ヶ岳の山頂。

大日山山頂の祠 大日キレット 稲村ヶ岳山頂

山頂には展望台があり眺めはほぼ360度。一部東側が樹木に遮られ見えない。眺望を楽しんだ後下山に掛かる。
来た道を山上辻迄戻り、分岐を左に法力峠方面へ向かう此方の道は山裾をトラバース気味に緩やかに下る。所々
鉄橋や鎖があるが歩き易い、途中沢の水場で一休み。法力峠で観音峰への道を分け更に下ると稲村ヶ岳登山口と
車を止めた母公堂との分岐が現れ、迷わず母公堂方面へ数百mで母公堂の直ぐ横の下山口に到着する。下山後
母公堂で冷えた懐かしいラムネを飲み干す。下山後はお約束の温泉!洞川温泉センター大人510円也

法力峠 母公堂の横が下山口 洞川温泉センター
山野草のスライドショウへは花をクリックして下さい
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
アキノキリンソウ・キク科 アキノウナギツカミ・タデ科 タチフウロ・フウロソウ科
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
イヌショウマ・キンポウゲ科 ミヤマウズラ・ラン科 アキチョウジ・シソ科
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
ツリフネソウ・ツリフネソウ科 リンドウ・リンドウ科 ヤマトリカブト・キンポウゲ科
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
ヨメナ・キク科 ミゾホウズキ・ゴマノハグサ科 モミジガサ・キク科
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
クリックするとスライドショウ
ツルニンジン・キキョウ科 カワミドリ・シソ科 シラヒゲソウ・ユキノシタ科
クリックするとわいどびゅう(パノラマ写真)
稲村ヶ岳からの眺望・左から山上ヶ岳・竜ヶ岳・大普賢岳・鞍部の右に八経ヶ岳と弥山

homeへ戻る
inserted by FC2 system