紅花山芍薬(ベニバナヤマシャクヤク):大峯山地

山行日 2009.6.20(土:曇時々晴)
山域 大峯山系:奈良県天川村
コース ○○登山口(20分)第一展望所(25分)休憩所(20分)○○峰展望台
○○峰展望台(20分)休憩所(20分)第一展望台(20分)登山口
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約500m
総歩行時間 約3.0h(含む撮影・休憩・食事)
   
天川村役場付近から望む○○峰
天川村役場付近から望む○○峰
登山口
吊橋を渡り
植林の中を

05年6月以来、実に4年振りにベニバナヤマシャクヤクを見に大峯山地へ向います。今回も下山後に
内田康夫氏著作の"浅見光彦シリーズ"で一躍有名になった、天河神社(大弁財天社)参拝と天の川
温泉入浴と、家内を伴って出掛けます。下市口から国道309号線を南下、登山口の天川村川合へと

観音の水
第一展望台分岐
階段道

車を走らせ登山口に11時少し前に到着です。駐車場は既に満車状態ですが何とか止められました^^)
支度を済ませて山上川に架かる吊橋を渡り、檜や杉の植林地の中に続く登山道を登ります。林床には
コアジサイ、フタリシズカ、サワギク等が咲いています。暫く登ると道脇には観音の水と呼ばれる水場。

休憩所
親王の歌詠み石
観音の岩屋分岐

その先少しで第一展望台への分岐、一寸立ち寄りますが大峯山の山頂付近はガスの中。再び登山
道へと戻り高度を上げます。この登山道は"南朝ロマンの小径"として整備され、随所に丁寧な案内。
やがて神社風の休憩所。一息入れて先へ進みます。休憩所横から石段を登り、親王の歌詠み石の

九十九折の道
此処を抜けると
○○峰展望台

間を抜けると観音の岩屋への分岐。此処は素通りし、ブナやコナラの雑木林の中、急な斜面を登り
九十九折の道の傾斜が緩むと笹原広がる○○峰展望台。お目当てのベニバナヤマシャクは丁度
見頃だ^^)4年前に比べると花数を増やしていますね。下山後は天河神社参拝と天の川温泉でした。

○○峰展望台から大峯山系を望む
○○峰展望台から大峯山系を望む

天河神社
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
鳥居 本殿 能舞台
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

全画像:15枚

大峯山地:ベニバナヤマシャクヤク&花達

inserted by FC2 system