人・人・人と霧氷三昧 金剛山(1125.0m)

山行日 2011.2.13(日)曇時々晴
山域 金剛山地:大阪府南河内郡千早赤坂村・奈良県御所市
コース 金剛山登山口(60分)セト(50分)国見城跡(15分)葛木神社
葛木神社(15分)ちはや園地(40分)金剛輪寺(40分)金剛山登山口
標高差 約580m
総歩行時間 約4.5h(含む撮影&休憩)
   
富田林市付近から見る葛城山(左)と金剛山(右)
富田林市付近から見る葛城山(左)と金剛山(右)
神戸の街も真っ白
車窓から見る霧氷の六甲山系
南海なんば駅

三連休初日から寒波襲来で神戸市内も珍しく雪化粧。翌土曜日も悪天だったが日曜日には
近畿中部辺りは晴天の予報。ネットで見る金剛山のライブカメラには連日霧氷が映っている。
今朝は車窓から見える六甲連山も霧氷なのか随分と白い。キット金剛山はもっと白いだろう?

登山バス停前は大混雑
金剛登山口バス停
ゾロゾロト

今回"金剛山ハイキングきっぷ"を購入し難波駅から河内長野駅へ。駅前からの登山バス
には既に長蛇の列だ。何とか2台目に乗り込めるが車内は正しく鮨詰め状態。登山口迄
30分余りの苦行の末にバスを下車、ホッと一息。登山口辺りで気温は−3℃。まずまずの

右は千早本道・左は黒栂方面
雄滝
此処は直進

冷え込み具合か?沢山の登山者に混ざり千早本道登山口へ向かう。9割以上の登山者は
本道方面なので人混みを避けて左、黒栂方向へ進む。暫くは凍結した舗装路を登ります。
暫くで車止ゲート。右に進めばタカハタ道ですが直進します。砂防ダム横を抜けコンクリート

雪の林道を詰めて
左が黒栂道
右へはカトラ谷

橋を渡ると左折し、緩やかに続く林道を登ります。やがて林道も終点に差し掛かり左に進めば
黒栂登山口ですが辺りは工事中?。少し気に成るので林道を登って見ると、カトラ谷分岐は
砂防堰堤工事の様子で重機が置いてある。花の季節には通れるのだろうかと少々心配です。

右は黒栂尾根コース
沢を渡り
植林の急坂を

分岐から更に延びている道を僅かに登れば黒栂尾根への分岐。尾根への分岐を見送り左の
沢へと一旦下る。沢を渡ると植林の中に続く階段道。勿論、積もる雪で階段の面影は無しだ。
此処で軽アイゼンを装着し急斜面を登る。綿帽子被る植林の急斜面を登る事30分弱でセトに

セトに到着
急坂を
霧氷の尾根道

到着です。此処は青崩道との合流点。右に進めば山頂へと続いている。未だ暫くは尾根の
急坂を登るが、徐々に辺りの樹木に霧氷の華が咲き始め、時折覗く青空に輝くね。緩やかな
道と急坂とが交互に現れるが周りの霧氷に気を取られデジ亀足。やがてブナの巨木が現れ

霧氷撮影中のアマチュアカメラマン
時折青空が
大賑わいの国見城跡

見事に霧氷の華が咲いている。山頂が近付けば傾斜も緩み最後の急坂を凌げば国見城跡。
山頂広場は物凄い数の登山者で賑わっている。展望は生憎遠望は利かないが富田林市の
街並みが霧氷の向こうに望めるね。賑わう山頂広場を抜けて金剛輪寺裏手から葛木神社へ。

葛木神社
ブナの霧氷越しに大和葛城山
一の鳥居へ

社殿の裏手が最高峰だが立ち入り出来ない。社殿前には子供達の賑やかな掛け声。大勢で
空手の寒稽古中。お参りを済ませブナ林へ向かおう。社殿横の階段はさながら滑り台状態^^)
降り立ったブナ林の向こうには山頂部が白い大和葛城山。更に足を運んで一の鳥居を潜ると

そり遊びのダイトレ
ちはや園地展望台へ
台高方面は雪雲の下

ダイトレに合流。ダイトレも沢山の登山者がそぞろ歩き、勿論、子供達は手に手にソリを持つ。
ちはや園地手前の大阪府最高地点に立ち寄り、直ぐに引き返して園地の展望台に登ります。
残念ながら大峯・台高方面は雪雲の下ですが、ちはや園地に咲く霧氷の向こうには葛木岳に

霧氷に覆われる葛木山頂
手摺にプチ海老の尻尾
霧氷のちはや園地

湧出岳が見事に白く、展望台の手摺りにはプチ海老の尻尾^^)此処で少し遅めの昼食。少し
早いのですが帰りのバスが混む気配?なので、下山に掛かりましょう。帰路にはちはや園地
遊歩道を使って葛城家御廟前から賑わう金剛輪寺へ。寺前には高さ2mはあろうか?大きな

帰路は遊歩道で
相変わらず賑わう金剛山頂
巨大なカマクラ

カマクラ。マダマダ賑わう山頂を後にして千早本道を下ります。本道の階段道は雪に埋もれて
長大な滑り台状態だ^^)中には大の大人がプラスティックそりで登山道を滑り降りている。しかも
足にはアイゼンが・・危険だよね。14時にはバス停だったがやはり帰りのバスも超満員だった。

千早本道は滑り台
大の大人が・・・
下山後のバス停
国見城跡(金剛山頂)からのパノラマ
国見城跡(金剛山頂)からのパノラマ
金剛山の雪景色と霧氷
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
登山道には霧氷の華 霧氷のブナの樹 霧氷に彩られた登山道
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
山頂の金剛桜にも霧氷の華が咲く 霧氷のブナ越しに見る大和葛城山 金剛山頂の巨大なカマクラ

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system