高島トレイルを歩く:三重嶽(974.1m)〜武奈ヶ嶽(865m)

山行日 2009.5.10(日:晴)
山域 湖北山地:滋賀県高島市
コース 石田川ダム(60分)落合登山口(30分)三重嶽(60分)水谷分岐(60分)ワサ谷分岐
ワサ谷分岐(35分)武奈ヶ嶽(30分)赤岩山(60分)赤岩山登山口(5分)石田川ダム
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約670m
総歩行時間 約8.0h(含む撮影・休憩・食事)
   
武奈ヶ嶽直下から望む三重嶽
武奈ヶ嶽直下から望む三重嶽
石田川ダム
ダム前の駐車場
舗装林道を歩く

今ネットで何かと話題の高島トレイル。マキノの愛発越から湖北の山並を経て、朽木の三国岳へ至る
約80kmにも及ぶ道。このトレイルは日本列島の日本海側と、太平洋側を区切る中央分水嶺なのだ。
既にトレイル上の赤坂山、三国山、大谷山、大御影山、百里ヶ岳、三国峠等は歩いている。で今回は

武奈ヶ嶽登山口
わさ谷登山口
落石の林道

トレイル最高峰の三重嶽(さんじょうだけ:さんじょうがだけ)から武奈ヶ嶽へと周回しましょう。登山口は
今津町角川の石田川ダム。ダムサイトの駐車場に車を止めて歩き出します。5分足らずで赤岩山から
武奈ヶ嶽への登山口。此処は見送り舗装林道を先に進みます。更に5分歩けばわさ谷登山口ですが

登山口前には
落合登山口
尾根への急坂

此方も通り過ぎます。ダム湖を巡る林道にはウワミズザクラ、ヤマフジ、タニウツギ等が咲き、足元には
ホウチャクソウ、クルマムグラ、キュウリグサ等が咲いています。芽吹きの林道を約1時間程も歩いた頃
漸く落合登山口に辿り着いた。登山口前には先客が2台。此処らで一息入れ、さあ尾根へと取り付き

トラバース気味に
樹間越しに武奈ヶ嶽
小広い植林地

ましょう。暫くは杉林の九十九折の急坂、少し傾斜が緩むと尾根中腹を巻きながら高度を上げます。
左、樹間越しに武奈ヶ嶽が見えますね。やがて杉林の幅広い尾根に登ると、辺りの杉の木には鹿の
食害から樹皮を守るカラフルなビニールテープが巻かれている。暫くで杉林を抜けるとブナ混じりの

杉林を抜けると
U字状に掘れた登山道
ピーク762

自然林。芽吹き始めた木々の新緑が眼に優しい^^)その先にはU字状に掘れた古道、足下には大きな
葉を持ったピンクのオオイワカガミ、赤紫のスミレはマキノスミレか?やがて沢山のブナの古木が現れると
P762峰。辺りの個性的な立ち姿のブナ林を緩やかに登るとP844峰。右、樹間越しに見える反射板は

振り返れば金糞岳が
トウゴクミツバツツジ咲く
ブナの木が

大御影山ですね。P844峰を過ぎると所々に鮮やかな紅紫色のミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ?
やがて淡紅色のホンシャクナゲが目立ち始めますが既に終盤?それとも裏年?なのか花数がとても
少ない。足下にはトクワカソウの残り花が点々と咲いています。此処まで来ると、行く手には三重嶽の

ブナ林
本谷橋からと合流
三重嶽山頂

山影が見えて来ます。マダマダ続くブナの尾根を登ると唐突に河内谷林道、本谷橋からの登山道と
合流、左僅かで三重嶽山頂に到着しました。山頂には樹々が繁り展望は良く有りませんね。南側に
僅かに比良の山並みが見えるだけです。此処で少し早目の昼食としましょう。休日だと言うのに此処

近江坂分岐
武奈ヶ嶽迄5.1km標識
明るい潅木帯

迄誰一人と出逢いません^^)さあ、この先武奈ヶ嶽迄5km以上も残っているので休憩も早めに切り上げ
先に進みます。山頂から200m歩けば近江坂分岐。右に行けば‘07秋に歩いた大日岳から大御影山
近江坂分岐を右に見送り少し下ると明るい潅木帯、辺りの木には此れでもか^^)と、中央分水嶺:高島

高島トレイルのマーカー
P855峰へ
P855峰

トレイルと書かれた黄色テープが沢山ぶら下っています。再び僅かに登り返すとP855峰。P855峰を
過ぎると右手に小さな池。辺りでモリアオガエルの声がする。もう少し後で木々に卵が産み付けられる
のでしょう。この先暫くは下り一方、見晴らし良い尾根からは前方に武奈ヶ嶽が見えますが、未だ遠い

山上の小さな池
前方に武奈ヶ嶽が
水谷分岐

10分も歩けば天増川:水谷へ1.6kmの分岐に出合う。武奈ヶ嶽へは3.1kmだ。この先少し間急坂の
下り坂。下り切れば此処が最低鞍部の痩せ尾根。再び少し登り返せば木々の無い笹原、振り返れば
三重嶽のなだらかな山容、左奥には三十三間山が見えている。この先で今日始めて登山者と出会う

P812m峰北から左奥に三十三間山、右に三重嶽を望む
P812m峰北から左奥に三十三間山、右に三重嶽を望む
最低鞍部の痩せ尾根
振り返れば三重嶽が
今日始めて出会った登山者

挨拶を交わし花の情報交換です。緩やかな登山道はこの先のP812m峰迄続いています。30分も
歩いたでしょうか?ブナの木にP812の標識が括り付けられています。更に5分程歩いた先がわさ谷
分岐。今朝ダム湖畔で見たわさ谷登山口を登ると此処へ繋がっているのだろう。此処から武奈ヶ嶽

P812m峰の標識
わさ谷分岐
東には箱館山が

迄残り1.1km^^)相変わらずブナの木が多い尾根を小さなピークを何度か越えると、左少しに展望が
利く笹原。東には滝谷山から箱館山が望めます。登山道に戻れば正面に武奈ヶ嶽のピークが見える
やがて時計回りに一登り、足下にはオオイワカガミ、花を撮影中に3人グループが追い抜いて行きま

武奈ヶ嶽山頂
杉山分岐
眼前に赤岩山

したよ^^)あと僅かで武奈ヶ嶽山頂に到着です。山頂は木々に囲まれ展望はありませんが、直ぐ南の
杉谷分岐を左折すれば、此れから向かう赤岩山の向こうに琵琶湖、遠く比良の山並みが一望です。
此処から赤岩山迄、高度差にして120mを一気に下りましょう。途中で雑木林から植林帯、雑木林と

水坂峠分岐
赤岩山山頂
林道に降り立ち

交互に現れますが突き当たった所が角川分岐。真直ぐ進めば水坂峠への高島トレイル。赤岩山へは
左、角川方面へ向かい小さく登り返せば杉林の中に三角点建つ赤岩山。此処で石田川ダム標識に
従い左折。杉林の中を高度差400mもの急斜面を九十九折に下り切ると舗装林道に降り立ちました。

クリックするとわいどびゅう
武奈ヶ嶽山頂南側から180度(クリックするとわいどびゅう)

高島トレイルからの眺望
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
三十三間山 箱館山と琵琶湖 比良山系
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

全画像:20枚

高島トレイルの花達とブナ

inserted by FC2 system