アケボノシュスランと京都一周トレイル(東山コース)

山行日 2014.9.29(月)
山域 比叡山系:京都府京都市左京区
コース 阪急:河原町駅(35分)アケボノシュスラン群生地(35分)清水寺(20分)京阪:清水五条駅
京阪:伏見稲荷駅(5分)伏見稲荷大社〜東山トレイル(180分)〜円山公園(20分)阪急:河原町駅
標高差 約220m
総歩行時間 約5.5h(含む撮影&休憩・食事)
   
四条大橋を渡り
八坂神社へ
八坂神社を抜けて

京都の市街地からそう遠くない谷筋に、京都府準絶滅危惧種に指定されているラン科シュスラン属の
アケボノシュスランが群生してると知って出掛けます。詳しい場所は判りませんが円山公園・大谷祖廟
京都一周トレイル等々と断片的な情報から探します。阪急:河原町駅から四条大橋を渡り八坂神社を

色付き始めた円山公園
大谷祖廟
親鸞聖人眠る御廟

抜けて円山公園から大谷祖廟へと向かいます。折角なので親鸞聖人眠る御廟にもお参りしましょう。
この先、詳細は植生保護の観点から省きますが意外にあっさり群生地到着。開花のピークにはホンの
少し遅かった様だが十分間に合った。但し、薄暗い谷間で大半がブレブレの写真^^)時間的に余裕が

薄暗い谷へ分け入り
アケボノシュスラン群生地
清水の舞台

生まれたのでその足で谷を詰め京都一周トレイルに合流し、国内外の観光客で大変賑わう清水寺を
抜け、五条坂を下って京阪:清水五条駅。電車に乗って京阪:伏見稲荷駅で下車し、此処から始まる
京都一周トレイル:東山コースを時間迄辿ろう。伏見稲荷大社は清水寺とは違って欧米の方が多い。

京阪に乗って
伏見稲荷駅
京都一周トレイル標識No1

流石、"2014年外国人に人気の日本の観光スポット日本国内第一位(トリップアドバイザー調)"を謳う
幟が建ってるだけの事は有るね^^)本殿にお参りして千本鳥居を潜り、奥社奉拝所〜熊鷹社・三ツ辻
三徳社と辿り四ツ辻。此処には俳優の西村和彦さん実家の四ツ辻茶屋"仁志むら亭"が有りますね。

伏見稲荷大社へ
千本鳥居を潜って
四ツ辻茶屋:仁志むら亭
千本鳥居(クリックするとYou Tube)

此処で東山コースは左へ折れ喧騒の境内からやっとトレイルが始まると思ったが、関係者用の道路が
麓の住宅街へと繋がってた。この先、要所々に建つ案内標識を確認しないと迷子になりそう^^)やがて
皇室の菩提寺は泉涌寺前を過ぎ、西国三十三ヶ所・第十五番札所"今熊野観音寺"を左に見送って

四ツ辻の標識
舗装路が
住宅地を抜けて

更なる迷路状の住宅街を抜けると再びトレイルに代り、辺りは京女鳥部の森。此処が六条山かな?
トレイルは短く直ぐに京都市斎場への道路に出合い、坂を下れば国道1号線に突き当たる。R1には
横断歩道が無く国道から左へ曲がる渋谷街道を横断しR1は歩道トンネルで潜り抜ける。No16-1の

皇室菩提寺:泉涌寺
十五番札所今熊野観音寺を横目に
標識が無いと迷子になりそう

標識から階段を登ると正面に高倉天皇陵が望める。次のNo16-2で左折すると清水寺南門へ続く道
大きなトレイル案内板前の自販機で水分補給。今日の京都は30℃近い気温。街歩きの利点は何処
にでも自販機が有る事位だね^^)No17から漸く清水山へのトレイル。雑木林に緩やかに続くトレイルを

住宅地を抜けて
京女鳥部の森
国道1号線に

辿ると清水山分岐。分岐と言っても僅か5m程も辿れば三等三角点建つ清水山(242.2m)山頂は
樹木に囲まれて展望無し。分岐に戻りトレイルを北へ向かいます。やがて見覚えの有る小広場。
午前、清水寺へ向かった時に通過した分岐広場だ。時間を見れば既に15:40。起点の伏見稲荷

歩行者用トンネルを潜って
清水寺&清水山へ
標識No17から

大社から歩き始めて2時間半も掛かってる。その大半が街歩きで全く面白みの無いトレイル^^)
通勤ラッシュ前には阪急:河原町駅に戻る為にはもう下山しないと間に合わないね。って事で
往路に辿った薄暗い谷を下って円山公園・八坂神社・四条大橋と急ぎ、16:15河原町駅着。

緩やかに登り 清水山山頂 真っ直ぐで清水寺・東山トレイルは右へ
清水寺から京都市街地
清水寺から京都市街地
京都東山に咲くアケボノシュスラン

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
京都府準絶滅危惧種 アケボノシュスラン ラン科シュスラン属
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system