山肌は錦秋に彩られ 氷ノ山・三ノ丸

山行日 2015.10.18(日)快晴
山域 中国山地:兵庫県・鳥取県
コース 横行渓谷林道終点(60分)殿下登山口(30分)坂ノ谷殿下・三ノ丸分岐(5分)三ノ丸
三ノ丸(5分)坂ノ谷殿下・三ノ丸分岐(40分)殿下登山口(60分)横行渓谷林道終点

花等を撮影しながらなので時間は参考程度
標高差 約500m
総歩行時間 約5.5h(含む休憩・食事)
   
大段ヶ平から望む氷ノ山
大段ヶ平から望む氷ノ山
名水:ぶなのしずく
横行渓谷林道終点
基幹林道を

今年の秋の訪れは早いそうだ。もう氷ノ山は紅葉に彩られてると地元紙に載った。週末から一寸
体調不良気味だが氷ノ山の紅葉具合を見に行こう。横行渓谷林道を走って名水"ぶなのしずく"
名水をPETボトルに詰めて横行渓谷終点駅へ。今日は此処から瀞川・氷ノ山林道を歩きながら

三ッ滝分岐
三ッ滝
虹が

林道と山肌を彩る紅葉を楽しみ、殿下登山口から三ノ丸へのお手軽コース。駐車地から1分も
歩けば三ッ滝への分岐。分岐から植林地を5分辿れば三ッ滝。本流に流れ落ちる滝と左右の
支流から流れ落ちる滝を合わせての三ッ滝か?丁度、本流の滝に朝陽が当り、滝壺には虹が

林道を彩る紅葉
林道を彩る紅葉
殿下コース登山口

架かっている。緩やかに続く林道のブナの黄葉にカエデ類の紅葉がもう見頃を迎えてる。
時折車が通ってはカメラ片手の方が撮影に勤しんでる。ダート路と舗装路が交互に現れる
林道を1時間ばかり辿るとバイオトイレ建つ殿下コース登山口。初っ端こそ少し急坂道だが

殿下コース登山口
ブナの黄葉
落葉の道

直ぐに林道ショートカットコースと合流。ウリハダカエデの赤い落葉を踏み締めながらゆっくり
登ればハウチワカエデやナナカマド・ミズナラ・ブナ等の黄・紅葉が素晴らしい。直ぐ先には
ミズメの根がゲートの様な仙人門。ブナやミズナラの巨木達を見上げながら歩けば樹林帯を

仙人門を潜り
ブナ林を抜ければ
チシマザサの間を

抜けた。此処から先は背丈2mものチサマザサの笹原。勿論登山道は綺麗に狩り払いされ
歩き易い。やがて左から坂ノ谷コースと合流。更に10分も歩けば鳥取県側の三ノ丸コースと
合流。直ぐ先に見える赤い三角屋根は三ノ丸避難小屋。小屋前ではカップルが食事中だ。

坂ノ谷・殿下分岐
県境分岐
三ノ丸避難小屋

目の前の三ノ丸には沢山の登山者が食事中。如何やら宍粟ライナーで来られて宍粟ガイド
クラブの方々のガイドツアーの様だね。木組みの展望台に上がれば360度の展望が広がり
久し振りに大山が確認出来た。何時もなら氷ノ山に向かうのだが如何も今日は体調が悪い。

賑わう三ノ丸
氷ノ山を望む
遠くに大山が

直ぐ近くの三ノ丸避難小屋で軽く昼食を済ませて下山しよう。鳥取県・若桜町側へ少し辿った
三ノ丸休憩所は改装中で立入禁止。直ぐ傍のダイセンキャラボクに今年も実は無い。帰路は
標識の無い分岐を左折。此処は林道・瀞川:氷ノ山線へのショートカット道だ。滑り易い急坂を

工事中の三ノ丸休憩所
ショートカットコースへ
林道に降り立つ

下れば林道に降り立つ。林道周辺の紅・黄葉を愛でながらノンビリ歩いてると沢山の車が
止まってる。見れば車は京都ナンバー。俄かカメラマンが多数で撮影会の様だ。因みに
26回目を迎える養父市恒例の氷ノ山・鉢伏山紅葉登山フェスは10月24日・25日です。

林道を彩る紅葉
撮影会?
紅葉登山フェスのチラシ
クリックするとYou Tube
氷ノ山・三ノ丸山頂から(クリックするとYou Tube)

氷ノ山の紅葉・黄葉と大山遠望
↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ブナ 大山をズーム ナナカマド
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
コミネカエデ ミズナラ 山肌を彩る

↑画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

inserted by FC2 system