初夏の伊吹北尾根:国見峠から御座峰(1070m)

山行日 2008.5.27
山域 伊吹山系:滋賀県米原市:岐阜県:揖斐川町
コース 国見峠(60分)国見岳(30分)大禿山(30分)御座峰
御座峰(30分)大禿山(30分)国見岳(40分)国見峠

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約310m
総歩行時間 約5.0h(含む休憩)
   
伊吹山から北尾根を望む
伊吹山から北尾根を望む
足俣川の手前を右に
此処から右に曲がって
国見峠

5月最後の休みに以前からの宿題であった伊吹北尾根へ。前回は伊吹山を越えての北尾根で
御座峰で敢え無く撤退^^)で、今回は北側の国見峠から御座峰へ出掛けます。県道40号(山東
本巣線)を姉川沿いに北上して上板並を過ぎ、足俣川の手前を右折します。暫く走ると林道先に
ゲートが見えますが此処は大きく右に曲がります。全線舗装されてはいる物の路面には多数の

新しい駐車場から伊吹山が
北尾根登山口
出だしは急な登山道

落石や、対向困難な狭い場所もあり慎重に高度を上げます。20分少々走れば国見峠に到着。
峠には新しく整備された大きな駐車場。駐車場から南にドッカリ伊吹山が望める。先客は1台。
此処で行き成りポカ^^)登山口は駐車場奥に伸びている林道からだと思い込み歩き出しますが
何故か下り始めます。変だな?と思いエリアマップを確認すると、登山口は県境の尾根からだ^^)

気持ち良い尾根道
教如上人縁の鉈ヶ岩屋への標識
傾斜が急に

お陰で20分のロスタイム!!駐車場に戻る手前で、愛知から来られた3人と出会う。この方達も
間違われている様なので声を掛け、一緒に登ります。峠には長寿大師像と由緒書の石碑。
その石碑横が北尾根登山口。尾根上を忠実に辿る道は良く踏まれ、雑木に囲まれて良い
雰囲気だ。道脇には散り終えたトクワカソウやチゴユリ。小さなピークを越えると、現れたのは

ロープ掛かる岩場
貝月山の向こうには
白山が

教如上人縁の鉈ヶ岩屋への標識。此の先からは傾斜を増しトラロープが架けられた岩場。
岩場上から振り返ると、貝月山の右に雪を被った白山が望める。岩場を過ぎれば再び緩や
かな道となり、突然前方が開けます。以前KDDIのパラボナアンテナが建っていた場所だ。
今は全て撤去され、小広い草地に戻っている。お陰で見事な展望台に!!ブンゲン、貝月山は

パラボラアンテナ跡
足下にはニリンソウ
国見岳山頂

勿論、遠く能郷白山、白山、美濃の山々の向こうには御嶽山も薄っすらと見えている。此処から
樹林の中を僅かに進めば国見岳。山頂は東方向のみが開けている。少しの休憩後大禿山に
向けて南へ辿ります。道脇にはハクサンハタザオ、イブキハタザオ、コンロンソウと白い花々が
咲いていますが、日差しが強烈で撮影には不向きですね。石灰岩質のゴロゴロした道はとても

国見岳から (クリックするとわいどびゅう)
国見岳から (クリックするとわいどびゅう)
遠くに伊吹山が
日当たり良すぎて
ニッコウキスゲ咲く

滑るのでピッチも上がらない。大禿山への鞍部では早くもニッコウキスゲが花開き初夏の陽気。
登り返して樹林に入れば、涼しくてホッとしますね^^)林床にはヒメレンゲ、ツクバネソウ、ユキザサ
ホウチャクソウ、ナルコユリ、ラショウモンカズラ等が咲き、樹林を抜ければ大禿山山頂。名前とは
裏腹に緑濃いですね^^)振り返れば国見岳が大きく見え、進む先を見れば伊吹山が随分と近くに

樹林を抜け
大禿山山頂
御座峰が

見えます。御座峰へ向けて再び鞍部に下ります。笹の混じる尾根にはヒメウツギ、ウマノアシガタ
ヤマブキソウやヒメフウロ、ヤマツツジ等も咲いています。再び登り返すと緩やかな道。後僅かで
御座峰です。御座峰は展望こそありませんが、北尾根唯一の三角点が建ち、本ルートを開拓した
大垣山岳会の記念プレートが置かれています。此処まで来ると伊吹山方面から来られた登山者と

尾根道
緩やかに
御座峰山頂

擦れ違う様になりました。此処で少し早めの昼食を摂ろうと思いますが、日当たり良すぎです^^)
もう少し先迄歩いて日陰を探しましょう。御座峰から先の樹林下で昼食後、未だ時間もあるので
更に南下しますが、結局P1149手前の鞍部で引き返す事にしました。此れで漸く伊吹北尾根が
南北から繋がりました^^)帰路には同じ道を引き返すのですが往路と同じ位時間が掛かります。

御座峰山頂
御座峰山頂
伊吹山が近い

結局、下山したのは午後2時を回っていました。未だ々陽も高いので下山後に奥伊吹に向かい
"森の熊さん"^^)を見に行きました。植栽とは言え、此れだけ群生していると壮観です^^)此処で
出会った方から色々な花の情報を頂きました。この方、この春スミレを追い掛け九州から東北迄
飛び回ってらっしゃったとか、凄い^^)下山後のお楽しみは伊吹薬草の里"ジョイ伊吹"でした。


伊吹北尾根:奥伊吹の花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
タチシオデ エビネ ルイヨウボタン
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ユキザサ ホウチャクソウ ヒメレンゲ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヤマブキソウ ヒヨクソウ ヒメフウロ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ハナイカダ フタバアオイ クルマバソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ツクバネソウ ヤマツツジ ラショウモンカズラ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ハクサンハタザオ イブキハタザオ コンロンソウ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ヒメウツギ ボタンネコノメ ニッコウキスゲ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クマガイソウ クマガイソウ クマガイソウ
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system