賑わう箕面大滝から最勝ヶ峰(530m)

山行日 2008.11.29
山域 北摂山地:大阪府箕面市
コース 阪急箕面駅(60分)箕面大滝〜東海自然歩道〜(90分)最勝ヶ峰
最勝ヶ峰(20分)勝尾寺〜自然散策路〜(80分)箕面大滝(50分)阪急箕面駅
標高差 約430m
総歩行時間 約6.0h(含む休憩)
   
阪急箕面駅
賑わう土産屋を
大勢の観光客

いよいよ紅葉の季節も終盤を迎えた模様。今回は超メジャー級な紅葉スポット^^)箕面公園へと足を
運び、箕面大滝から最勝ヶ峰、勝尾寺へと周回しましょう。先週に続いて三宮から阪急に乗り、十三
石橋と乗り換え、箕面駅に着いたのが10時半。賑わう駅前の土産物屋街を人混みに紛れて奥へと

箕面温泉スパーガーデン
瀧安寺
唐人戻り岩

滝道を進みます。箕面温泉スパーガーデンのエレベーターを横目に更に奥へと。昆虫館を過ぎれば
僅かで龍安寺。この龍安寺、実は宝(富)くじ発祥の地だそうです^^)朱塗りの瑞雲橋と紅葉が綺麗だ。
若干のUp:downを繰り返し、野口英世像、唐人戻り岩、と過ぎれば箕面大滝はもう少しです。滝前の

賑わう箕面大滝
ドライブウェイに向かって
駐車場は満杯

茶屋を過ぎると、其処にはもう、数え切れない程多くの見物客でごった返している^^)人混みを掻き
分け、見事に色付いた滝を撮影すれば、さあ、最勝ヶ峰へ向かいましょう。少し戻って勝尾寺への
標識に従い、九十九折の道を登ればドライブウェイに出ました。この先暫くはドライブウェイ沿いに

臨時駐車場も満杯
箕面ビジターセンター
東海自然歩道入口

歩きますが駐車場はおろか、ドライブウェイ沿いに設けられた臨時の駐車場も満杯だ!!30分少々も
ドライブウェイを歩いたでしょうか?左手に箕面ビジターセンターが見えて来ました。最勝ヶ峰へは
此処から始まる東海自然歩道を辿りましょう。入口はビジターセンター奥の駐車場手前から。石段を

階段道が続く
奇妙なオブジェ
尾根横の桟道

登れば東海自然歩道と自然研究路の分岐。勝尾寺には右の自然研究路を、最勝ヶ峰へは左の東海
自然歩道を辿ります。広くて整備された道ですが以外に傾斜が強くUp:downを何度も繰り返しますね。
やがて自然歩道真ん中に奇妙なオブジェ?如何やらこの辺りの地形を模した物らしい。この先直ぐで

墳墓が最勝ヶ峰山頂
霞む大阪の街並み
勝尾寺への分岐

尾根を外れると木製の桟橋。通り過ぎた所が開成(かいじょう)皇子の墳墓。如何やら此処が最勝ヶ峰。
山名板や三角点は無い様ですね。その足でもう少し東に向かうと展望の利く岩場ですが、遠くに見える
大阪の街並みは霞んでいます。更に進むと勝尾寺への分岐が現れ右に折れ落葉積もる道を下ります。

錦の向こうに
勝尾寺本堂
自然研究路

やがて色付いた木々の間から、勝尾寺の本堂が見えて来ました。見事に色付いた境内をユックリと
回った後、勝尾寺薬師堂から自然研究路へと足を踏み入れます。最初こそ急傾斜な道も、やがて
緩やかに山腹を縫いながらビジターセンターへ戻ります。再び箕面大滝へ戻り、滝道を箕面駅へ。

箕面の黄葉:紅葉
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
苔の緑と落葉の紅葉 山肌はパッチワーク模様 黄葉と紅葉
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。


箕面大滝 勝尾寺

inserted by FC2 system