シロヤシオ(五葉躑躅) 比良山系 堂満岳

山行日 2014.5.31(土)晴
山域 比良山系:滋賀県大津市南比良
コース イン谷口P(40分)ノタノホリ(130分)堂満岳(40分)金糞峠(60分)大山口(20分)イン谷口P

花を捜し撮影しながらです。時間は参考程度に!!
標高差 約800m
総歩行時間 約5.0h(含む撮影・休憩・食事)
   
山麓から望む堂満岳(右端)
山麓から望む堂満岳(右端)
イン谷口駐車場
ノタノホリ・堂満方面へ
少し荒れた道を

もう、シロヤシオ咲く季節。昨年は裏年だったが今年のツツジ科の花は何れも大爆発^^)シロヤシオと
共にベニドウダン・サラサドウダン両ツツジに期待して2年振りに比良は堂満岳に。名神道京都東IC・
湖西道を北上し比良ランプからイン谷口へ。昨日からの酷い黄砂&PM2.5の襲来で山並みが霞む。

比良駅・堂満岳分岐
小橋を渡って
別荘地を抜ければ

イン谷口の旧出合小屋跡右手のPに車を止めます。正面谷への分岐を右に見送り橋を渡って比良
駅方面に。早速ギンリョウソウ見っけ。次の分岐でノタノホリ・堂満岳へ右折すると小橋。橋を渡ると
別荘地に出る。舗装路を詰めると登山道。既に咲き終えたイワカガミの葉が点々。苔生した小石が

倒木多い登山道
ノタノホリ
モリアオガエルの卵塊

転がる道を緩やかに登るとシライトソウの咲き始め。何時しか沢沿いの道へと代わり杉檜の荒れた
植林地を登ればノタノホリに到着。それにしても今日は暑い。登山口で既に23℃今日は30℃程に
成る予報だ。池淵にはモリアオガエルの卵、おっとベニドウダン見っけ。小休止後U字状の道から

尾根に乗り
荒れた沢を詰め
主尾根に乗ると

倒木多数の荒れた沢を詰め小広い尾根に乗る。芽吹きの雑木林は新緑に染まる。標高も800mを
過ぎればサラサドウダン・ベニドウダンが点在。何れも鈴生り状態。此れで残るはシロヤシオだけ。
大岩を越えた小ピークには二人の若者食事準備中。聞けば今日はテン泊の予定だそう。山頂へ

鈴生りのサラサドウダン
テン泊の若者が
鈴生りのシロヤシオ

最後の急坂はロープも下がる岩屑の激登り。おっとシロヤシオ見っけ。既にピークは過ぎてる様だが
十分鑑賞に堪える。次々現れるシロヤシオ・ベニドウダン・サラサドウダンに中々足が進まない。おや
サラサドウダンにしてはやたら白っぽい花が咲く木を見っけ。シロバナフウリンツツジなのかな?紅紫

堂満岳山頂
山頂からの展望は黄砂に霞み
シャクナゲのトンネルを

色のツツジはユキグニミツバツツジか?少し体調不良も有ってか普段に比べ随分時間が掛かって漸く
堂満岳山頂。付近のシャクナゲは花後の無残な姿。酷い霞で琵琶湖が薄っすら見えるだけ。早々と
山頂を辞して金糞峠へ向かいます。シャクナゲ・シロヤシオ・ベニドウダン・サラサドウダンのトンネルで

右に向かえば東レ新道
比良縦走路に合流
東レ新道に合流

やがて東レ新道分岐。崩落著しい東レ新道を避けて巻き道を下ります。此方もシャクナゲのトンネル
今年は見事な咲きっぷりだったのでしょう。やがて南比良峠・金糞峠への比良縦走路に出合います。
勿論、金糞峠方面へ向かいます。おっと、咲き残りのコイワカガミ見っけ。直ぐに東レ新道と合流する

もう直ぐ金糞峠
金糞峠
金糞峠

此処から金糞峠へは10分程だがシャクナゲの残り花にヤマツツジ・ナナカマドの花も咲く。金糞峠に
落下花著しいシロヤシオに今が盛りのサラサドウダン。昼食には少し早いが少し奥ノ深谷側へ下った
水辺で摂ろう。こう暑いと水音が一服の清涼剤だね。やっと12時を回った頃だが次の予定が有るので

ザレ・ガレ続く正面谷
青ガレも慎重に
大山口に降り立つ

青ガレ経由の正面谷を下ります。ザレ場・ガレ場で滑り易い道を慎重に下り大山口に降り立ちます。
直近のPには沢山の車。更に大きなザックを背負った登山者が数人登ってく。後は舗装路を辿って
イン谷口へ。汗だくなので"比良とぴあ"へ立寄りたいが先を急ぐのでパス。約70km離れた美山町
内久保地区で開催されている絶滅危惧種"ベニバナヤマシャクヤク"の鑑賞会に参加し帰神です。

ベニバナヤマシャクヤク鑑賞会案内板
ベニバナヤマシャクヤク鑑賞会会場
ベニバナヤマシャクヤク
比良・堂満岳のシロヤシオ・ベニドウダン・サラサドウダン等
↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロヤシオ サラサドウダン ベニドウダン
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロヤシオ(別名:ゴヨウツツジ) サラサドウダン(別名:フウリンツツジ) ベニドウダン(別名:チチブドウダン)
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
シロバナフウリンツツジ? ユキグニミツバツツジ ベニバナヤマシャクヤク(美山)
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system