残雪の深山北尾根:ささやまの森公園〜深山(827m)

山行日 2008.3.2
山域 北摂の山:兵庫県・大阪府・京都府
コース ささやまの森公園(50分)満灯山(60分)舩谷山
舩谷山(30分)深山(20分)舩谷山(10分)庫阪峠
庫阪峠(15分)扇岩(30分)ささやまの森公園
標高差 約490m
総歩行時間 約4.0h(休憩含む)

大野山から見る深山
大野山から見る深山
ささやまの森への案内標識
ささやまの森
駐車場

いよいよ3月、今年の雪の多さで近場である北摂の山も、ネッ友であるKENさんからの情報では
随分と雪が積もった模様だ。早速、追い掛け山行です^^)山陽道から中国道、舞鶴道と乗り継ぎ
丹南篠山ICを目指しますが、丹南篠山IC手前で3kmもの渋滞情報!?首を傾げながらも手前の

公園事務所
園内遊歩道を
残雪の杉林を

手前の三田西ICで降り、国道176号線で北上します。篠山市内に入り、渋滞の原因が恒例の
篠山マラソンだと判明^^)因って国道372号線を東に向かい、"ささやまの森公園"への標識に
従って右折、八幡谷ダム湖畔を公園管理事務所前へ。既に駐車場には7-8台の車が駐車中

林道分岐
此処から沢へ
杉林の中を

先ずは管理事務所に立寄り、詳しい園内マップを頂く。事務所横から奥へ進み、東屋先を左へ
ママ谷道へと進みます。暫くは少し雪が残る杉林の中を歩きます。所々作業道が枝分かれして
いますが、構わず広い道を進みます。やがてY字路、此処は左、少し右に回り込む様に進むと

府境尾根に
朽ち掛けた階段
鉄塔下に

杉木立の道への分岐。作業道と分かれ谷沿いの杉林の中を登ります。目印のピンクリボンを
拾いながら登り詰めると支尾根に突き当たります。此処は左手が京都、右手が兵庫との府境
尾根を右手に緩やかに登ると送電線の鉄塔。漸くこの辺りで残雪が現れました。鉄塔からは

送電線の鉄塔からの展望
送電線の鉄塔からの展望
プラ階段を
満燈山山頂
遠くに深山が

振り返ると左に大きく弥十郎ヶ岳、右手には三国岳でしょう?展望を楽しみ先に進みます。
コナラやクヌギの雑木林に、プラ階段が続き登り切ると、此処が満燈山。山名標識は特に
無く手製のみ。しかも展望は全く無し^^)僅かに樹間から目指す深山のドームが見えるだけ

蛇岩
深山への標識
舩谷山

満燈山から右手の尾根に向かい、一気に高度を下げ再び登ると蛇岩。蛇岩を右に見送り
小さなピークを何度もup:down。辺りの雪は徐々に深くなり、踏み抜くと膝下迄沈み込む^^)
やがて舩谷山に到着。此処、舩谷山は京都:大阪:兵庫3府県境の山。此処で今日始めて

沢山の足跡
樹間の向こうに
笹原の向こうに

登山者と出会いました^^)挨拶を交わし少しの休憩後深山に向かいます。雑木の北尾根は
先日の雪が思いの外残り、スノーシューを車に置いて来た事を少し後悔^^)ワカン等の踏み
後は多く迷う事は無いでしょう。右樹間から深山のドームが直ぐ其処に見え、アセビの森を

雨量レーダードーム
深山宮
分岐は左へ

抜けると大岩が御神体の深山が直ぐ其処に。所が最後の難関が此処の笹原^^)一歩踏み
抜くと太腿迄潜る、何とか登り切り大岩を回り込むと深山頂上。頂には深山宮と雨量測候
レーダードーム。先客は4-5組10人程。少し遅い昼食とする。展望は少し霞んではいるが

庫阪峠
夏椿
扇ナリ

西に大野山、高岳。その北には弥十郎ヶ岳。遠く多紀アルプスや京都北山の山並みも望め
先ず々でしょう。ユックリしたいのですがそろそろ下山の時間。来た道を舩谷山へと戻ります
戻った舩谷山からは左へ、谷まわりコースで庫阪峠に向います。意外と急な階段道を下ると

扇岩の巨大なツララ
杉檜の植林地
活動拠点

庫阪峠。此処は南へ行けば大阪能勢町、真直ぐは西尾根、北は活動拠点と丁度十字路だ
深山古道と名付けられた道は案外急で、残雪と共に滑り易い!!やがて篠山市の天然記念物
"沙羅の木"を過ぎ、谷が広がると扇ナリ。直ぐ先には見事なツララが下がる扇岩。更に下り
杉や檜の植林地を抜けると散策路に出ました。後は活動拠点施設への周回コースです。

クリックするとわいどびゅう
深山山頂から(クリックするとわいどびゅう)

homeへ

inserted by FC2 system