雨氷煌めく 市原峠から千ヶ峰(1005.2m)

山行日 2010.2.14(日)
山域 播州高原:兵庫県多可町
コース 市原峠〜(50分)〜千が峰〜(40分)〜市原峠
標高差 約300m
総歩行時間 約2.5h(含む撮影&休憩)
   
白く輝く千が峰:麓の加美区寺内から
白く輝く千ヶ峰:麓の加美区寺内から
獣除けゲートを抜け
僅かに残る林道の雪
市原峠

前日、所用で西脇辺りを走っていると笠形山や千が峰辺りが見事に白い。明日の山行予定にと
市原峠迄走って見ると輝いていたのは霧氷じゃなく雨氷だ^^)翌日迄残っている事を願い帰宅。
翌朝、再び市原峠へと向います。林道の雪も特に問題なく通過して市原峠に到着。先客は1台

千が峰登山口
見事な雨氷
新芽も雨氷に包まれ

下山後に知りましたが此の方がアウトランさんでした。念の為、Sシューを持参し登りましょう。
尾根には僅か5cm程の積雪で、時には地肌が現れていますが辺りの樹々には全て透明な
雨氷を纏っていてキラキラ輝いています。冬季に何度も登っていますが雨氷に出遭ったのは

雨氷のツララ
麓を見下ろす
真っ白な千が峰

初めてですね^^)松の葉一本々、アセビの葉に花芽や、ススキの枯れ枝も雨氷の鎧を纏い
カチカチに凍っている。樹間越しに見える麓の町には、全く冬の気配が感じられないので
なおさら不思議な感覚です。尾根の少し開けた場所からは、真っ白な千ヶ峰が望めます。

覆い被さる様に
今にも折れそう
山頂直下

やがて辺りの樹々は、雨氷の重みで垂れ下がり登山道を塞いでいますよ。歩く度に触れる
雨氷の枝がパキパキ音を立てながら折れますね^^)山頂直下迄登ると辺りの松や杉の木は
まるでプチスノーモンスター^^)最後の急坂を滑りながらも何とか登り切ると千ヶ峰山頂です。

プチスノーモンスター
山頂の標識
千が峰山頂

山頂には先客が2名。挨拶を交わし360度の展望を楽しみます。曇り空ながら意外と遠望が
利き、遠く北に氷ノ山も望めます。南の笠形山も少しだけ白く見えるのは雨氷なのでしょうね。
結局、山頂でも積雪が10cm強と少なく、スノーシューは只のお荷物になってしまいました^^)

暫し展望を楽しみ、北のマタニ山へも足を伸ばそうかと下り始めますが、気温の上昇に伴い
雨氷がバラバラと落下して来ますよ。下るに従い今度は融けて雨の様に降って来るでは^^)
時間はマダマダ早いのですが、諦めて温泉に向かいましょう。お楽しみは麓の春蘭荘です。

雨氷って

落下又は浮遊している過冷却の水滴が樹木、地面、人工物等の物体に付着して出来た
透明で均質な構造の氷の事。物体表面に滑らかな氷の層を作ります。Wikipediaより引用


千ヶ峰山頂から西側を望む
千ヶ峰山頂から西側を望む
千ヶ峰山頂から東側を望む
千ヶ峰山頂から東側を望む
千ヶ峰の煌めく霧氷と展望
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
マタニ(深谷)山 霧氷 プチスノーモンスター
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。


inserted by FC2 system