二種類の絶滅危惧種を探して 大峯山:VerT

山行日 2013.5.25(土)曇
山域 北部台高山地:奈良県天川村洞川
コース 観音峰登山口(60分)観音峰展望台(30分)観音峰(70分)法力峠(70分)山上辻(35分)稲村ヶ岳
稲村ヶ岳(30分)山上辻(45分)法力峠(35分)母公堂(60分)観音峰登山口
花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約960m
総歩行時間 約8.5h(含む撮影・休憩・食事)
   
ローソンモドキ?
観音峰登山口の駐車場
吊橋を渡り

大峯に咲く絶滅危惧種・二種類は紅芍・大峯小桜。開花時期は半月以上も違うが咲き始めただろう?
紅芍と咲き残りの大峯小桜に期待して大峯山系へ。大峯山系は実に4年振りだ。早朝に自宅を出発し
阪神高速から西名阪・柏原IC。御所から下市・黒滝を経由して天川川合へ。天川川合のコンビニ?で

吉野杉の植林地を
お一人様のフタリシズカ
観音の水

昼食を仕入れ虻トンネルを抜けると観音峰登山口P。既に満車に近いが空きスペースに駐車する。
支度を済ませ、みたらい渓谷に架かる吊橋を渡って吉野杉の植林地を九十九折に登る。林床には
お一人さんにかしましい^^)フタリシズカの群生。観音の水場に第一展望台分岐ですが今日は久し

第一展望台分岐
橋を渡り
某大学のワンゲル部員

振りのロングコース予定なので足早に通り過ぎます。手摺付きの木橋を渡り緩やかに登ると前方に
大きなザックを背負った某大学のワンゲル部員。挨拶代わりに聞けばテント泊での縦走だったそう
女子も混ざっているので稲村ヶ岳ですね。苔生した大岩が沢山現れると観音平休憩所はもう近い。

観音平休憩所
石段を登り
お歌石を抜け

薄曇りで陽射しは無いが風も吹かなくて結構蒸し暑い。一息付いて再び出発。休憩所横の石段を
登れば大きなお歌石。間を抜けて観音の岩屋への分岐を右に見送り、苔生したブナ林を抜けると
尾根に乗る。植林に続く急坂はジグザグを切って登れば前方が開け、茅の原に飛び出す。此処が

観音の岩屋分岐
ジグザグに切って
観音峰展望台

観音峰展望台。晴れの予報は外れ曇勝ちだが大峰山脈の主峰群が居並ぶパノラマは素晴らしい。
1つ目のRDB種の開花は僅かに2本、もう直ぐ咲きそうな個体は3-4本、その他蕾固しで1週間から
10日早かった。気に成るのは外来種のジギタリスの群生だ。その足で観音峰に向かいます。手前の

植林と自然林の境目を
観音峰山頂
バイケイソウ・トリカブトの海を縫って

小ピークを越え少し下ってから植林と自然林の境目を登り返せば三等三角点建つ観音峰。樹林に
囲まれ展望無し。その先は緩やかな尾根をup:downしながらバイケイソウにトリカブトの海を縫って
既に実のったヤマシャク・フタリシズカ・ヤマツツジ・カマツカ等を見ながら、ピークらしくない三ッ塚

三ツ塚
急坂を下れば
法力峠

此処でやや左へ転進して少し狭い岩尾根を通過。下っては少し平坦を二度程繰り返すと植林の急な
斜面を一気に下ると法力峠に降り立つ。観音峰展望台からは此処迄、誰一人として出会わなかったが
流石にメインルート。カップルやファミリーと数多く出会います。お昼を少し回ったので昼食としましょう。

二種類の絶滅危惧種を探して 大峯山:VerUへ
観音峰展望台から大峰山脈
観音峰展望台から大峰山脈

環境省絶滅危惧種と大峯山に咲く花達
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
環境省RDBU類 紅芍:ボタン科 奈良県RDBT類
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
フタリシズカ ヤマツツジ ジギタリス:外来種
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system